<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
"腎/子宮”を感じたセルフチネイザン




今年最後のセルフチネイザンのクラスが終わりました。


今日の”腎”のクラスは、
冬至を前に、そして新月を前に
私たちの水(腎臓や子宮)は何を記憶しているのか、
何を抱え、何を夢見て、何を創造しようとしているのか...

 
自然の中の”水”
私たちの体の内側にもある”水”のエッセンス
その水の持つ特質や自分自身のエッセンスに触れていく時間

 
腎はクリエイティビティの源、
自分の夢を語ること、言葉にすることからはじめました。


そして終始 ”体感する" ことに一貫した
私にとっても新しい試みの時間でした。


今日は、私の感想は省いて
みなさんが何を感じ、何を持ち帰っていただいたのか
以下に感想を載せさせていただきます。(一部抜粋です)




 
♡2017年最後の月に今回のWSに参加できて、腎と子宮と
 じっくり向き合う時間が持てて、自分にOKが出たことに
 確信が持てました。


♡腎の中にも自分がいるという感覚をこんなに掴めたのは始めて。
 私がそこにいると感じた時に、涙が出ました。
 でも子宮に入っていったら、そこは真っ暗で
 ハグしようとしても拒まれている感覚。
 受け入れてくれることを”待つ”セルフケアを
 続けていきたいと思いました。

 
♡今日は(ひまし油での子宮ケアの時)寝てしまいましたが
 真っ白な時間がそこにあって、戻ってきた中で感じたのが
 本当の自分は子宮の方だった...ということ。
 (頭の方が自分じゃなくて)その声が聞けました。
 初めての経験でした。
 
 
♡男性に対する怒りや
 なくなったと思っていたものが出てきていて
 ここのところ、体と向き合い深く感じてきましたが
 今日、もういいんだよという許しができました。

 子宮の中には、妻として母としての頑張りがありましたが
 これからは自分のためにもっと穏やかに生きていいんだよと
 すごく暖かくなりました。エネルギーが湧いてくる感じて
 女性として生きていけることに許可を出せました。


♡温まる感覚はあるけれど
 子宮に微笑みかける感覚はまだわかりません。
 ただ、紙に書き出した子宮の気持ちには
 自分で考えたことのないことも書かれていて、
 それは驚きでした。


♡動いてない感じがしていた内臓が動き始めました。
 気持ちがゆったりできました。

 
♡これまで自己価値が低かったのだけれど、
 今日は、自分が尊厳のある存在だということに気づきました。
 すべての命が輝かしいんだということがわかり、嬉しかった..
 何もしなくても、存在価値があるということに気づいたことが
 とても大きかったです。

 
♡自分と、自分が思っている自分の間にギャップがあるのを感じ
 どこがそのキャップを生んでいるのか、
 自分の真ん中に問いかけていきたいと思いました。
 それぞれの人生を、みんながこうして受け入れているから
 私もここにいられるのだと感じました。





みなさん、ありがとうございました。


さて、この時期、私ももう少し潜りつつ
自分の内なるエネルギーが真に向かう先に焦点を当てて


心しずかに、体の声を聞きながら
じっくりと形にしていく準備にとりかかります。


しばらくの間、お籠りします。
みなさんもよき冬至をお迎えください♡


 

 
2018年1月チネイザン受付日

 


              2018年1月
     チネイザンおよびエッグエクササイズの
      個人セッション受付日になります。

           9/10/12/13/14
          16/17/19/20/21
          23/24/26/27/28
             30/31

                11:00~/14:00~/17:00   

        ご希望の日にち・時間帯を
     こちらのフォームにて受け付けています。
    (お申し込みの際は、誤字・脱字・記入漏れの
    ないようご確認のうえ、送信お願いいたします)

        刻一刻と変化する時代の中で
      2018年という年が、みなさんにとって
           心身ともに健やかで
    ご自身の夢を生きている年になりますように。




 

 

スーパームーンに宣言





New York Timesの記事に出ていたのですが、
スーパームーンという呼び方は天文学的な呼び名でなく
占星術師によって1970年代に付けられたものだそうです。
(ブルームーン. ブラックムーン. ストロベリームーン等も)


平均的な月より13%大きく見え、高度が30%増すのだとか。
(さらに知りたい方はこちらへ:英語です)


確かに、
今出ている満月も、冬の夜空に凛として光り輝いています。


日中はどうにも眠くて、眠気をこらえるのが大変でしたが、
一旦月が顔を出しはじめたら.... 俄然、冴えてきました。


そこで
いま月を見ながら心に湧いてきたことをひとことふたこと。



実は、
2ヶ月前の満月の日に、
私はある決心を実行に移しました。


それは、13年間学び続け、9年間アシストをした師の
学びの場を離れるということでした。


長年居続けた場所を去ることには怖れもあり
勇気もいりましたが、それを超えて自分の望む現実を
生きていきたいという、私の内側の声に従いました。


あえて表に出さなくてもいいことかもしれませんが
あえて言葉にしてみましたき


そして
この満月の日に
(正確には明日の明け方00"47ですが)


私の中にある不必要な遠慮は捨てて
自分の「尊厳」や、YesもNoも大切にしながら
これから表現したいことを、そのまま表現していく


と心に決めたのでした。
 

皆さんは
2017年最後の満月に、どんな想いを寄せているでしょうか🌕


 
セルフチネイザンで”腎”のケア
**(12/3現在 定員につき
 お申し込みを締め切らせていただきました***

12月16日 土曜日
セルフチネイザン”腎”のクラス」のご案内です。


♡♡♡♡♡

冬至を目前に控えた週末にハーフデイで開催します。
陰が極まるこの時期に、そのエネルギーと呼応する臓器
”腎”をケアしてあげましょう。

”腎”という時、そこには膀胱、子宮、卵巣、骨などの
臓器や、耳(聴力) 髪なども含まれます。

生命力の源です、
エネルギーのバッテリーみたいなところでもあります。

意識的に臓器と繋がり、
呼吸やいくつかのシンプルな方法で腎に触れていきます。

また、
実用的なケアの方法(ひまし油を使ったシンプルなケア)
をお伝えしたり、

AFP(フェミニンプレゼンス)のエクササイズも取り入れて
子宮の感覚を実感していただき

日常で使える・実践できるもの
体が芯から温まり生き生きするものをご紹介する予定です。

 
それと同時に、
腎という水のエレメント、水の力を自分の中に感じてみます。

私たちの体は、約8割が水でできていて
生まれてからこれまでの記憶と、
それ以前の古い記憶を内包していると言われています。

体の中の水の記憶を塗り替えていくことが
ヒーリングであり、
それによって私たちの魂は進化していきます。
次へと向かいます。

私たちの水は何を記憶しているでしょう。。。
そこには恐れがあるでしょうか。。
 
チネイザンの強みは(他のボディワークにおいても)
感情や感覚を(特に見たくない見ないようにしてきたもの)
分析するのではなく、感じて浮上させ、体という自然に
任せる、対処してもらうことができる点だと思います。

だから、、、体という自然、体の意識を信頼して、
感情が出てきたらそこに受け止めてもらいましょう。

五行のエレメントを理解し、
それを内蔵している自分を大きなビジョンで見ることで、
臓器との付き合い方が変わってくるかもしれません。
世界の見え方が変わってくるかもしれません。
 
♡♡♡♡♡


初めての方も大歓迎です。

これまでのセルフチネイザンのコースで、
初めて体験された方が、大きな効果を実感されている
ケースもあります。(これまでの投稿はこちら
 
腎という臓器にたっぷり時間を使ったハーフデイクラス。
日々のケアのために、またご自身を理解するツールとして
セルフチネイザンを体験しにいらして下さい。

腎に優しい手作スイーツもご用意してお待ちしています。



    セルフチネイザン『腎』のクラス
 

日程:12月16日(土曜)

時間:13:00~17:00 

場所:つきよみ白金台(詳細はお申込み時にお知らせします)

服装:動きやすくお腹の出しやすい服装

持ち物:●タオル(フェイスかハンドタオルサイズのもの1枚)
    ●上掛け(横になった際の冷え対応)
    ●ご自身のお飲物

参加費:8.000円(税込)
    6.000円(税込)リピート割引
     (これまでにコースを受講された方)

**事前振込をお願いしています**

お問合せ・お申込:shizbelly@gmail.com

件名に「セルフチネイザン・腎のクラス」
本文中にお名前(ふりがな)・携帯番号をご明記のうえ
上記メールアドレスまでお申し込み下さい。

振込先をお知らせします。
振込みの確認を持ってご予約とさせていただきます。



告知が1ヶ月前を切ってしまいましたが、
来月にお会いできることを楽しみにしています♡



 

12月のチネイザン受付日

    12月のチネイザン及びエッグエクササイズ
       個人セッション受付日です。

            1/2
           5/6/7/8/10
          13/14/15/16
          21/22/23/24
          26/27/28/29

        11:00~/14:00~/17:00

        ご希望の日にち・時間帯を
      こちらのフォームにて受け付けています。
    (お申込みの際は、誤字・脱字・記入漏れの
    ないようご確認のうえ送信お願いいたします)

     2018年も終わりに近づいて来ましたね。
  1年間の体と心の疲れをチネイザンで流し・温め・労わり
   新しい年に向けて整えてあげてはいかがでしょうか。
    12月はホットストーンやひまし油の力も借りて
    腎をしっかりとケアする時間も入れていきます。
 



 
「潤うからだ」を読んで。



「潤うからだ」森田敦子著/ワニブックス、読みました。

あなたの膣周りは潤っていますか?

という一文から始まり、

膣まわりのこと
性のこと
ケアのこと
介護と未来のことに及ぶまで...
 
膣ケアのことがとても健康的にわかりやすく書かれていて、
「うんうん!」と頷きながら1時間ほどで読み終えていました。
 
(以下ちつ:ひらがな表記にします)


ここのところの子宮ケアやちつケアのブームに乗って、
多くの女性が、興味を持ってきている傾向は
とてもいいことだと思います。


この「潤うからだ」も
健康・美容・妊娠/出産・セックスに関する、
女性のための実用書、手引書ですね、必読です。

(男性が読んでもいいと思います)

 

本文中に「粘液力は免疫力」という言葉が何度も出てきますが
ちつが粘液で潤っていることは健康や若さのバロメーター、
タオの教えでも唾液をたくさん出したり津液・粘液を豊かに
させる(つまり瑞々しさを保つ)ことに重きを置きますから、
納得です。


アンダーヘアをきちんと処理することも書かれていますね。
脇の処理と同じようにアンダーヘアの処理もこれからは
当たり前になるということ。そしてそれが高齢化社会の介護の
問題にも関係してくるという点、興味深く読ませて頂きました。


ほかにも
洗浄の仕方、保湿、マッサージ、トレーニング...
粘液力を高める食べ物の話まで、参考になるポイント満載です。

 
私も実践してみようと思います♡


 
トレーニングということで言うと...
私は個人やグループでエッグエクササイズを教えていますが
ちつが(子宮や卵巣も含めて)とても大事な場所だと感じていて
 
そこを通して自分の女性性を見つめたい
そこを含む全体としての”自分”を大切にしたい
という意識で参加してくださる女性が増えてきています。


エッグエクササイズは
ちつのマッサージと骨盤底筋のトレーニングを兼ねていること、
そして、呼吸法を含むエネルギーワークでもあります。
 
実際に潤って健康になるのと同時に
奥深い陰のエッセンスを自分の内側に実感するものなのです。


たくさんの女性が潤っていくことで
そのエネルギーは
親密な関係ではパートナーに、
家族の中ではお子さんや旦那さまに、
社会の中ではその組織に、、伝播していきます。
世の中が恩恵を受けることになりますね。


そうそう、来年初頭ぐらいから、
女性のためのタオクラスを再開しようと思っています。

人生のステージが変わっていく時期の、お年頃な女性たちが
より健康で美しく在ることを目指すクラスにしようと思います♡


   ***エッグエクササイズに関してはこちらへ
       http://www.taooflife.jp/healinglove.php



 
倭のタントラ/水のアドバンスを終えて

怖れについて。

怖れは、こんなふうに捉えることができます。。

1) もともと肉体に備わる怖れ(暗闇が怖いなど根源的なもの)
2) 経験からくる怖れ(怖い思いをした)
3) 思考からくる怖れ
  (望みを未来に投射した際、思考の怖れが出てきて怖がる)

私が今回、倭のタントラ「水のアドバンス」に申し込んだのは
私の中にうっすらとあった「水」に対する怖さにチャレンジ
してみたかったから。

私の怖れはこの3つのどれも含んでいるように思えて。


10才ぐらいの時かな、、、海で溺れかけて以来、
顔を水につけることができなくなっていたんです。

水辺も海も大好きで
顔を水に沈めさえしなければ、泳ぐこともできるけれど、

潜れない。。。

うっすらとしたものであれ、
自分の中にある質は何をする時にも影響してくるから
そこに向き合いたい、、

そしてつい最近、
私にとって大きなチャレンジ(手放し)があったから
その流れに乗ってみよう、、

そしてそこから
自分や世界を見直してみたいと思っての参加だったのです。

以下、今回の体験について少し書いてみました。





3日間のコースでは、
ShinzoさんとAsamiさんの大きな懐にサポートされて
私たちは、「水」の、そして自分の中の水(最も陰な部分)の
セクシュアリティや怖れや強さの中に潜っていった。。

水のエナジーにもサポートされ、
それぞれの深いところにある感情が自然と浮上してくる。。

喜びのレイヤーの奥にある悲しさだったり
過去生からの記憶だったり
(私の場合は)記憶を超えた、えも言えない怖れだったり。。

みんなの状態や感情を、水は映しだす。
そしてそれがみんなに伝達される。水を伝って共鳴する。







怖かった水に、私がここまで親しめたのも
Shizoさんへの信頼感と
自分への信頼感
水への信頼感
委ね。

”怖さを克服するぞ”っていう意気込みを
”楽しんでしまおう!”っていう遊び心に変換できたことも手伝って

水が脅威(息ができない)であることから
深くて優しい自分の味方になっていった感覚。

意識次第で、ひとつのものが
脅威にも、喜びにもなり得る(真逆)と体感した瞬間。

そして、水のあの安心感と深さとやさしさを忘れない。

ずっと寄り添ってくれた
Shinzoさん、Asamiさん、Keikoちゃんの
母親のようなエナジーも細胞感覚の中に残っている。




 
最後のセレブレーションでは
ひとりひとりがその人自身に還っていくいくような、
水の癒しの中での再生♡

その瞬間は本当に美しかった。。
みんなが母のようで、みんなが産まれたての赤ちゃんだった。
新しい水のマーメイドファミリー。

以前私のダンスの師が、
”マーメイド(人魚)は深く潜ることを恐れない、
むしろ浅く生きることを恐れる” と言っていたことを思い出す♡


水というエレメントを、頭でなく体で感じた3日間。
自分の中の恐怖と対峙した時間...
水を楽しんだ時間...委ねた時間...
みんなが感情(歓び)で繋がった時間...

これまでとは違う水というフォースへの意識。
いま、水がとても神聖なものに感じられている。
日々の生活の中で、チネイザンのセッションの中でも
水のエレメントの意識が変わっていくだろう。

今回初めての水のワークに参加して、
その後に続いた陸の "感情解放のマッサージ”
(こちらは水に対して火のワークだそうです)のコースも
これまで以上に味わい深く感じられた。





ShinzoさんとAsamiさん、
いつも素晴らしいエナジーと智慧とユーモアとその存在そのもので
愛に溢れたワークを分ち合ってくださり、ありがとうございます。

Keikoちゃん、
香りの魔術で皆をうっとりさせ、私たちをサポートしてくれて
ありがとうございます。

最後にお水さんにも、
ありがとうございます♡


倭のタントラwebsite
http://www.tantra-japan.com/

 

   (湘南国際村/陸にて朝の気功のあとの Shinzo & Asami♡)

 
セルフチネイザン/慈愛を持って触れる


”内臓にスペースを与える”ということをテーマに行ってきた
秋のセルフチネイザン3weeksの3回目が終わりました。
(これまでの投稿はこちらのページをスクロールダウン)




今回は
「肝臓・胆嚢と膵臓・胃の消化のベルト地帯」そして「腎臓」
横隔膜とも接していて呼吸のパターンとも大いに関係しています。

腎臓に限らず、
大切なものは奥の方にひっそりと身を潜めています。
すい臓は胃の奥に横たわり、内分泌・外分泌の大切な役割を果たし
「自己価値」について思うところ、「土」のエレメントの要です。

すい臓に思いを馳せたことはあるでしょうか。。。

脾(すい臓/胃):「土」は「自分の中心」です。
自分の中心に自分で触れにいく。指先と呼吸と意識を使って。
触れて、そこにスペースを与えてあげるとどうなるでしょうか。

大切な人に触れるように、自分に触れてあげる。。
 
肝臓も働き者。
身体のいろんなところが毒されるのを防ぐため、頑張って
解毒します。肝臓に充分なエネルギーがあると腎臓やリンパや
皮膚の助けを借りて解毒作用が行なわれますが、
しきれないものは肝臓の中にたまってしまいます。

これは感情についても同じことが言えるといわれていて、

見たくない、触れたくない感情は肝臓に溜まり
解毒されずに長く溜められると、怒りのエネルギーとなり
発現される。。。

だから肝臓が充分に働けるように、
休ませる時間とスペースを与えて、呼吸と意識で触れてみます。




 
ただし感情と身体の関係については、
複雑で繊細でパーソナルなものだから杓子定規では測れないし
どこにどんな気持ちが潜んでいるかも、本当に百人百色です。

でも答えは
体の意識が知っていて、身体がそれを教えてくれます。
私たちはそのサインに気づけばいい。

だから丁寧にお腹のひとつひとつ、いちぶいちぶを見ていく、
自分に愛情を持って触れていく。

今回のコース中も、
慈愛を持って自分に触れたり、呼吸したり、続けたりすることで
変化や気づきがあったという声がありました。

以下、今回の参加者のご感想です。



 

● お通じの数が断然増えて腸がスッキリしている

● お腹の仕組みをじっくり勉強して内臓に親しみが持てた

● 五臓のスペースというキーワードで内臓を理解した
 (五行の理解が深まった)

● 内側で感じて実行するということをコース中に体感できた

● 自分の内側の安心感を得られた

● 頭では理解できていないけれど腑に落ちた

● 思考(嗜好も!)の変化を感じる

● 自分に優しくすること、自分は大切だということを実感した



みなさん、ご参加ありがとうございました。

そして心地いいスペースを提供してくださった
つきよみ白金台の小川千秋さん、いつもありがとうございます。

これまでセルフチネイザンに参加された方の復習会など
計画していこうと思います。

また、少人数でのクラスのご要望などもありましたら
お気軽にお声をお掛けください♡




 
セルフチネイザン/五臓のインテリジェンス

秋のセルフチネイザン3weeksの2回目が終わりました。
(1回目の投稿、”スペースを作る/広げる” はこちらへ)




今回は五行に関してのシェアの時間を持ちました。

五行とは、
先人の自然観/宇宙観の集結、エネルギーの関係性の学びで
全てのものが 木・火・土・金・水の5つのエレメントで
構成されているという考え方、

私たちが生きていく上で
指針やマップになってくれるものです。

でも、
内臓のことを扱うような機会がないかぎり
私たちは、臓器それぞれに5つの徳が宿っていたり
インテリジェンスが備わっていたり、
特定の感情と繋がっていたりすると捉えることって、
あまりないんじゃないでしょうか。。

内臓のなかに(内臓を含む五行の働きの中に)
ただ単に消化したり排泄したりするだけではなくて
生きていくことを豊かにしてくれる意思みたいなものが
宿っているとしたら、、、

それに大いに目覚めてもらい、
パワーを発揮してもらえたら喜ばしいですよね。


例えば、、

腎には大いなる智慧や、研ぎ澄まされた本能が、

肝には合理的な思考力と問題を解決していく力が、

心には情熱、スピリット、閃きのスペースが、

脾には全てを調和し、現実化する力が、

肺には人として成熟していく豊かな感情力が、、、


それぞれのスペースを保ちながら、互いに相互作用しながら、
バランスを取りながら(時にはバランスを崩しながら)

私たちの内側に宿っているとしたら、
そこにのびのびとしていてもらいたくはないでしょうか。

また導き手として、内側からサポートされたら、、
あるいは有志としていてくれたら心強くはないでしょうか。

そして、
スペース=場ですから、それを与えられると
その中で動きが生まれます。(動くことができます)

スペースを与えて、そこを聞く。
そうすると聞かれることで安心感が生まれる。
安心すると語り始める。ということが起こります。
人も内臓も同じです。





ということで、、、つきよみ白金台の素敵なスペースで、
こんなにしっとりした雨の緑(↑)を窓越しに眺めながら

五行の話の他にも、今回は小腸をじっくり聞いてあげました。

お腹の芯まで暖かくなった....
眠くなった...
(それとは反対に)
すごく頭がスッキリした....
感動した...
なんていうフィードバックもありました。

きっとその方は小腸のスペースの中にハートの声を
聞かれたのでしょう。

前回のコースでは、
小腸をセルフチネイザンしたことで鼻炎が治った
という方がいたことも思い出しました。。。
小腸が免疫系に関係してることの証ですね。。

体はミラクル。

ということで、今日はこの辺で♡




 
エッグエクササイズがしていること


来週末(10月20/21日)に湯河原で

AFPにTaoのエッグエクササイズを織り交ぜたリトリート
を開催いたしますが、今日はエッグエクササイズに関して
少し書いてみます。

(これまでのエッグエクササイズに関する記事はこちら


エッグエクササイズを一言で説明すると、それは
「子宮のヒーリングのための手法」だと感じています。

伝統的に、エクササイズでは何をするのかというと
卵型をしたジェイド(翡翠)を、ちつの中に入れて
締めたり緩めたりして筋肉を鍛えていくものなのですが、、

それは単なる筋トレではなく、むしろ
繊細な方法で優しく働きかけることによって癒しが起こる、
全ての女性に必須なエクササイズ。。。

エッグを使うことで、
まず子宮の内側がマッサージされ
血流があがり暖かさや瑞々しさが戻ります。

また、そのことにより感覚が取り戻されたり
自分との繋りを感じさせてくれたり
何よりも深く息をつけるようなスペースが生まれます。
 
子宮は
私たちの一番陰 (Yin) な部分、感情的なものや、
社会的なタブー意識や
愛のない扱いを受けて傷ついた経験などから

存在しないもののようにされてしまったり、
鎧を被った状態になってしまったり、
萎縮したりして閉じてしまうと、

「自分」という存在や
「喜び」からも切り離されてしまいます。

AFPのワークをシェアしていても
「子宮」を全く感じない、どこに在るのかわからない、、
ないものとして来た。。という方もいらっしゃいます。

私たちを形づくっていくものは、
思考や意識のほかに

内なる感覚、子宮で感じること、ここからくる知恵、
ここで他者と繋がり更に感じ行動していくこと、、
などではないでしょうか。
 
性的なこと(セックスetc) だけに限らず、
私たちは何をするにおいても社会的にセクシャルな
存在なのです。

だからもしも
子宮が何も感じなくなっていたら、鎧を被っていたら、

そこに感覚や瑞々しさや活力...
何かしらの力を取り戻してあげることは、
とっても大切なことではないでしょうか。

 
私の体験談ですが、

付き合っていた人から心無い指摘をされ(生殖器の形に関して)
その時、それが全人格を否定されたかのように感じて、
子宮もハートもぜーんぶ、閉じてしまったことがありました。

自分が欠陥品のような気がして
その後、再び私を開いてくれた人に出会うまでに
随分時間がかかりました。

ハートが再び開かれた時、
そこには圧倒的な優しさと、安心感と、ラブ♡が、ありました。

誰かに開いてもらう体験も素敵なことですが
でもこれ、自分にも同じようにしてあげられますね。。


だから、ジェイドエッグのエクササイズは、
私が私を一番大切にしながら行なっていきます。

ちつをホールドし
そこに呼吸し
暖かさや愛を送りながら
サレンダーしていきます。

そこが私たちの居場所、ホーム(home)
ホームのスペースを感じながら
そこにい続けてみる...

 
このエッグエクササイズとAFPのフェミニン瞑想が
ひとつになった時 ...   連れて行かれる場所は...


続きはリトリートで♡


日程は10月20/21日、まだお席ご用意できます。
詳細はこちら、http://blog.taooflife.jp/?eid=563


お申し込みはこちらになります