<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今朝おもうこと。 | main | からだ縮んでない? >>
実践していきましょう
いろんな情報が届いていると思うけれど
これもtwitter→Mixiから転載させていただいたもの。
抜粋ですが。文章末にリンクあり。全文を読んでみて。

****************************************

◎まずは日常のケアです。 
からだが何よりの資本。 ともかく自分の日常を
取り戻すことが大切です。 夜寝て朝起きて、
三食きちんと食べて、出来るだけ清潔にして、
なるべく運動する。 こうした、「当たり前」
の日常を取り戻すことは、実はとても大切な
ことです。 それはあなたに落ち着きとエネルギー
を与えてくれるでしょう。 出来るだけ普段の
日常に戻すことを、ぜひ試みていってください。 

また、お酒、暴食などでストレスを紛らわそう
とすることは、一時的な緩和になるかもしれま
せんが、長い目で見るとからだに悪影響を与え、
それが気持ちや行動にも悪影響を与えます。 出来る
だけ、健康的な方向で改善をおこなってみてください。 

◎自分のための楽しい時間を持ちましょう。 
あなたの心やからだは大変疲弊しています。 
もちろん、被災地で苦しんでいる方々のことを
思うと休むこと・楽しむことには罪悪感がわく
かもしれません。 しかし、あなたの疲弊した
心身をいたわることは、今後の長丁場を無事に
乗り切るために必須なものとなります。 だからこそ
一日の内少しでも自分のための時間を作り、
趣味などを楽しむようにしてください。 こうした
時間はあなたの低下したエネルギーを充電するのに
役立ちます。 

また、震災のニュースを見続けることは、
心配・不安であるため仕方がないのですが、
あなたの気持ちに負担をかけ続けます。 時間を
区切って、あまり見過ぎないようにしてください。 
そしてそれを見ない時間は、自分のために使ったり
家族や友人との楽しい時間を過ごすようにしたりし
てください。 

◎考えの吟味 
上でも述べたように、極端で否定的な考え方は
あなたの気持ちや身体、行動に大きく悪影響を
及ぼします。 常に自分の考え方に意識を向け続け
極端なものとなっていないか確認してください。 

例えば「罪悪感」を引き起こす考えです。 
「自分だけが安全で悪い気がする」「こんな時に
楽しむべきじゃない」「自分はみんなほど辛くない」
など、とてもよく起こりうる考えですが、この考えは
何の助けにもなりませんし、事実でもありません。 
またそのせいであなたの心身が疲弊し、仮に病気に
でもなった場合、逆に貴重な医療者の力、薬品、
人材力を失うことにもなってしまいかねません。 
あなたにはあなたの役割があり、被災者やレスキュー
の皆さんと同様になる必要はないのです。 
というより、それは避けていかなければなりません。 

ひとつぜひ持って欲しい考え方は、「自分は自分の
出来ることをするのが大切である」です。 被災地で
救助に当たっている人たちだけが、今ここで重要なの
ではないのです。 あなた方ひとりひとりが、自分と
その周囲をケアし大切にすることで、日本全体の回復
復活に役立ちます。 あなた方ひとりひとりがくじけ
ないことが、全体としての力となります。 なので、
あなた個人のがんばりと健康維持は、日本全体に大きく
貢献します。 そのことをいつも忘れないでいて下さい。 

◎気持ちをほぐす方法 
震災に反応して生じる否定的な気持ちを認め受け
入れることは、それ自体あなたの心を楽にしてくれます。 
またそれに付け加えて、他にもいろいろとそうした
気持ちを楽にする方法があります。 あなたの体と心は
密接にかかわっているため、身体面からアプローチ
していくのです。 そうやって気持ちをほぐすことは
また、身体の状態をも改善してくれます。 

・何度かゆーっくり深呼吸を行なうこと。 
・体の節々をストレッチングで伸ばすこと。 
・ヨガ 
・お風呂(*可能であれば) 
・マッサージ 
・瞑想 

などなど。 
こうした方法を用いて、あなたの気持ちを
ほぐしてあげて下さい。 ずっと楽になります。 
***************************************

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1689781680&owner_id=2256901

COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/144
TRACKBACK