<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
倭のタントラ/感情解放のマッサージ



目の前の人が
自分の無防備さに開いていき
素のままの、その人を現してくれる瞬間は
本当に美しい。

なんどもこのクラスに参加して
その度にこの瞬間に立ち会っているけれど
いつとして、誰として同じものはなく
それぞれが愛おしくも美しい。

見守り、見守られる側になんのジャッジもなく
その安心のスペースの中でお互いが開いていき
深いコネクションができる。
どちらにとっても深いヒーリング。

これは
このクラスで起こる特別なことではなくて
日常でも普通にあってほしいこと...っていう
夏実ちゃん(倭のタントラスタッフ)のシェアに
参加者の多くが同じ気持ちを抱いて。

これが親密なパートナーとの間でできることが
とても大事なことだと思うのです。
(友人や家族や、難しい人との間でも)

世界を作っていく男と女という最小単位の関係に
ふかい繫がりと信頼感が生まれ
それが世の中をも変えていく力にもなると思うから。

これを教えている
ShinzoさんとAsamiさんを見ていれば
それは一目瞭然。
 


女性の参加者が圧倒的に多いけれど
だからこそ男性たちにも
興味を持ってほしい、体験してほしい。

そうしたら関係性も、もっと健全に深まり
きっとあなたの男っぷりだって上がります。

Shinzoさん、Asamiさん
いつも貴重な体験をありがとうございます。

次のワークショップは10月にあるそうです。
スケジュールはまだ発表されていませんが
こちらのサイトで要チェックです。

http://www.tantra-japan.com/
 



 
「私を味わうAFP3weeks」


お知らせがちょっと間近になってしまいましたが
「私を味わうAFP3weeks」のお知らせです。
 


 
女性らしさってなんでしょう。
なぜ女性らしさが求められたり語られたりするのでしょう。
悦びや美しさはなぜ大切なのでしょう。。。

その答えを
AFP(アートオブフェミニンプレゼンス)の
エクササイズが教えてくれるでしょう。
 
AFPは
私たちが本来内に持っている
女性的なエッセンスに深く触れさせてくれ

悦びや心地よさに開いていくことを
プラクティスしていくことで

一人一人の中にある
女性らしさや、その人らしさが
開花していくグループワークです。


プレゼンスとは、存在感、存在力。

それはあなたの内側からの
エネルギーのバイブレーション。

それが悦びからくる拡がりのあるものであると
人は自然と惹きつけられます。

望む現実を想像していくのも
大切なのは戦略ではなくて
このプレゼンスだと
AFPの創始者レイチェルは言います。

女性が悦びと共に
自分の中心(ホーム)にくつろいで
その人で”在る”ということほど
美しくパワフルなことはありません。

その美しさや悦びは
私たち自身への、そして世界への滋養であり
そこから発せられる存在感にインスパイアされるのです。

AFPを共に探求する仲間には
そんな女性がたくさんいて、とても感化されます。

また
エクササイズをとおして
たくさんのシェアやサポートの中で
周りの女性たちに見守られながら

互いにエンパワーし、互いに成長していくことも
AFPの特徴であり暖かみであると感じています。


まずはあなた自身を感じ味わうことから
一緒に始めてみませんか。


♡♡♡


コラボイベント「私を味わうAFP3weeks」
(5月30日/6月6日/6月13日 13:00~17:00) の詳細は
 
オーガナイザー眦朕娠覆気鵑離屮蹈(←こちらをクリック)
に載っています。お申し込みもこちらからお願いいたします。

***参加割引もありますのでチェックしてみて下さい!

5月11日の「満月のAFP体験会」も好評のうちに終わり
今回は3週間でさらに深くAFPを味わっていこうと思います。


興味のある方のご参加お待ちしています♡
そして必要としている方に届きますように♡

 
AFPジャパン公式サイト


 
6月のセッション受付日

     6月のチネイザン及びヒーリングラブの
      個人セッション受付日になります。

           1/2/4
          7/8/9/10
          12/14/15
        26/27/28/29/30

       11:00〜/14:00〜/17:00〜

    *6月16~23日はAFPのトレーニングのため
     セッションはお休みとさせていただきます。

         ご希望の日にち・時間帯を
         こちらのフォームにて受け付けています。
         (お申込みの際は、誤字・脱字・記入漏れの
         ないようご確認のうえ送信お願いいたします)



 
チネイザンlevel 2のセッション
***下記の募集、定員となりました。
          ご協力ありがとうございました***

突然ですが、
チネイザン・レベル2の技術を含むセッションの
ボディになってくれる方を急募します。

●体も心もすっきりしたい方
●体と心や感情の繋がりに興味のある方
●サポートも受けつつ自力の体力・心力をつけたいと願う方
●変化することに積極的に取り組もうとしている方
●5~7月までに5回のセッションを定期的に受けられる方

上記の項目に当てはまる方、気になる方、ご連絡ください。

チネイザンレベル2のセッションは内臓だけにとどまらず
エネルギーラインや筋膜にも働きかけていきます。

セッションの時間は約2時間、ヒヤリング、ハンズオン、
終わった後のフィードバックなどが含まれます。

このモニターセッションはレポート提出のため、
5回の内容は設定されたものになります。
 
料金は5回コースで¥50,000(税込)となります。
5回を7月までに定期的なペースで受けられる方3名
募集いたします。

「チネイザンレベル2」とタイトルにご明記いただき
shizbelly@gmail.comまでご連絡お願いいたします。
「チネイザン」ーーー

久しぶりにgoogleで「チネイザン」を調べてみていたら
目に飛び込んでくる言葉が”デトックス”や”腸セラピー”。

たしかに、
皮膚やその下の臓器にアプローチするため、
血行はよくなりリンパも流れデトックス効果はありますし
セラピー(手術や投薬にを使わない療法)でもあります。

でも私自身
日々研鑚する中で感じたり
これまで受けた素晴らしいセッションを通して
チネイザンを表現すると、

”肚からの体感を通して心が変わる療法” ----
と名づけたい。。。

体が揺らされ、心が揺さぶられると、
意識や日常やこれまでの習慣や、生き方が変わっていく。
そういう意味では、心のデトックスでもあります。

そしてもう少し付け加えると
「デトックス」というと毒素が流される感じですが
内側に溜めてしまったものを、”流す”のではなく
受け止めて”感じ切る”ことが大切なのだと思うのです。

それをサポートするのがプラクティショナーの役目。
私も日々、その場を作ることを心がけています。
そしてそれ(感じ切ること)が起こると
溜まっていたものは、自然と流れていく(変容していく)のです。

必要な方に届きますように♡

(5月のスケジュールはこちらから)



 
セルフチネイザンのご感想



桜の季節から始まった
春のセフルチネイザンのコース

東京での3weeksと関西での2daysを終え
今後のクラスをさらに充実させるべく
アイディアが湧いてきています。

このブログでは、
参加された方のご感想と
クラスの様子をご紹介します。。。


*****************************


[東京 3weeks 4月2/9/16日 つきよみ白金台にて]



チネイザンについて、初心者の私でしたが
お話がとても分かりやすく、なるほど〜と思うことが
たくさんありました。

みなさんの質問にもなるほど〜と。
チネイザンの奥深さをものすごく感じています。

ビデオも普通は絶対に見ることができないものなので
すごく面白かったです。知ったつもりで理科の授業してたな〜
なんてことも思ったりしました。

しずかさんがどの意見や質問も必ず受け止めてくださって
私は、その姿勢にも学びました。

一方的に教えるというよりも
一緒にいろんなことを発見していくという感じだったので
とてもリラックスした空間での学びだったと思います。

それにしても、お腹...内臓...は、おもしろいですね〜。
私はまだまだこれから仲良くなる段階です。

触ってあげることをしていると、いとおしくなってきますね。
そして自分に優しくなれる気がします。背中への呼吸も続けます。
とっても楽しい3週間でした。また受けたいです。(Mさん)



しずかさんの言葉が、チネイザンはもちろんのこと、
日々暖かい心で生活を送るキーワードとしても
内側に染み込みました。

セルフチネイザンもシックスヒーリンズサウンズも
皆で行うのと一人でやるのとでは、違う気づきがありますし
なんども繰り返し受講したいなぁと思いました。(Rさん)



本当に分かりやすく、自分がやりやすい方法を教えて
いただいたので、これからは気軽にできます。

しずかさんのWSは「〜でないと!」がないので
受けやすいです。例えばセルフチネイザンは仰向けでないと!
とか、スワイショウは必ず中心軸にいないと!とか。

今までセルフチネイザンは仰向けで!が絶対で
自分だけの時には罪悪感を感じながら(笑)
少し横になるくらいでした。

あんなにがっつり体を折り曲げたり、腰を浮かした
アクロバティックなのは初めてで嬉しかったです。
<しずかの注釈---飛んだり跳ねたりはしません!!>

希望としては月1回で
一つずつの臓器をじっくり習えたら理想的ですね。

いつも感じるのは、しずかさんのWSは毎回愛に溢れています!
絶対。これは間違いない!だから自然といろんな思考が
浮かんできて、楽しいです。(Nさん)

 
*****************************


[関西 2days 4月19/20日
         タイマッサージスタジオ コタオにて]




自分のお腹をここまできちんと触ることがなかったので
いろいろと体験できてよかったです。
自分の内臓をもっといたわってあげようと思います。

講座中の映像がとても分かりやすく、
臓器を想像しやすかったです。タオガーデンで習ったことも
(ヒーリングサウンンズや五行の話など)ちゃんと腑に落ちた
感があり、今後施術にもいかしていきたいと思います。(Yさん)



臓器を触り、向き合い、感じるという初体験づくしで
驚きと感動の連続でした。
今、体もスッキリし、心は幸福感に満ちています。
また機会があればリピートしたいです。(Nさん)



しずかさんの例えのように「五人の賢者」が体の中にいて
「いのち」を成り立たせてくれていることがわかって
とても嬉しいです。
今まできちんと目を向けてこなかった内臓や感情をいたわり
大事にしていきたいと思います。(Yさん)



日々の施術において、
対象となる臓器や手技にとらわれがちで、感情や心のあり方、
それを臓器と繋げることの足りなさを改めて実感しております。

また、体だけでなく「内側の解放」や心身のデトックスが
実感できました。しかもセルフで。
そして今まで以上に気功に興味が湧いております。(Yさん)



2日間、自分と向き合ってきて ....
最近やる気が怒らず、だるかったり、すぐにネガティブに
なっていたのですが、終わったあと本当にクリアになりました。
お客様の体に触れている時にも、お腹の施術の気持ち良さを
もっと伝えたいと思いました。(Aさん)



気になっていたセルフチネイザン、
分かりやすく楽しかったです。いろんな角度からの理解ができて
体験はやっぱり大事で、点と線が繋がり立体感が出て、
これらの経験がさらにこれから役立つだろうなと思いました。
(Hさん)



カラダをスキャンした感じです。
すごくカラダの中をイメージしやすくなったのが
今後の施術にいい影響が出ると思いました。

それより何よりしずかさんの声に癒されました。
ヒーリングの奥深さを感じさせられました。
感動しました。ありがとうございました。(Sさん)



最後に私から。

いつも素敵な場所を、快く貸してくださる
つきよみ白金台の小川千秋さん、
 
「関西でやりませんかぁ」と声をかけてくれ
オーガナイズから当日まで終始細かく心を配り、
クラスを実現させてくれたチネイザン仲間の林早苗ちゃん、

気が通って心地よく素敵なスペースを提供してくださり
こちらも終始暖かく接してくださった
タイマッサージスタジオ koh taoの山本慎也さん(シンさん)
 
それぞれの場所に足を運んでくださり
一緒にお腹の内側への旅を共にしたみなさん、

(そしてチネイザンというツールを手渡してくれ、これまで
インスピレーションを与えてくれた多くの師も含めて)

 
本当に、ありがとうございました!

 
セルフチネイザンで何ができるのか、
チネイザンを通して何を共有できるのか、
私は何を体現できるのか。。。


本質を知り、幸せを実現していく旅は、これからも続きます。
その旅の途中で、こうやって素晴らしい人たちに出会え
同じ波長で振動しあい成長しあえることは、大きな喜びです。




 
満月のAFP体験会(5/11)

すっかり春の陽気に満ちてきた今日この頃
開いていく季節に向かい、こころが踊ります。。

連休明けの5月11日(木曜)に
「満月のAFP体験会」が開催されることになりました。
5月30日から始まる「AFP 3weeks」に先駆けての
体験会になります。

オーガナイザーはMana Takada (眦朕娠) さん。
以下Manaさんからのご案内文になります。



 

5月の満月の日 (5月11日) に
素敵なコラボ企画を行います♡

マンダリンオリエンタル東京ホテルスパの
ボディセラピスト時代からの親愛なる友人であり

AFP(Art of Feminine Presence)
アートオブフェミニンプレゼンスの認定ティーチャーでもある

Shizukaさんをお呼びして
「満月のAFP体験会」を行います。


わたし自身
ShizukaさんのAFPのワークの中で

わたしの中の女性性が
心地よく
柔らかく
ほころび
花開いていくのを
感じました。

そして
ワークを体験した
その頃を転機に

プライベートにおいても
お仕事においても

”女性”としての
自分の在り方や感じ方が
確実に変わってきているのを感じています。



この言葉にならない感動を
必要としている全ての女性たちに届けたい♡

そんな想いから
今回のコラボ企画が実現いたしました。


5月30日/6月6日/6月13日に予定しています
「AFP 3 weeks」
に先駆けて行う「満月のAFP体験会」

ご一緒に女性性を開花させ
あなたの自分らしさを開花させてみませんか♡



「満月のAFP体験会」

5月11日(木)13:00~16:00
@L'espace / ¥4,000

*お申し込み*

Mana Takada公式サイト(↓こちらをクリック)

心身の健康・美・幸せを育む L'espace

(メッセージ欄に「満月のAFP体験会」参加希望の旨
おしらせください)


この素敵なチャンスをぜひご利用くださいませ。
絶賛お待ちしておりま〜す♡


***「AFP 3 weeks」(5/30, 6/6, 6/13)の詳細は
追ってリリースいたします。




オーガナイザー/ Mana Takada 


早稲田大学で心理学を学ぶ。
卒業後はホリスティックケアを学び
6つ星ホテルのSPAでボディセラピストとして活動。

自身の心と体の健康を求め様々な学びを深める中
根本的に問題を解消するフラクタル心理学に出会い
人生を大きく好転させる。

また銀座の高級クラブにてNo.1の経験をもつ。

これらの経験から
自分の脳の回路を変えることで
全ての人が健康と美しさを体現し
愛と感謝の中で幸せを感じながら生きていける
ということを伝えている。

また
私たち女性が
自分であること
女性であることに
寛ぎ輝いていく

そして
自分自身の中で
パートナーとの関係において
社会において

女性として
ナチュラルに
調和し貢献していくことを目指し

女性性の開花のためのコミュニティを
オーガナイズしている

「身体★美★幸せを育むL'espace」代表
「女性性の開花のためのL'espace」オーガナイザー

●一般社会法人
 フラクタル心理協会認定フラクタル心理カウンセラー
●量子場調整師
●全米ヨガアライアンス認定インストラクター(RYT200)
●ヒーリングハーブス アドバンスコース修了



 
〜Shizukaよりメッセージ〜

AFP/アートオブフェミニンプレゼンスは
Rachael Jane Grooverによって創造・開発された
女性性開花のプログラムです。

私たちは女性として
この身体を持って生まれてきました。
ですからそこには本来女性的なエッセンスが備わっています。

そのエッセンスとは
受容すること
満ちること
育むこと
共感・共鳴すること
そして官能性....

身体やエネルギーの状態を感じる
AFPのエクササイズを通して
このフェミニンなエッセンスと繋がっていくと
その人らしさや美しさが自然と発動していきます。

自分らしく在りながら
輝きを振りまきながら
とても自然で
周りに影響を与えてりいる
素敵な女性っていますよね。

そういう人には
インスパイアされて元気になったり
向上心が湧いたり
癒されたり
満たされたりします。

何かを頑張ってやるのではなく
何者かになろうとするのではなく
女性の本質に寛ぎ
自分であることに寛ぐことで
魅力が内側から溢れ出し
それが灯のように世の中を照らしていく。

AFPのとてもシンプルなエクササイズを通して
あなたの存在感と輝きを広げてくれる
マジカルな時間を
一緒に過ごしてみませんか。

AFPジャパン公式サイト
http://www.afpjapan.com/



 
5月のセッション受付日


          5月のチネイザン及びヒーリングラブの
             個人セッション受付日になります。

                          1/2/3/4/5
                         8/10/12/14
                      15/16/17/18/19
                           22/23/27
                           29/30/31

               11:00〜/14:00〜/17:00〜

        ご希望の日にち・時間帯を
        こちらのフォームにて受け付けています。
        (お申込みの際は、誤字・脱字・記入漏れの
        ないようご確認のうえ送信お願いいたします)




 

チネイザン4月モニター開始


バークレーから戻りました。

チネイザンの4月のセッションをオープンします。
バークレーでの学びを含めたモニターセッションです。
詳細(期間・料金等)は文末に載せています。


**************************



スピリットの輝きと繋がって生きている人の瞳は
キラキラしている。

アーティストが作品の中に没頭している時
ダンサーがダンスの中に自分を失っている時
その人が消えてスピリットが浮き出てくる瞬間がある。

私たちは、好きなことをするため、それを表現するために
生まれてきた。そして自分の情熱を傾けられるものに身を
置く時、至福を感じる。



なぜ私はチネイザンを続けているのか。

体を壊すことによって、私は人生の方向転換をさせられた。
そしてその体はマインドよりもずっと正直に、自分の中で
起こっていることを症状として現わしてくれながら
常にサインを送り続け、進む方向を示してくれてきた。

体がいろいろ教えてくれた。
だから単純に、体を扱うことが好きで
体の声に耳を傾けることに興味がある、ということもある。

と同時に体は肉体としてだけでなく
エネルギー体として、感情体として、
何層もの体を成しながら存在していて、

その、体の中を流れるエネルギー(気)は
インテリジェンスを持った命のみなもと。
そして五臓も感情やインテリジェンスを蔵した存在で、
私たちは内臓の気と関わりながら”自分”を形成していく。



今回バークレーで受けたセッションで体験したこと。

それは、私の奥深くに閉じ込めて感じないようにしていた
孤独感の裏にある、他者との深い繋がりを求める焦がれだった。

それを渇望するのと同時に、
怖さから感じないようにしていたこと。

頭では無いものにしているから、自分では解りようがない。
それがお腹に触れられることによって浮かび上がってきた。
他人(プラクティショナー)のサポートによって可能になった。

フリーズしているものを揺さぶり、
みないようにしているものを見たり、
感じないようにしているものを感じていくためには
開いても大丈夫だという安心の場所と、サポートと、
感じる勇気も大切になる。

これが意識の上にあがってきたことで消化が始まっている。
13年前に初めて受けたチネイザンで起こった感情のリリース
とはまた少し違っている。

今はこの感情と一緒にいてみようと思う。



私たちは、
何をどんな風に感じているかというところから行動を起こす。

そして行動を起こすことによって変化していく。
今よりもより一歩自分を充分に生きる方向へと進んでいく。

体に起こること・現れる症状を通して、感じることを通して
自分自身を見ていくということになる。
自分の魂やスピリットと繋がっていくことになる。



今回のコースの中で印象深い言葉があった。

「マインドや魂は個人のもの。
スピリットはシェアされるもの」

私たちはハイスピリット(高次のスピリット)に触れると
共感し合い、響きあう。
他の人の輝きに触れた時、自分の中のそれに触れた時。

生きることはシェアすること。
誰一人として独りでは生きていけない。

今ある症状の改善を含め、
チネイザンで、そこをやっていきたいと思っている。






****************************


       *4月の受付は終了いたしました。
      5月の予定は近日中にアップいたします。

    4月のチネイザンセッションの日程になります。

                           4/5/6/8
                     10/11/12/13/14
                       17/18/22/23
                     24/25/26/27/28

                  11:30~/14:00~/16:30~
 
💗 期間 4月4日〜4月末日まで
    
💗 価格

モニター価格は
前回の「腎のチネイザン」と同じ料金にしました。

¥10,000(税込) 90分 /これまでいらしたことのある方
¥12,000(税込) 90分 /新規の方
 
*施述自体は60分~75分
カウンセリングや着替えの時間を含め90分になります。
 
💗 キャンセルポリシー

ご予約の24時間前までにお願いいたします。
それを過ぎますと100%のキャンセル料がかかります。
ご了承ください。
 
💗 お申し込み
 
こちらのフォームからお願いいたします。
メールのタイトルに「4月モニター」とお書きください。
(スクロールダウンしてお申込フォームからお願いいたします)

既に4月にご予約いただいている方にもこちらが適用できます。




 
チネイザン/バークレー記その3

昨日、チネイザンのコースを全て終え
師(Gilles)と過ごした午後に感じたことです。
(覚書シリーズですのでまた文章にとりとめがありません)



「待つということのアート」

待つということで、人は今に居ることができ
待つということで、今の状況をよく聞くことができる。

私たちはとかく先を急ごう、先へ行こうとしがちだ。
英語で run out of time(時間が足りない)というけれど
走っているために、立ち止まってここを感じられない。

「待つ」を言い換えると、
「しっかり現在(現実)に居て今を聞いている」とも言える。



全てのコースを終わった後に、
Gillesと話す時間が与えられた中で「待つ」ということが
いかに今という時間を豊かにしてくれるかということを体験した。

とある用事で、ある場所へ出かけたのだけれど、
そこで会えるはずの人と会えなかったため
私たちは近くでお茶をした。
 
何とも美味しいコーヒーとアップルパイと一緒に
Gillesの手術を通しての体験やヒーリングに関する話を
たっぷりと聞けて、充実した時間を過ごすことができた。

そしてその後、会うはずの人にも会え、
用事もスムーズに運んだ。

そんな時間が持てたのも、
流れに逆らわずに待ったからだねと話しながら。

私たちが(or私が) 普段いかに物事をうまく進めようとして
急ぎ、忙しくして、リッチな時間を逃してしまっているか
ということを教えられたようだった。


待つということのアート。
チネイザンでも同じことが言える。

待つ。体が応えてくれるまで、待つ。
フィックスしようとしない。治そうとする信号が送られると
体は「○○しなければならない」と察して更なるストレスが
かかる。

だから、体のインテリジェンスに任せて、待つ。聞く。
そうすると体は自然と心地よいところに戻っていく。
聞かれて安心し、自然な方へと動いていく。

自然はいつでも完全だ。
体は私たちの自然。それを信じる力。

今日の午後に楽しいお茶をしながら、起こることを信頼して
待つことで、全てが向かう方向へと動いた。

日々の生活にも、人生にも、チネイザンにも
共通する原理があるなって思った午後。



体のインテリジェンスということで、もう一つ。

今回のコースでは、解剖生理学、心理学、様々なボディ
ワークを学んできた人達が、体のことを知り尽くした上で
理論では理解できないところの体の神秘に耳を傾け、
しっかりと聴き、待つ、ということに専念し続けた。

土台(知識)があったうえで
知識では計り知れないところの体のインテリジェンス、
体のミステリーについていった。私が惹かれるのもそこなのだ。


言いたいことが言い足りない。
足りない部分はこれから折に触れてまた書いていく。
そして、言葉にできない体験は、セッションを通して
非言語のところでシェアしていきたい。


大きなプレゼンスで
豊かな経験と知識をあますところなく伝えてくれた
師Gilles Marinに深い感謝を送ります。

 



*チネイザンのモニター募集、東京に戻り次第アップします。

 
チネイザン/バークレー記その2


チネイザンのファンダメンタル(ベーシック)コースが
今日で終わりました。

濃厚で充実した内容を、
今はまだうまく言葉にできないので
私自身のための覚書(かなり意味をなさないかも)に
なりますが、興味のある方はどうぞお付き合いください。



(その前に)

今回のファンダメンタル、かなりのハイレベルでした。。
参加者は全員、ボディワークやエネルギーワークで
十数年の経験を持った人たちばかり。

クラスルームの場のエネルギーも、
質問やシェアの内容も
ペアで練習するときのタッチの感覚も、
周りへの気遣いも...すべてレベルが高くて、驚きました。

日本でクラスをアシストしていると
「体に触ることは初めてです」とか、、
「自分のために受けてみました」といった方も多いのです。

思うに、癒しとして腹部に触れるという
習慣や文化があまり浸透していない国では、
一通りボディやエネルギーワークの体験を積んだ人たちが、
最終的に腹部の重要性に辿り着くのでは..とも考えられます。
 

前置きはこのくらいにして。




私の頭の中で繰り返し響いているフレーズは、

”ヒーリングとは何か。
なぜ私たちにヒーリングが必要なのか”

生きている限り、
体は変化し続け、意識も変化しながら、幸せに
自分の好きなことをして(それをするために生まれて来た)
私たちは自分の魂の道を行く。(進化して行く)

体に起こる不都合や不具合は、
そこから外れているサイン。

ただ、体という自然は全てを知っているから
フィックスすることも、正すことも必要ない。
体が知っている智慧を、スピリットを、呼び戻すだけ。

そのために、
じっくりと優しく、侵入することなく
深く聞くことで、聞かれた体は答え始める。

そして変化が起こるためには
(適切な)タイミングと
本人のパワーと
周りのサポートが必要となる。

そのために、
プラクティショナーは安全の場を作ることがとても大切。

サポートが必要というのは、
私たちは自分のことが一番見えないから。
見たくないものは隠してしまうから。
それが体のどこかに隠れて動かなくなり
そこにあることすら忘れてしまうから。

そこに気づきをもたらすことで、
体の、意識の、変化が起こってくる。

呼吸が全ての始まり。
全身呼吸。そしてその呼吸の始まり(お腹)の観察。
呼吸と大腸の繋がり、
感情に蓋をしてしまっている肝臓、
自分の中心、パワーの中心である脾臓、
スピリットの宿る小腸、
過去の記憶を宿す腎臓、
命のハブ、生命の中心である臍。風門。

全部相互に関係しながら、
臓器は臓物やエネルギーとして働くだけでなく
インテリジェンスを備えている。

その命に命を与えて
生き生きとさせるのが、チネイザン。

Gillesの言葉は心に深く響きます。
(これはほんの一部です)




そして、チネイザンを勉強しにきたつもりが、
実は勉強よりも大きなヒーリングが私の中で起きています。

「脾臓」(自分の) はこれまで興味が向かない臓器でしたが
(そこはしっかりしていると迂闊にも思っていました)
そこで今変化が起きています。

自分自身との繋がり、他との繋がり、信頼、深い関わり、
コミットメント。。今そこをもう一度ちゃんと見ていく時
だと脾臓が言っています。その声と一緒にいてみます。

そんな中、明日の週末から、レベル3へと入っていきます。

恵比寿に戻ったら
バークレーチネイザンのモニター募集しようと思います。
詳細はまたお知らせします。