<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 年末の女性性ワーク | main | 明日26日のワークのこと >>
特別な時間

真っ暗な中に放り出されると人は不安を感じる。
慣れ親しむとそれは子宮の中にいるように心地いいけれど。

冬至は夜が一年で一番長く、暗く、最も陰の強いとき。
一番女性的であり、深い力を底に秘めたとき。
そして暗闇から光へのシフトが起こるとき。
それは、新しいサイクルを孕んだ宇宙の子宮が
光という子を産み落とす準備のときのようだ。

今回の冬至は太陽/地球/月が直線上に並ぶようだ。
地と天が、物質と精神が一直線に重なり、さらに
満月の月食がその2つの次元をひとつに繋げると
言われ、このならびは1687年以来とも言われる。

そんな星々の動きを身体で感じて瞑想するもよし
ゆず湯に入るのも、カボチャを食べるのもよし。。。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/121
TRACKBACK