<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
お知らせーワンデイファスト

季節はすっかり秋ですね。

そろそろ秋のワンデイクレンズ
(高知のMindful-trinityの上岡あや伽さんとのコラボ)
の季節かと、鼻を利かせてお問い合わせして下さった
かたもいらっしゃるのですが今回、私の予定の関係で
秋はお休みさせていただきました。
 
でも朗報です!
 
あや伽さんが、10月4日に表参道のとっても素敵な
サロンでワンデイファストを開催されます。興味ある
方はこちらに詳細が載っていますのでご覧ください。
 
夏の疲れを一掃し、腸の細胞を修復しながら、心を
整えて次の季節を迎える、最良の機会になるでしようね。




 
知っておきたかった「糖」のこと

今回で3回目になる「ワンデイクレンズ」ですが、
これは、忙しい方のために一日でも腸を休めてデト
ックス・修復してもらいたい、大切な友人やチネイ
ザンのクライアントさんに、内臓を大切にすること
を体感してもらいたい、質のいいものを伝えたい...
という想いで、Mindful Trinityのあや伽さん+アラ
ンさんと共催で行なっているプログラムです。

今回のワンデイクレンズは、これまでのチベッタン
サウンドメディテーションやセルフチネイザンに加
え、座学の時間を設け「肝臓」に関してのお話しを
西洋医学とホリスティックヘルスの観点から話して
いただきました。

なぜ座学を設けたかというと、、、
チネイザンのセッションをしていても、甘い物やス
ナック菓子・コーヒーがやめられない、、という方
がとても多いのです。そしてそういう方の肝臓は....
、、お分かりですよね。食べ物ばかりではなく勿論
ストレスや感情的なことも肝臓を傷める要因ですが、

ならば、ワンデイクレンズで臓器の修復作業をして
いる間、肝臓が私たちの中でどう働いているのかを
ちゃんと勉強して、そこが弱ってしまうと、どんな
ことが起こるかということを、しっかり知ってもら
おうと思ったからなんです。
 
特に肝臓と「糖」についてのリクエストをして。

「果糖」がアルコールと同じように肝臓に熱を持た
せたり、細胞を傷つけたりするということ、甘い物
の摂り過ぎは骨からカルシウムを奪うこと、また閉
経後は骨のカルシウムが減るので、骨粗しょう症を
招きやすくなること、、、("糖化"も老化を早めたり
病気の原因となるスイ
ッチを押してしまいます

その他ここでは書ききれませんが、盛り沢山だった
内容を、頭に入れておきましょう。 

少し怖い話しでも、”知る”ことは大事なことです。


ワンデイでもすっきり感が(人によっては好転反応
で一時的に不快感もでますが)ありますが、さらに
ディープなデトックスを体験されたい方は高知へ行
かれることをお勧めします。

黒潮町の土地自体が既に癒しです。
そこで先進のサイエンスと自然療法を融合させた
ファスティングを、あや伽さん・アランさんの暖い
指導のもとで行なうことで、細胞や身体だけでなく、
心も洗われる体験がえられるでしょう。
 
Mindful Trinityの詳細はこちら♡

 


 
以下、参加者の方のご感想を幾つかご紹介します。
 
************************************

ワンデイクレンズ、ありがとうございました!
 
今回は、前日までの準備(食事とか睡眠時間をセー
ブする)があまりできなかったので、カラダのデト
ックスレベルは前回ほどではなかったですが、精神
面でのデトックスが進んだように思います。

自分とのつながりを、今まで以上に感じられたので、
自分を信じることを更に深められたように思います。

チネイザンとシンギングボールの組み合わせはもの
凄くパワフルで細胞がブルブル震える感覚が心地よ
く、ココロとカラダがかなり緩みました。
 
昨日は雨だったので、家でウダウダしながらアタマ
を動かしていたせいか、カラダがものすこく甘いモ
ノを欲していて...アランさんのお話を聞いて、砂糖
を減らすようにしよう。。と思い、甘酒を飲んでみ
たり、トライ中デス。

先日学んだからだのことをアタマに置きながらスト
レスのない程度に日々の生活に取り入れていきたい
なと思います。

                     (荒木亜希さん)

***********************************

きのうは素敵なワークショップを開催していただい
てありがとうございました!きのうも言いましたが、
思った以上に盛り沢山のワ
ークショップに満足して
います。

帰り道の誘惑にも負けず帰ってから子供たちのご飯
作りました。めっちゃ辛かったです〜〜泣

スープも作り、味付けもせずに上澄みだけを自分の
分取り分けてその後味をつけて食卓へ。
 
拷問ですね、これ。笑

自分の欲深さを思い知りました。
それとやはり気が抜けて、昼ごろからは食べたい
もの食べてしまい。。。これ罪悪感になったらよく
ないですね。

あと13日予定だった生理がきました。身体も本当に
合わせてデトックスだったみたいです。

初めての体験でしたので、よくわかってない部分も
大きいのですが、
スマホ依存、カフェイン依存、
あるな〜と思い、改善しようと思います。
それと嗅覚が敏感になった気がします。

こうゆう自分との向き合い方もあるんだな〜と、
とても勉強になりました。
あ!指先がぱさぱさになってます。
油とってなかったからかな??
 
身体はいつもと違い少し楽になった気がしています。

また機会があったらやってみたいし、自分の日常を
見直す良い機会をいただいたことに感謝です。

ストレッチやセルフチネイザンもとっても楽しかっ
たしためになりました。ありがとうございました♡

                            (Parimal: 堀江琴子さん)
 
**********************************
 
たったいち日でも、本当に効果のある感覚がありま
した。まだアタマが少し痛かったりするのですが、
久しぶりに目がすっきりする感じがありました。そ
して、ゆっくりのペースになっていたので、帰って
からは、夫の話しをよく聞くことができました。

夫の感情的な想いをいろいろと話てくれたのですが、
私にスペースができたから、こういう時間をとれた
のかもしれないなと思いました。食べ物を少なくす
ると、自分にも空っぽになるスペースができるのか
もしれないですね。

そして、アランさんのシンギングボールで癒された
部分、浄化された部分もあるのかなとも思いました。
具無しのスープをいただきましたが、あのように美
味しくはできず、美味しくないな〜と思いながらも、
眠りにつき、2時に目が覚めてしまい、冷蔵庫掃除
をはじめるしまつ。。。

朝にはどうしてもお腹がすいて白湯を飲んだ後、
黒豆ココアを飲みました。その美味しかったこと!
一口一口ゆっくり美味しくいただきました。
 
ゆっくり味わう感覚をまた遠のいていたので、
しばらく楽しんで行ければと思います。

               (Prem Deva: 石川麗子さん)

**********************************
 
想像していた以上に意味深い時間になり、背中をお
してくださったしずかさんに感謝しています。あり
がとうございました。
 
セルフチネイザンや気功のワーク、日々の生活で続
けています。特に胸を開くワークが気持ちよくて、
時間をみつけてはやっています。
 
肝と果糖の講義もとても勉強になりました。朝食に
果物を食べていたのですが、アランさんのお話を聞
いて、朝食だけでいち日の糖摂取量を越えているこ
とに愕然としました。知らないって怖いですね。
 
サイエンスとホリスティックのバランスのとれた、
あや伽さんとアランさんのスタンス、素晴らしいで
すね。私は元々ホリスティックが好きでその反動か、
ここ数年は完全にサイエンスに寄っていたのですが
自分にはその両方が必要で、両方あることが自然な
んだと気づかされました。
 
そしてアランさんのチベタンボウル、あれは何だっ
たのでしょう!カフェインの影響か、WS前日から
頭痛がひどかったのですが、チベタンボウルを聞い
たら治りました。そして妙に深いリラックス。
 
あまりの効果だったので、WS以降、毎日youtube
でチベタンボウルの音を流しています。今もリラッ
クスは続いています。
 
他にも、予定よりも早く生理が来たり、風景が立体
的に見える等、WSの影響と思われることがいくつか
ありました。
 
そのひとつが兄と同じ病気になる夢を見たことです。
ああ兄はこんな世界にいきているのか、これは大変
だなと、素直に思えました。これで兄との問題がす
べて解決とはいかないと思いますが、今までになか
った視点が加わったことで、少し楽に兄との関係を
考えられるようになりそうです。
 
ほんとうに参加させていただいてよかったと思って
います。転機になりそうです。お声かけくださり、
ありがとうございました。家でも時々クレンジング
してみようと思いますが、次回のWSにも是非参加
したいと思っています。
               (H・Wさん)

 
ワンデイクレンズ vol.3 ”肝臓をもっと知ろう!”
みなさん
 
「ワンデイクレンズ」についてのお知らせです。今回
で3回目となり、回を増すごとに内容と成果が深まる
この「いちにち断食」。Mindful-Trinityのあや伽さん
とアランさんをお迎えして、クレンジングと共に今回
はレクチャーを加え「肝臓の働き」についても、しっ
かりお勉強していきます。

題して「ワンデイクレンズ〜肝臓をもっと知ろう!」
以下、あや伽さんからのご挨拶文を紹介します。

************************


解毒シーズンの春、肝臓の働きが活発になる季節でも
あり、言い換えると肝臓に負担がかかる時期ともいえ
ます。

肝臓に負担をかけると言えば、アルコール、ストレス、
ケミカルなものが思い浮かびますが、糖も忘れてはい
けません。

不適切な糖の摂取も、肝臓にとって大きな負担となり
ます。

しかし、肝臓と糖の関係をしらないばかりに、ブドウ
糖と果糖の違いを理解していないばかりに、糖との誤
った付き合いにより、肝臓に大きな負担をかけている
人が少なくないのが実情です。
 
そこで、今年3月のワンデイクレンズでは、アランに
よる「肝臓と糖について」のベーシックレクチャーを
ご用意しました。

他には、チベタンサウンドメディテーション
(Cleansing & Harmonizing)、セルフチネイザン、
気功と、今回も盛り沢山の内容でお届けいたします。


************************
 
これまでの内容に関しましてはこちらをご覧下さい。
あや伽さんのブログ 2014/3/13  (春のワンデイ)
しずかのブログ 2014/8/21(秋のワンデイ)
 
私の担当するセルフチネイザンでも、より効果的な
肝臓へのアプローチをご紹介していきます。
 

 
定員に満ちましたので、お申し込みを一旦閉切らせて
いただきます。キャンセル待ちをご希望の方はその旨
ご連絡ください。

 ワンデイクレンズ Vol.3 肝臓をもっと知ろう!

 日程:3月8日(日曜日)

 時間:9:30~受付開始
    9:50~WS開始 16:00過ぎ頃 終了予定
 
 場所:下目黒住区センター2階(松竹) 地図はこちら
   (入り口に”Healing Tao”とあるお部屋)
 
 内容:● ワンデイクレンズのガイダンス
    ● 気功
    ● セルフチネイザン
    ● レクチャー「肝臓と糖について」
    ● チベッタンサウンドメディテーション
      (cleansing & harmonizing)

 
 参加費:¥16.200(税込)
 
 服装:動き易い服装
    瞑想時に横になる際にかける上掛け・ストール

 
 持ち物:ご自身のお飲物(白湯)をサーモス等の魔法瓶で
     筆記用具

 
 お申し込みに関して:

1) お申し込み先:shizbelly@gmail.com
    タイトルに「ワンデイクレンズ」と、また本文中にて
    下記5点をご明記ください。
    ● お名前
    ● メールアドレス
    ● 携帯番号
    ● ご住所
    ● コメント

2) 参加費¥16,200の事前振込をもってご受付完了とさ
    せていた
だきます。お振込先はお申込み頂いた方に
    お知らせいたします。
    
3) このWSは健康状態によってはご参加頂けない場合
    もあります。ご自身の体調に不安のある方は、お申
    込み
時にご相談ください。 

*前回同様、より細やかなサポートを心がけているため
   参加人数に制限を設けています。(定員14名)
また、
   とても人気な
WSであるため、お席の確保を早めにさ
   れることをお
奨めします。
 
 
 共催 / Mindful-Trinity  
    
Tao of Life


 
ワンデイクレンズを終えて

9月20日、目黒不動尊龍泉寺のスペースをお借り
してのワンデイ
クレンズ、楽しく終わることがで
きました。


 
私たちは折に触れて、立ち止まり自分をチェック
してあげることが必要です。折しも20日は彼岸の
入り、季節も入れ替わる秋分の前に、内側を感じ
てクレンジングしておくことは、次の季節に向か
うための、何かしらの手出すけや準備になったこ
とと感じています。
 

 
高知から、Mindful-Trinityのあや伽さん+アラン
さん、ありがとうございました。アシスタントの
中村令子さん、お疲れさまでした。そして、場所
を特例で提供してくださった目黒不動尊瀧泉寺の
たっきーには、いつもながらとても感謝をしてい
ます。
 

 
このプログラム(開催の主旨はこちら)は、
あや伽さん、アランさんが自宅で1日でも気軽に
ファスティングを行なえるようにと考案されたも
ので、低GI&低果糖というガイドラインを保ちつ
つひとりで無理なくできるもの、それに大腸の動
きを促進するセルフチネイザンを織り込みました。


 
あや伽さんのブログにもあるように「1日でも
胃腸を休ませ、少しづつでも老廃物を排出し、
細胞を修復していくことの積み重ねで、弱ってい
た細胞やオーバーワークで疲れた内臓の機能を取
り戻していく」。。これは大切なこと。
 
内側の世界は外側に反映されますから、当然肌の
状態も変わり、発するエネルギーの状態も変わり、
考え方や行動にも影響していきます。
 

 
アランさんによる、チベッタンサウンドメディテ
ーションの心地よい振動も、身体の場の浄化と
細胞の活性化を大いに助けてくれました。(そして
不思議な静寂の空間へと連れて行かれました。)
 

 
参加者の皆さんからも、この1日の体験から、
「深いリラックができた」
「締まっていた身体が緩んだ」
「都会の生活の中で、いかに感覚がくすんでしま
っているか感じられた。感覚が鋭敏になった」
「排泄の大切さを学んだ」
「食に対する執着に気づいた」
など様々なフィードバックをいただきました。

そしてあや伽さんも今回のプログラムをご自身の
ブログで書かれています。(→こちらです)
 

 
あや伽さんアランさんにお会いする度に思うのは
毎回純度や安定感のようなものが増していること。
お二人と同じ空間にいるだけで、こちらの身体や
心まで浄化されてします。
 
今回は日々のセルフメンテナンスのための体験で
したが、さらに深いクレンジングを体験されたい
かたは、高知のプログラムをお勧めします↓
 
Mindful-Trinity URL
 
そして今回参加された皆さん、これをご自身の
ペースで生活の中に入れてみていってください。



帰り道で取った夕焼けの写真です。写真では写し
きれませんが、色が素晴らしく眼に映りました。
 
ワンデイクレンズ〜9/20〜
今年の春に高知のMindful-Trinityの上岡あや伽さん
とアランさんをお迎えし、ワンデイクレンズ(一日
ファスティング)を行なった際、私たち参加者は、
たった一日でしたが、大きな成果を目の当たりにし
ました。

今回、お二人を再度お招きして、2度目のワンデイ
クレンズを行ないます。早速ですが、あや伽さんか
らのWSに関する想いを載せさせていただきます。


現代人の心身のメンテナンスには、日頃からの食や
ライフスタイルへの配慮に加え、年に1~2度のディ
ープクレンジング&デトックスがお勧めされており
ます。

しかしながら、現実はご自身のケアのためにゆっく
り時間を取る余裕がないというお忙しい方が多いの
ではないでしょうか。
 
そんな現状を考え、「一日だけでも心と身体を癒し
ながらクレンジングをしていただけたら」との思い
で組み立てましたのがワンデイクレンズです。
 
これは、単に胃腸を休めるだけのファスティング
(断食)とは異なり、心身の深いリラックスと細胞
の修復まで考慮した穏やかながらもパワフルなプロ
グラム。
 
伝統と最新のサイエンスに基づいております。

他のクレンズ、ファスティングとの大きな違いは、
果糖を含む糖の使用を限りなく低い状態に抑えてい
ること。
 
これにより大切な解毒器官である肝臓に余計な負担
をかけずにすむ他、コルチゾールレベル(通称:ス
トレスホルモン)を安定させ、血糖値の急激なアッ
プダウンを避けることにより、ホルモンバランスを
整えながらクレンジングを進めることができます。
 
さらに、エネルギーワークを取り入れることで心身
を緩ませ、細胞のバイブレーションを円滑にし、私
たちが本来持つ解毒機能を正常に働かせながら浄化
と修復を促す
ことも考えております。

9月のWSでは、より細やかなサポートをさせていた
だきたく、今年3月に東京で開催したワンデイクレン
ズより大幅に定員を減らしました。
 
また、「経験に基づいた知識こそ、一生の活きる宝
となる」という考えのもと、ワークを充実させてお
ります。
 
今回も土屋しずか、アラン・レオナード・シャープ
上岡あや伽の3人が、それぞれの得意分野を活かし
ながら皆様のクレンジングをガイドさせていただき
ます。
 
内容

◆レクチャー
◆気功
◆セルフチネイザン
◆チベッタンサウンドメディテーション(浄化&調和)

 


今回はあや伽さんの「一人一人へのより細やかな対応
ができるように」というご意向もあり、定員数を前回
の半分に減らしました。お席に限りがありますので、
早めのお申し込みをおすすめします。
 
そしていつもサポートをしてくれ、今回も場所を提供
してくださる目黒不動尊のたっきーには心から感謝を。

常に学び続け、進化し続けるお二人のガイドによる
ワークが、今回の特別な場所でよりパワフルなものに
なるであろう予感が、既にしています。そして、
デト
ックスを助けるための大腸と肝臓のセルフチネ
ザン
私も受け持ちます♡

 
       ワンデイクレンズ

  日程:9月20日(土曜日)
  時間:9:30~ 受付開始 
              9:50~WS開始  16:00 終了予定
  場所:目黒不動尊(URL)
  定員:12名
  参加費:¥16,200(税込)
  お問合せ:shizbelly@gmail.com
 
★お申し込みの際はタイトルに「ワンデイクレンズ」と
 また本文中にて下記5点をご明記ください。

 ●お名前
 ●メールアドレス
 ●携帯番号
 ●ご住所
 ●コメント

 
★お申込メールを頂いた方に振込先をお知らせします。
 このWSは事前振り込みをもって受付完了とさせて
 頂きます。
 
★このWSは健康状態によってはご参加頂けない場合も
 あります。ご自身の体調に不安のある方は、お申し
 込み時ご相談ください。

***定員に満ちましたが(8/25現在)キャンセル待ちを
受け付けておりますので、ご希望の方は上記メールアド
レスまでご連絡下さい。

 
ワンデイクレンズを通して
春ももうすぐそこまで。
遅ればせながらの投稿になりますが、3月9日、無事に「春の
ワンデイクレンズ」のワークショップを終えることができました。
 
高知から来てくださったあや伽さんとアランさん、この日お手伝
いいただいた中村令子さん、そして参加していただいた沢山の方
に、まずはお礼の気持ちをお伝えします。
 
このワークショップ、あや伽さんのご指導のもと実際には2日前
の準備食から始まり(そして後日の復食に終わりましたが)
多く
の方がガイドラインに沿って
ちゃんと準備食で身体を整えながら
参加してくれたことに、私は感動していました。

 
プチファスティングが当日前より始まっていたので、身体の冷え
を感じたり、その日いちにちでデトックスが進んだ方もいて、ご
本人達は辛かったでしょうけれど、私の心の中では ”よしよし”と
いう声が響いていました。ここを通らないと次に行けませんし、
身体に現れる状態が自分の改善点を気づかせてくれますからね。



いちにちを通し、デトックスを促してくれるドリンクをいただき
ワンデイファストのガイド、なぜクレンジングが必要かという講
義、チベタンボールの波動によるヒーリング(クレンジング)
セルフチネイザンやヒーリングサウンズ瞑想で臓器のデトックス
をおこない、たった一日の体験でしたが、それぞれの方にさまざ
まなインパクトを与えてくれたものになったかと思っています。




私が個人的にとても印象に残ったのは、アランさんによる「デト
ックスの必要性」の講義の中でLoving Experienceという言葉が
使われていたことです。

ノートをとっていなかったので、どんな文脈の中で使われたか覚
えていないのですが、こんな印象を受けました。

私たちは、日常の中でさまざまな塵や埃を身体や細胞の中に知ら
ず知らずの間に溜め込んでしまっています。それが、身体の正常
な働きや血液を濁らせたり、マインドの明晰さも曇らせてしまう
ことがあります。

身体と心(魂も)は全て繋がっています。
まずは肉体の埃を払うことで、身体にかかるストレスが軽減され
心・感情のバランスも取れるようになっていく、そしてより微細
なエネルギーへの繊細さも増し、魂の発する声や目的への気づき
が生まれてくるのだと思うのです。そのプロセスにおいて、その
体験が loving experience となるのでしょう。

そしてそれが、あや伽さんのブログにもある、”感謝“や"今を生き
ることへの歓び"をもたらしてくれるものになるのだと思います。
 
そこまでファスティングを通して行ってみたいですね。徐々にで
しょうけれど、そこから何が見えるか見てみたいですね。

              

あや伽さんより「ワンデイファスティングの手引き」がのちほど
送られてきますので、参加された方・今回残念ながらキャンセル
で参加できなかった方にもお送りします。暫くお待ちを!

 
3/9 ワンデイクレンズWSに関して
連絡メールは見落とされることもあるため、ブログにて
確認事項を載せておきます。3月9日「ワンデイクレンズ」
参加者の方必読です。

**************************

さて今週末になりました「ワンデイクレンズWS」に関し
てのお知らせがあります。(少し長くなりますが最後まで
お読み下さい)

この日はいちにちお食事を断ちますが、それに際して身体
の準備が必要となります。

あや伽さんからその準備に関するご指導のメールをいただ
きましたので、皆さんにお伝えしておきます。このガイド
に従い身体と気持ちを整えていらしてくださいね。

それでは、以下ガイドラインになります。
できるかな、、、と思っても、、大丈夫。私を含め、参加
される22名全員が一緒に取り組んでいると感じて下さい。
必ずできます!

**************************

[1] 準備食と復食について

一日ファスティングを効果的且つ、安全にするために
以下のとおりで、ご自宅での準備をお願いいたします。
 
<2日前より>
穀物と菜食のお食事をお召し上がりください。
以下の食品の摂取、暴飲暴食はお控えくださいませ。

*** 準備のためにお控えいただきたい物 ***

●動物性食品
●乳製品
●小麦(パン、パスタ含む)
●甘いもの
●揚げ物
●豆乳や豆腐
●コーヒー、チョコなどカフェインの含まれるもの
●アルコール

<ワークショップ前夜>
引き続き上記の食品を控え、夜8時までに菜食のお食事を
腹七分までお済ませくださいませ。

<ワークショップ当日朝>
野菜スープや野菜ジュースなど、消化が楽な物をお召し上
がりになることをお勧めいたします。
遠方からおいでになる方など、これでは体力的にご心配な
方は軽くご飯をお召し上がりいただいても結講です。
くれぐれもご無理はなさいませんよう、お願いいたします。

<ワークショップ当日夜>
味付け無しの、具無し野菜スープをお召し上がりください
ませ。胃腸を冷やしませんように、喉が乾いたら暖かい
ノンカフェインのお茶や白湯をお飲みください。
お風呂での長湯や激しい運動はお控えください。

<ワークショップ翌日>
朝は果物、野菜スープ、野菜ジュース、お味噌汁の中から
お好みの物をお召し上がりください。
エネマキットをお持ちの方は、この日の朝にエネマをして
いただいても構いません。激しい運動はお控えください。
お昼以降、お粥など、穀物を取り入れながら、
その日いちにちは軽めの菜食でお過ごしくださいませ。
 
[2] 当日お持ちいただく物

●筆記用具
●白湯(サーモスの水筒などに白湯をお持ちください。
 浄化を促すためにも、身体を暖めるためにも白湯をお勧
 めします)
●ブランケットやショール(瞑想の際に横になります。
 リラックスしていると体温もさがることから身体が冷え
 ないよう、上掛けをお持ちください)
●座布団やマット等の敷物(瞑想やセルフチネイザンを行
 う際に使用します。開場の座布団の数に限りもあるため
 ご持参ください)

[3] 当日の服装

座ったり、動いたりするため、動きやすく暖かく楽な服装
でお越しください。(ヨガウェアのようなもので大丈夫です)
 
[4] 開場への道順

下目黒住区センター
(目黒区下目黒2-20-19  Tel: 03-5496-5813)
JR目黒駅西口に出て下さい。出てほぼ正面に下り坂になっ
ている目黒通りがありますので、その坂を下ってください。
道なりに4~5分歩くと、目黒川にかかる目黒新橋に着きます。
こそを直進し更に
2~3分歩くと左手に「オリジン弁当」があ
り、その角を左折すると
公園のある下目黒住区センターが見
えます。こちらの2F 松竹の
お部屋になります。
 
[5] 当日の連絡先

土屋しずか
090-8045-8154   shizbelly@gmail.com

**************************

 
ネパールから戻られたばかりのあや伽さん、アランさんの
ガイドのもと、きっとカトマンズのエネルギーも感じられ、
講義あり、瞑想あり、そしてセルフチネイザンありの充実
した一日になること間違いないでしょう。


それでは当日お会いしましょうね!
    
春のOneDayクレンズ

この記事に目を留められた方には、ファスティング(断食)を
体験されたことのある方、定期的に行なっている方、ファステ
ィングは全く未知という方もいらっしゃると思います。
 
唐突ですが、私がチネイザンのセッションをしていて感じるこ
とは、お腹が悲鳴をあげている人が多いということ。でもそれ
にすら気づいていない方もいるということ。ガスで張ったお腹、
便が詰まってしまった腸、疲れた肝臓などに対して、触れるこ
とで緩めたり動かしたりすることも大事ですが、何がその状態
を作っているのかに気づき、自分でメンテナンスしていく方法
を学び、お腹の意識を上げていくこはとても大切です。

なぜならそこは、生命活動を営む機能が全て入っている場です
し、肚は思惟するところでもあり、腸では幸せ物質が作られ、
脳やハートに影響するところだと科学的にも実証されているか
らです。だからお腹を整えることが、「元気」を増し、思考や
気持ちを整え、幸せに前向きに生きる
ことを助けてくれるんで
すね。

自らのメンテナンスということで、話しはファスティングに戻
りますが、ではなぜファスティングなのか?何処でどうしたら
いいのか、、、ということになってくると思います。選択肢も
たくさんあり、迷っている方も多いのでは。
 
そこで今回、豊かな経験と確かな知識を兼ね備え、私がとても
信頼をおいている、
Mindful-Trinityの上岡あや伽さんと
アランさんを東京にお呼びすることにしました。(プロフィール
こちらで見られます)*あや伽さんのブログもご覧下さい。

お二人は高知でファスティングをご指導されていて、その経験
値の高さと指導力には定評があります。私の昨年の体験も素晴
らしいものでした。(体験記)その後、何人かの知人を高知に
り込んでいますが、皆新たな自分になって東京に戻って来て
ます。
 
そんなお二人のお話が聞けて、一日ファスティングが体験でき
る、本当にとてもいい機会です。チネイザンのクライアントさ
ん、タオのクラスの生徒さん、そして大切なお友達やこのブロ
グを読まれてピンと来た方には是非、参加してほしいと思って
います。

この日はクレンジングをサポートする飲み物をいただきながら、
なぜファスティングが必要か?どうしてクレンジングやデトッ
クスが大切なのかについてお話いただきます。この日の実体験
とともに、講話の内容を身体にしみ込ませ、体験としてご自宅
へ持ち帰ってほしいということです。

そしてセルフチネイザンでお腹も動かし、瞑想を通してエネル
ギーのクレンジングもおこないながらみんなで過ごす時間にな
ります。質疑応答の時間も多めにとってありますので、じっく
りたっぷりと質問もしていただけます。

あや伽さん・アランさんの暖かなガイドのもと、終わった時に
は、身体の軽さと心の充足感が感じられる一日となるでしょう。

春はすぐそこまできています。これからやってくる新しい季節
に備え、お腹の中をSpring Cleanse (春のお掃除)してあげま
しょう!


 
         〜〜〜「春のワンデイクレンズ」〜〜〜

  *このWSは定員になりましたので受付を締め切らさせていた
   だきます。沢山のお申し込み、ありがとうございました。


日時:3月9日(日曜)10:00~17:00
   (開場10:00~、開始は10:30~、終了17:00予定)
        
場所:下目黒住区センター2F(松竹)地図はこちら
   (入り口に”Healing Tao”とあるお部屋)
   
内容:ワンデイファスティングとガイダンス
   ファスティングに関する講話
   セルフチネイザン/ 瞑想
   *内容は当日一部変更することもあります。
 
服装:動きやすい服装
   
持ち物:筆記用具
     ご自身のお飲物(白湯)をサーモス等の魔法瓶で。
     瞑想時に横になる際の大きめのストールか上掛け。

お申し込みに関して:

1) お申し込み先:shizbelly@gmail.com
  タイトルに「ワンデイクレンズ」とご明記下さい。

2) 参加費 ¥12,600(税込)
  お振込を持ってご予約完了とさせていただきます。
    お振込先はお申し込み頂いた方にお知らせいたします。

3) 現在病気の治療中の方、投薬中の方は、お申し込み時に
  その旨ご連絡お願いいたします。
  なお妊娠中の方、授乳中の方はご参加いただけません。
高知でデトックス
高知市から更に特急で1時間半、黒潮町という海岸線の町に
上岡あや伽さんが主宰されるMindful Trinityの施設がある。
そこは素敵な一軒家。今回そちらの3泊4日のクレンジング
プログラムに参加して来た。

山越え谷(?)越えほぼ一日かけて、東京の現実から遠く離れた
海辺の穏やかな町で、実は初めてのファスティング。

あや伽さんとはちょっとしたご縁があったこと、デトックス
について深く知りたかったこと、彼女のブログを読ませてい
ただいていつも関心させられていたこと、高知に来ませんか
とお呼びがかかったこと、私の中の”何事も経験”心が揺さぶ
られたこと、、それが私を高知へ動かした。

3泊4日のファスティング、3日間ぐらい食べなくったって
大したことないぞ、と最初は高をくくっていた。 (実際には
約2日半の断食)

ところが!だった。
身体が辛い。。。白砂糖抜きやってます、なんて言っていた
自分が恥ずかしくもあり情けない。如何に白砂糖以外のとこ
ろで果糖を取っていたかということの答えなんだろう。そし
て、もともと体脂肪もそうある方ではないということもある
のか、体力が落ちて、あー辛い。頭もぼんやりする。エネマ
にも必要以上にエネルギーとられて。(私は海外のある施設
でのコロンクレンジング体験が散々で、プチトラウマになっ
ているため、キットの装着自体にひと苦労)

そんなこんながありながら、代謝が通常モードからクレンジ
ングモードに切り替わるころ、体調も変わり始める。昨夜は
ファスティングを終えて3日目だった。気のせいか何となく
細胞が生まれ変わっている感じはあった。でもまだ体力回復
モードでよくわからない。

そして、今日東京の日常のルーティーンに戻ってみて変化を
確かに実感する。まず、顔を洗う時の肌の感触が全く違う。
とても滑らか。肌のターンオーバーは3泊4日ではできないけ
れど、皮膚を流れる血液が変わったり細胞が変われば、当然
肌の質感だって変わる。

そして公園のウォーキングの際の感覚さえ違う。これは気の
せいではなく、細胞が周りの木々のグリーンの波動をすーっ
と身体の中に吸収する。あーこれがクレンジングの成果なのね
と歩きながら一人ほくそ笑む。タオのエクササイズ的に、口
の中に唾液を一杯ためて、周りの緑のエネルギーも一杯引き
寄せ唾液と混ぜてごくんと飲んで、今日の私のグリーンジュ
ース朝ご飯。(今朝の林試験の森公園↓)

 

いま身体が辛いフェーズから動き出した。変化する際は辛さ
が伴うことが多い。習慣に留まっている方が楽だから。チネ
イザンでも同じ。お腹の痛いところや不快なところに敢えて
触れていくこともある。その奥に宝が眠っているから。

しんどかったけれど、力強い大地と太陽と海に囲まれた高知
で、今回とても貴重な体験をさせていただいた。あや伽さん
が ”高知は人をオープンにする場所”とおっしゃっていたけれ
ど、土地の力もさることながら、ファスティングやデトック
スに関する確かな知識と豊かな経験、きめ細やかな対応とプ
ログラム中にしっかりと場をホールドしてくれる芯のある暖
かさにずっと支えられた。それらが成果をだしてくれる鍵な
んだろうな、と思う。

改めて口にするものの大切さ、クレンジングやデトックスの
大切さを痛感した高知の旅だった。野草のお料理も力をくれ
たし、お庭の放し飼いの鶏たちや、めいこさん(わんちゃん)
にも癒された〜。

ありがとうございました、あや伽さん、アランさん。
 
今回私が体験したプログラムを詳しく知りたい方はこちらへ。
そしてあや伽さんのブログはこちらへ。

”日々の食べ物、からだの声”
以前セルフチネイザンのクラスに参加していただいた
上岡あや伽さんはローフード&リビングフードの教室
の主催者でいらっしゃるのだが、ご自身のブログの中で
”生きるための智慧:放射能物質対策”と題し、日々情報
を提供してくれている↓
とても分かりやすく、ためになる。

食の安全性に対する状況はこれから深刻化していくだろう。
でも情報や状況に対して過敏になりすぎることも、また
ある種開き直ってしまうこともさけるために、基礎的な知識
や正しい情報を自分なりに拾っていくことが大切になる