<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
クリスマスに・・・
 "Happy Christmas"  John Lennon

互いの幸せを想い願うクリスマスの日に、
歌詞の中にあるよう、に近くにいる友も大切な人も
みんな心配や恐れがなく楽しく過ごせますように。

I hope you have fun.
The near and the dear one, 
the old and the young.
Let's hope it's good one without any fear.
国政への怒り
TwitterやMixiでもつぶやいている方が多い。
まだ見ていない人のために。
今日護国寺で
ダライ・ラマによる特別慰霊法要
見て!
The Wayseer Manifesto
↑Facebookで投稿されていたVideo
ハートの火にぐっとくる。
今週末のEarthDay
今週末のアースデイ、仕事が入っていて
どうにも動かせない。行ける人どんどん参加して。
田中優さんの話しもしっかり聞いて。
これからを動かしていくのは私たちひとりひ
とりの意志の力。ボトムアップのちから。
Kiesha Crowther
               クリックして↓
  
瞑想ウォーキング
朝のウォーキングは続く。
目黒川沿いの桜は陽の光にハラハラと散り
桜の絨毯とトンネルが出来ている。
目黒不動尊にお参りし林試の森公園を歩く。
レベル7のニュース以来こころなしか人が
少なく感じるが、公園は日々緑が増している。
心は不安で揺れた、恐怖が押し寄せた、
失った悲しみに暮れた、そして将来への見えない
不安は残る・・・こういう部分もしっかりと
embrace抱擁して、
でも一歩そこから踏み出ると、そこには春の
エネルギーが満ちていて、桜は咲き、緑は芽吹く。
自然の気は循環していて、力強く、うつくしい。
大地の気は木々や花を生かしてくれるように
私たちにも栄養を与えてくれる。
足の裏に地球を感じ、元気が脚を通って
身体に満ちるのを感じる。腎臓に地の気を
吸い込んで、身体全部に回してあげる。
林試の森公園のこの楠の木と同調して。

地球だってひとつの身体。日本では今
大変だけれど、Facebookで送られきた
オーストラリアの友人が撮った夕日は
美しかった。地球の他の部分は元気だ。
その元気なエネルギーを送ってもらおう。

祈りは通じるということを小さなことでも
実感できると強みになる。

原発の状況や余震にも心構えしておくことは
必要だけれど、それにとらわれず大地を感じ、
空を見上げてみる。そして自分のセンターに、
”土”のエレメントに安心の感覚を広げてみる。

何が今必要か考える。
とても単純なわかりきった答えだけれど、
それは希望だ。大きな希望。
不安も抱きかかえそして希望へと変換する。
ここ東京に暮らす私たちが個人レベルでできる
基本的なことが元気や希望を広げていくこと。
これが大きな力になっていく、と信じる。

瞑想やグループが今いろんなところで起こっている。
揺られて埃を振り落とされた心で見極めながら、
私たちが前進できるものに積極的に参加していこう。

最後に公園でくつろぐ猫の写真を。

3月31日正午
昨夜の瞑想に引き続きこんな知らせが届いた。

水からの伝言の著書である江本勝さんが
世界中に呼びかけています。
3月31日(木)正午 
次の言葉を一斉に口に出して送りましょう。
あるいは心の中で手を合わせて3回祈ってください。
「福島原発の中の水達よ、辛い思いをさせてごめんなさい。
我々を許してください。そしてありがとう、愛しています。」
この言葉はゼロ場で光子、ニュートリノ、電子などの
情報量子エネルギーを消滅させ、放射性物質を分解させる
パワーを秘めています。皆さんの協力をお願いします。

九州大学工学博士 高尾征治 
ありがとうございます。
実践していきましょう
いろんな情報が届いていると思うけれど
これもtwitter→Mixiから転載させていただいたもの。
抜粋ですが。文章末にリンクあり。全文を読んでみて。

****************************************

◎まずは日常のケアです。 
からだが何よりの資本。 ともかく自分の日常を
取り戻すことが大切です。 夜寝て朝起きて、
三食きちんと食べて、出来るだけ清潔にして、
なるべく運動する。 こうした、「当たり前」
の日常を取り戻すことは、実はとても大切な
ことです。 それはあなたに落ち着きとエネルギー
を与えてくれるでしょう。 出来るだけ普段の
日常に戻すことを、ぜひ試みていってください。 

また、お酒、暴食などでストレスを紛らわそう
とすることは、一時的な緩和になるかもしれま
せんが、長い目で見るとからだに悪影響を与え、
それが気持ちや行動にも悪影響を与えます。 出来る
だけ、健康的な方向で改善をおこなってみてください。 

◎自分のための楽しい時間を持ちましょう。 
あなたの心やからだは大変疲弊しています。 
もちろん、被災地で苦しんでいる方々のことを
思うと休むこと・楽しむことには罪悪感がわく
かもしれません。 しかし、あなたの疲弊した
心身をいたわることは、今後の長丁場を無事に
乗り切るために必須なものとなります。 だからこそ
一日の内少しでも自分のための時間を作り、
趣味などを楽しむようにしてください。 こうした
時間はあなたの低下したエネルギーを充電するのに
役立ちます。 

また、震災のニュースを見続けることは、
心配・不安であるため仕方がないのですが、
あなたの気持ちに負担をかけ続けます。 時間を
区切って、あまり見過ぎないようにしてください。 
そしてそれを見ない時間は、自分のために使ったり
家族や友人との楽しい時間を過ごすようにしたりし
てください。 

◎考えの吟味 
上でも述べたように、極端で否定的な考え方は
あなたの気持ちや身体、行動に大きく悪影響を
及ぼします。 常に自分の考え方に意識を向け続け
極端なものとなっていないか確認してください。 

例えば「罪悪感」を引き起こす考えです。 
「自分だけが安全で悪い気がする」「こんな時に
楽しむべきじゃない」「自分はみんなほど辛くない」
など、とてもよく起こりうる考えですが、この考えは
何の助けにもなりませんし、事実でもありません。 
またそのせいであなたの心身が疲弊し、仮に病気に
でもなった場合、逆に貴重な医療者の力、薬品、
人材力を失うことにもなってしまいかねません。 
あなたにはあなたの役割があり、被災者やレスキュー
の皆さんと同様になる必要はないのです。 
というより、それは避けていかなければなりません。 

ひとつぜひ持って欲しい考え方は、「自分は自分の
出来ることをするのが大切である」です。 被災地で
救助に当たっている人たちだけが、今ここで重要なの
ではないのです。 あなた方ひとりひとりが、自分と
その周囲をケアし大切にすることで、日本全体の回復
復活に役立ちます。 あなた方ひとりひとりがくじけ
ないことが、全体としての力となります。 なので、
あなた個人のがんばりと健康維持は、日本全体に大きく
貢献します。 そのことをいつも忘れないでいて下さい。 

◎気持ちをほぐす方法 
震災に反応して生じる否定的な気持ちを認め受け
入れることは、それ自体あなたの心を楽にしてくれます。 
またそれに付け加えて、他にもいろいろとそうした
気持ちを楽にする方法があります。 あなたの体と心は
密接にかかわっているため、身体面からアプローチ
していくのです。 そうやって気持ちをほぐすことは
また、身体の状態をも改善してくれます。 

・何度かゆーっくり深呼吸を行なうこと。 
・体の節々をストレッチングで伸ばすこと。 
・ヨガ 
・お風呂(*可能であれば) 
・マッサージ 
・瞑想 

などなど。 
こうした方法を用いて、あなたの気持ちを
ほぐしてあげて下さい。 ずっと楽になります。 
***************************************

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1689781680&owner_id=2256901