<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チネイザン考(大腸) | main | 11月のチネイザン >>
からだと対話
今日は朝から偏頭痛に襲われた。
痛みは何かのサインだ、と思いそれを聞く。
不調は無理をすることから来る。
無理な体勢をとる、働き過ぎる、
嫌だと思うことをつい、やる、
我慢をする、etc..etc...

何となく原因はこれだというものを
体は既に知っている。それを認めると
すこし楽になった。

体の声を聞こう。
そうすると体は喜び反応する。
そうすると反応した体に感謝の気持ちが沸き、
自分の体をもっと信頼することが出来る。
信頼することができると、
intuition:直感力も更に増していく。

インナースマイルの瞑想も自分の体との対話。
微笑むって、無条件に受け入れること。
見返りなんかも考えないで、ただ受け入れる。
そんな微笑みのエネルギーを体の奥深くに送ってみる。

大地を照らす太陽のような暖かなエネルギー、
微笑まれると体の生理機能は一瞬にして変化する。
ハートが開き、血液は循環し、神経系は穏やかになる。

微笑みを、筋肉に、臓器に、腺に、消化器に
そして背骨や神経系にも送ってみる。
微笑むということをとおして自分を無条件に受け入れ
体の中に暖かなスペースをつくり
パターン化した筋肉や感情を解き放ってみよう。。。。
photo from "The Illuminated Rumi"

 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/106
TRACKBACK