しずかのチネイザン(気内蔵)探求日記
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
3月のセッションはお休みします


2月も終盤に入り、三寒四温、
暖かくなったと思うと寒の戻りがあるなか
 
それでも早咲きの桜は開花し
モクレンの香りも暖かい陽射しの中に漂い
春はもうすぐそこまでと感じます。
 
さて3月のセッションですが
バークレーでチネイザンのコースに参加するため
お休みさせていただきます。
 
2013年春に”チネイザンと感情”を扱うレベル2を終え
今回は4年ぶりの参加で、レベル3に進みます。
肉体と感情の更なる統合を扱うコースになるようです。

 
バークレーの師、Gilles Marinのクラスを
初めて受けた時の印象深い体験があります。

scar tissue(傷痕)へのヒーリングタッチについて
デモを見せてくれていた時のことでした。
 
傷痕に軽く手を触れ、その傷跡の細胞に潜む
感情・感覚を感じ、寄り添うという時間がありました。

「傷痕の細胞を感じるって...?! 」とぽかんとしていると

私の手を取り、
練習体になっている生徒さんのそこに指先を持っていき
「ここだよ、感じてごらん」と繊細に細胞の層を
感じることを導いてくれたのです。
 
この時、私の指がその感覚を学びました。
 
その後、ペアを組んで生徒同士で練習をした際に
指が学んだ感覚を相手(その方はお臍の近くに小さな
手術跡がありました)で練習していると、

彼女が声をあげて泣き出し、
子宮の手術をした時の悲しさを思い出したと
後で語ってくれたのです。

 
教えは体(体験/体感)を通して伝えられるのですね。
本を読んで身につくものではありません。。
(私がこういう学びに価値を見出すということもありますが)

そして、これがGillesの言う
「(伝統的な)癒しの教えはエネルギーのトランスミッション。
実際の体験によって伝えられていく」
ということなのでしょう。

そして
そんなエネルギー場ではヒーリングがその場で起こります。


ヒーリングはいつも”今””その場”で起こります。
その場で、体が、意識が、”わかった” 瞬間に起こります。
3日後には起こらないのです。3日後に起こるものは、
揺さぶられた心の余波のようなものです。

プラクティショナーがいかに場をホールドして
その場で起こることを起こるに任せられるかということが
テクニックと同時に(あるいはそれ以上に)大切なのだと
感じます。

それを起こさせられるのもプラクティショナーの力量です。
プラクティショナーとして、人としての力量です。

 
ということで。。。
また行ってきます。(出発は3月11日ですが)

昨年、人工股関節の大手術を乗り越え
ティチャーとして変容し続ける師に会えることが楽しみです。

そして私自身もヒーリングについて、チネイザンについて
ゆっくりと再考する時間にしてきます。

4月からのセッションの日程は後日アップいたします。
4月にまたお会いしましょう。
 


          (Berkelyの滞在先の庭に生っていたレモン
            毎朝捥いでジュースにしていました)



 
Happy New Rooster Year!



旧暦新年が、新月とともに始まりましたね。

この酉年のエネルギーをどう捉えようかと感じていた時に
Facebookで倭のタントラのShizoさんのニュースレターが
目に飛び込んで来ました。

そして新月の今日、
パートナーのAsamiさんからその和訳も送られて来ました。

とても素敵なことが書かれているので
一部をシェアしたいと思います。

 
****************************


(ハワイ生活の全てに満足しているけれど、
たった一つ朝の雄叫びをあげる鶏を毛嫌いしていた、、
というところから始まりますが、前半部省略します)

 
”多かれ少なかれ、私たちは未知に対して恐怖を感じます。
特に完全に真っ暗なとき。。。

私がニワトリに学んだ最初のこと、、、それは、、、
彼らの主張の勇気。

空の中にほんの少しの怒りを感じた時、、
なんの恐れも見せずに、躊躇もせずに、大きな声で、
自分自身の存在を主張し始めるのです。

彼らは、この自然界の何よりも早く光を見つける鋭い
直感があるのだ!未来に何が起こるかを素早く感じ取る。
いや、チャンスをだ。

その時、自らのエネルギーを惜しみなく振り絞り、
勇敢に光に向かい自己を表現する。

面白いことに、他の鳥たちもその声に起こされ、
それぞれの歌を歌い始める。
太陽が昇り始めるとさらに一斉に。

これに気がついた時、私は確信したのだ。
そうだ。雄鶏は「光のリーダー」

勇気とプライドを持って、
「声をあげる」勇気を与えてくれる。
彼らは未来の光、
希望を伝えるメッセンジャーなのかもしれない”

      「倭のタントラのニュースレター」より。


***************************

 
恐れも躊躇もなく大きな声で主張する。。
一歩先を見据えながら勇敢に光に向かい自己表現する。。

響きました。
(Shinzoさん、Asamiさん、ありがとうございます)
 
新しい時代に向かうこの時に
今まで以上に自分のあり方を深め高めながら
無限の可能性に広がりながら
一歩先を感じながら
勇気を持って躊躇なく自己表現していきたい....


そんなことを思う新年の新月。

そしてそれは私1人では難しく、私と関わってくれている
あなた(今これを読んでくださっている方)あっての、
関わりがあってのこと。
 
一緒にRoosterのエネルギーで今年を進みましょう。
 

 
ちなみに
このニュースレターは登録した方に送られてくるもの
だと思われますので、全文はぜひ登録後にお楽しみあれ。
http://www.tantra-japan.com/

また、2月11日の満月にはShinzoさんAsamiさんによる
イベントがあります↓
五行とリレーションシップ

その翌週末には
産み力をたかめる「倭の陰力ケア」が続きます。

 
腎のチネイザン

 
旧暦の新年や立春を間近に控えつつ
冬真っ盛りな寒さが続きますが
皆さんはお元気でお過ごしでしょうか。

期間限定2月のモニターセッションのお誘いです。

冬は五行でいうところの「水」(腎)を司ります。
腎というとき、それは腎臓だけでなく、
膀胱や骨、骨髄、脳、髪の毛も含まれます。

そして水は最も陰のエネルギー。
命の源、精を蓄え命を輝かすエネルギー。

土の中にいる種を想像してみてください。
冬の間、種は土の中でじっとしていますが
動きがないようで、実はゆっくりとエネルギーが蓄えられ
春の太陽の暖かさとともに芽吹く、、、
そんなパワーが潜んでいます。

また「水」が整うと、意思が強く、持続力があり
物事を恐れることなく実行していく力が生まれると
言われています。
 
セクシャリティにおいても、健康的な性欲があり
ジューシーで若々しくいられるのは、
水が豊かで、バランスが取れているからこそ。

またここは妊娠とも深く関わっています。

「腎」を労ることが、いかに大切か、お分かりですね。
(勿論、相互作用しあう他の臓器も大切ですけれど)
 
その腎に特化したチネイザンを受けてみませんか。

お腹を緩め開くための通常のチネイザンの後に
腎にアプローチします。

腎臓そのもの、骨(背骨や肋骨を含む)、大腰筋、頭蓋部、
子宮、卵巣も含まれますが、どの部位を行うかは
その時のその方の状態を見ながらにさせていただきます。
(ご希望があれば、お聞きいたします)

深いところで静かに働いている腎へのアプローチは
得も言われぬ深淵なリラクゼーションや体の気づきを
もたらしてくれるでしょう。


 
💗 セッション価格

私のところに来ていただいたことがある方は、
通常90分 ¥15,120(税込)のものを¥10,000(税込)に
新規の方は¥12,000とさせていただきます。
 
💗 期間

2月2日〜2月28日までとなります。
こちらで日にちをご確認ください。
時間帯は14:00~あるいは16:30~(いずれも90分)
http://blog.taooflife.jp/?eid=532

**ご予約枠がすでに終了いたしました。
現在キャンセル待ちを受け付けています。
ご希望の方はその旨をメールにておしらせください。

 
💗キャンセルポリシー

ご予約の24時間前までにお願いいたします。
それを過ぎますと100%のキャンセル料がかかります。
ご了承ください。
 
💗 お問い合わせ先

shizbelly@gmail.com
タイトルに「腎のチネイザン」とお書きください。


この寒さももう少し。
寒さがあってこそ育つものもあり、春の暖かみを喜びとできます。
 
なお3月は10日以降 Berkeleyのチネイザンインスティチュートで
ワークショップ参加のため
セッションをお休みさせていただきます。
再開は4月1日になります。よろしくお願い致します。

 



 
タオのお話会を終えて

小正月に行いましたタオのお話し会
講師としてお招きしました鎌崎拓洋さんのお話は
切り口がとても興味深く、タオの基本である”気”や
”陰陽” に関して楽しみながら拝聴いたしました。

文化的なことや日常の例を織り込みながらの
気について、陰陽についての、あれこれ。
「お元気ですか」と言う挨拶さえ
このお話会の後には深みを持って感じられます。

五行のひとつである「土」の漢字の成り立ち、
土から生まれ土に還る私たちのからだは
幾つもの層から成っていること、

その層のうちの自我(意識)のからだが
何か目標を達成しようとしていても
生命体(周りに順応していく力)がしっかりして
いないと物事がうまくいかない、、
 
タオのプラクティスは、この生命体(気)の持つ
力を高めていくものである、ということ。
 
陰陽の相転移のお話や、
そのほかにも盛りだくさんの内容でした。



   
 
そして座学の後は実際にからだの陰陽を体験。

自分の中の体感を育てていくための有効な
エクササイズも教えていただきました。





   

奥の深い題材を3時間で網羅することは
かなり無理がありましたので(オーガナイザーとして
欲張ってたくさんお話いただこうとしてしましたが)
次回は一つのトピックに絞って、じっくりお話して
いただこうと思います。

 
休憩時間もずっと休みなくお話いただいた鎌崎さん、
参加された皆さん、
(遠方からもお越しいただき、きありがとうございます)
スペースを提供してくださった小川千秋さん、
手作りのお菓子を用意してくれた中澤かなちゃん、

ありがとうございました。
また次回、よろしくお願いいたします。

尚、私しずかの「タオ性科学〜女性編」の読書会は、
引き続き隔週金曜日の夜に恵比寿の自宅で行なっています。
新規のご参加も大歓迎です。

 


 
2月のチネイザン受付日




2月のチネイザン及びエッグエクササイズの
個人セッション受付日になります。

                 1/2/5
           7/8/10/11/12
         14/15/17/18/19
            20/21/22/23
                 27/28

      11:00〜/14:00〜/16:30〜

ご希望の日にち・時間帯を
こちらのフォームにて受け付けています。
(お申込みの際は、誤字・脱字・記入漏れの
ないようご確認のうえ送信お願いいたします)



こんな声をよく聞きます。
「整体で、お腹が硬いと言われました」
そのほかにも、冷えている…力がない…など。
でも実際にはそうでないことも多いのです。

もちろん
整体の診立てに敬意を払い、それに沿った
セルフケアを行なっていくことが大切ですが、
それを鵜呑みにし過ぎず、思い込みももたず、
自分の中の力を信じて欲しいと思うことが
多々あります。

もともと持っている力に自分で触れられると
内側から癒しが起こります。

癒しという言葉を言い換えると、
安らぎ、元気、輝き…といった言葉にもなります。

体質改善のため、
体とこころのバランスを取るため、
妊娠しやすい体作りのため、
腸が健康の要であると感じるため…
美活のため…

さまざまな思いで来られる方と一緒に
まず私がしていること(心がけていること)は
自分のお腹と繋がり、そこにある感覚を感じて
もらうこと。

体は言葉を発しないけれど、体感が体の言葉。
そこと対話をしていき、その円環が起こると

セッションが終わった後のクライアントさんたちは
静かな湖に佇んでいるようであったり、
来た時とは別人のような笑顔が溢れたり、
なんとも女らしい潤いがでたり。

その人が内側の感覚と繋がり、自分と繋がり、
その人らしく輝いていく…
そこに立ち会えることは悦びです。

これまで美とチネイザンを意識的に結びつけて
書いたことはありませんでしたが、
自分らしく生きることが、自然と美しさをもたらす
ということを日々目撃するなか、

実際に肌のとトーンが上がったり
お腹周りがスッキリすることも起こるので

これからは、”ビューティ”チネイザンにも
焦点を当てていこうと思います。

2017年も、
どうぞよろしくお願いいたしますいたします。


 

2017年1月セッション受付日


パソコンのブログJugemが
なぜか起動しなくなっているため
スマホより初投稿です。


1月のチネイザン及びヒーラングラブの
個人セッション受付日になります。

6/7/8
9/13/14
16/17/18
23/25/27/28
30/31

11:00〜/14:00〜/18:30〜

ご希望の日にち・時間帯を
こちらのフォームにて
受け付けております。
(お申し込みの際は、誤字・脱字
記入漏れのないようお願いいたします。

www.taooflife.jp/contact.php



 

2017年新春 タオのお話会

「タオ人間医学」「タオ性科学/女性編・男性編」の
翻訳者であり、ご自身もそのプラクティスの実践者と
して長年タオを探求され続けている、鎌崎拓洋氏を
お招きしてタオのお話会を開催いたします。

タオって何?といった基本的なところから、
自らのエネルギーの整え方、性エネルギーの扱い方や
日常の中での活用法、関係性の中での働きまで.....
広く深く、書籍の中には書かれていない興味深いお話も
聞ける時間となるでしょう。

タオに馴染みのある方にも
そうでない方にとっても
またチネイザンを学んでいる方にとっても

このお話会は

“タオ”の理解を深め、その全体像を掴みながら
宇宙の法則や真理に思いを寄せて、
体の神秘に触れる機会、ご自身の性エネルギー(生命力)
を呼び覚ましていく機会になるでしょう。

そして古きを温め、新しきを知る...
受け継がれてきている古の智慧を温めながら
新しい時代にそれを活かし
新しい自分へと向かうツールとして
たくさんのヒントをいただける会になることでしょう。


この会は2部構成になっています。


1部:”タオを知る”(タオについての概要)
   タオとは?/ 陰陽五行・八卦について

お茶・お菓子とともに休憩

2部:“タオを体験してみよう”
   体の陰陽を整える
   他者とのエネルギー交換
   タオの性エネルギーを体験する


質疑応答の時間も設けてありますので、
どうぞ質問をたくさん用意してご参加ください。


こんな楽しいお話も聞けるのでは...と期待して以下
「タオ性科学〜女性編」訳者あとがきより抜粋です。

「ヒーリング・タオ・システムを学び始めたころ、
私がこの体系の凄さを感じたのは、自分自身の心身の
変化もさることながら、この体系を学んでいる女性たち
(そのほとんどは欧米人)の若さでした。彼女たちは
40代、50代と年齢が高くなる程に若々しく溌剌とし、
お肌も艶々だったのです。30歳の声を聞くとすでに
老け始めるように見える白人女性も多くいる中で、この
ヒーリング・タオ・ウーマンたちの若さは驚愕に値する
ものでした。彼女たちの1人に若さの秘密を尋ねると、
ひとこと、「エッグ・エクササイズ!」とウインクして
答えてくれました。ヒーリング・ラブはまさに最高の
美容術でもあるのです」






     鎌崎拓洋氏によるタオのお話会

●日程:2017年1月15日(日曜日)

●時間:14:00~17:30 
     (13:45会場/14時開始〜17:30終了予定)

●場所:つきよみ白金台
          (お申し込みをされた方にお知らせします)

●募集:15名

●持ち物:動き易い服装 筆記用具 ご自身のお飲物

●参加費:早割¥8,000 (2016年内にお申し込みの方)
      ¥9,000 (2017年以降のお申し込みの方)

お申し込みをいただいた際にお振込の詳細をお知らせします。
参加費は事前のお振込をお願いいたします。お振込の確認が
できた時点で受付完了とさせていただきます。

●お問い合わせ/お申し込み:
               土屋しずか shizbelly@gmail.com
    タイトルに「タオお話会」とご明記ください。

●キャンセルポリシー:
参加費のご入金後は原則として返金できませんが、
やむを得ないご事情の祭には以下のキャンセル料を
申し受けます。

会の開始7日前以降のキャンセルーーー参加費の50%
会の当日と前日のキャンセルーーー参加費の100%



***お茶とお菓子つき*** 休憩時間におだしします。
お水等ご自身のお飲物は別途ご持参ください。

***土屋しずかが主催する「タオの読書会」の参加者の方を
優先募集させていただきますので、お席に限りがでてくると
思われます。お申し込みはお早めにお願いいたします。


それでは、みなさまのお越しをお待ち申し上げています。
一緒に楽しくタオを体験していきましょう!


 
◆講師:鎌崎拓洋氏プロフィール◆
(「タオ性科学 女性編」/産学社エンタプライズより)

東洋自然学研究家。ユニバーサル・タオ・システムの日本への
紹介と普及に尽力する。早稲田大学で教育心理学を専修。
東洋文明の基盤である「易」の陰陽原理を人生に生かす
東洋自然学の啓蒙活動を展開し、個人と経営における「勢い」
のマネジメント(Momentum Management)を提唱する。
中国内家拳(八卦掌、太極拳、形意拳)を練功しながら、
瞑想行を続けている。
著書・翻訳書に「チョー使える本格風水55の秘伝」(講談社)
「風水・秘密の開運法則」(住宅新報社)
「幸運を呼ぶ風水インテリア」(主婦の友社)
「気内蔵療法」「増補改訂版タオ人間医学」「タオ性科学 男性編」
(いずれも産学社エンタプライズ)ほかがある。


◆案内役:土屋しずか◆

ユニバーサル・ヒーリング・タオ(UHT)インストラクター
チネイザンプラクティショナー(UHT及びタオゼン公認)
AFP認定ティーチャー


 
12月のセッション受付日
 
   

   12月のチネイザン及びヒーリングラブの
    個人セッション受付日になります。

          8/10/11
       12/13/14/15/16
      19/21/22/23/24/25
     (Christmas Special Week)
         
27/28/29
            
            11:00~/14:00~/16:30~


*12月後半...
20~25日のクリスマススペシャルウィークは...

体と心の健康への気づきを、ともに進めてきた方々への
そしてこれから体験されたいという方への、スペシャル
ギフトとして...

チネイザンのセッションを
特別価格でご提供いたします。

チネイザン/オイルチネイザン ¥10,800/90分
スペシャルチネイザン ¥15,000/120分(共に税込)

ご希望の日にち・時間帯を

こちらのフォームにて受け付けております。
(お申し込みの際は、誤字/脱字・記入漏れの
ないようお願いいたします)



内蔵のデトックスやクレンジングとしても
そして感情のデトックスとしても、
お腹を動かすことは(物理的にもエネルギー的にも)
かなめ(要)です。

この年の終わりに、
内蔵を整え、エネルギーの通りをよくして
新しいスペースを作り、心地いい体と心で
新たな年を迎える準備をしていきませんか。

チネイザンでお腹に深く触れられるということは
自分自身と中心で出会うことでもあります。

その目的がデトックスであっても
リラクゼーションであっても
心や感情をととのえることであっても..
 
それがなんであれ、いちねんの終わりに
もう一度ご自身と向き合う時間を作ってみては
いかがですか。

そこから新たな自分で進んでいくために。。。

 
AFP3weeks コスモスのように開いて



AFP3weeksが終わり
このグループにコスモス(秋桜)と名付けました。
名前がつくとグループの一体感もでき
一緒に過ごした時間が名前のフレームの中に保持されて
思い出や体験がより鮮明に残ります。大切なアルバムのように。

”コスモス”と名付けたのは...
ひとり一人が
自分を正直に感じる姿や
無防備さの中で開いていく姿が
繊細で力強かったから。
凛として柔らかい存在として私の心に映ったから。

まさにコスモスの花言葉
「調和」「美しさ」「愛や人生がもたらす喜び」
「乙女の真心」(!♡) にぴったりだったから、なのです。
 
3週間では到底味わい尽くせないAFPだけれど
自分の中心と繋がって
女性のからだを楽しみ慈しみ
自分にやさしくありながら
自分の影の部分にさえ理解を持って接してみる...

それらを日常の中で実践していくことで
どんなギフトがやってくるのか.....
とにかくやってみましょう!ということで
3週間を共にしたコスモスのうつわ(器)でした。

3週間の最終日には、

これまでの自分だったら言えなかったことを
正直に相手に伝えることができるようになったり...
父親との関係が変わったことで、パートナーとの関係も
大きく変化している...といったシェアもありました。
すばらしいですね。

それから、フランスから戻り一段と魅力と存在感を増した
ティーチャー仲間の中澤香奈ちゃんの参加が、
私とこの場を大きくサポートしてくれました。ありがとう!

 



♡♡♡

以下コスモスたちの言葉を載せておきます。


”本当に楽しみで贅沢な時間を皆と過ごせて幸せでした。
初めて参加して,聞き慣れない言葉や動きを体感して、
自分の体に染み込んでいくのを感じて驚いたり
自分ではわからない自分をたくさん教えてもらって
新しい発見がたくさんで、参加できてよかったです。
みなさん、幸せな時間をありがとう”

 
”今回集まったメンバーも
回数を重ねるごとに距離が近くなって
「この場は自分を開けそう」という安心感がありました。
自分を出しても大丈夫な場所がまたひとつ増えて
嬉しかったです。少人数だからこそより深い繋りを感じる
ことができ、そしてその人本来の美しさを皆で見られ、
自分では気づきにくい魅力を直接気づかせてもらえる
というところが、AFPの醍醐味かなと思いました”

 
”私自身すごく今変革の時期にいて、
新しい自分を楽しみながら他の人からのフィードバックを
いただけるというすごく貴重な時間でした。すごく正直で
等身大な感じがしていて(自分を含め)みんなの自分の
ペースで丁寧に自分と向き合う姿に、私も安心をもらって
いたなぁと思います”

 
”他の参加者の方々とのあたたかな関わりの中で
私の中の女性性が心地よく柔らかくほころんでいくのを
感じています。この言葉にならない感動を、必要として
いる多くの女性たちに届けたいです”
 

♡♡♡

ありがとう。
また会いましょうね。



 
「タオ性科学 女性編」を読み解く会




二次募集です!

隔週金曜日の夜に開催していますタオの読書会ですが
単発参加も受け付けています。

これまでに“タオ性科学”のイントロダクションや
概要の部分を終え、11月からはいよいよ実践の説明
部分に入っていきます。
(小周天・卵巣呼吸・エッグエクササイズ等)
 
クラスでは新刊の書籍を使用しています。
書籍は書店やこちらで購入できます。

新刊は新しい言い
回しで読みやすいです。
説明や解説の必要な箇所にはそれを加えながら
(私の説明できるかぎりで) 読み
進めていきます。

そしてこれまでのクラスでは
本の内容だけに留まらず、
個々人のたくさんのシェアもされています。
それがとても互いのためになったり、美しかったり
笑えたり、励みになったり...しています。

もちろん、話したくない方は話さなくてOKです。

単発参加される方で新刊をお持ちでない方は
参加される回の前に必ずその旨ご連絡ください。

 
本の内容に沿ってエクササイズや瞑想も併用して
おこなっていきます。


 
★「タオ性科学〜女性編」を読み解く会 ★
    (年内の日程になります)

日程:11月4日/11日(11月は隔週ではありません)
   12月2日/16日(第1/3金曜日)
時間:18:30~20:30
場所:恵比寿(お申込された方にお知らせします)
定員:6名+
参加費:¥3,000
 
お問合わせ/お申込みは shizbelly@gmail.comまで。
(タイトルに「タオ読書会」とご明記ください)

お待ちしています!