<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2013 新月のJade Circle | main | ターラが家にやって来た! >>
全力感
全力感。

そして、あー終わった〜という安堵感・達成感
とちょっとした筋肉痛の心地よさを感じながら
この思い出を書き留めておく。ベリーダンスの
年末チャリティーショーが終わると、今年が終
わる。今回はチャレンジングなダンスで、本番
まで不安が残っていたけれど、助けてくれたテ
ィーチャーのNatachaやデュオのパートナーの
Freyjaにとても感謝している。

Natachaは私の”出来ない”意識を” 楽しい” に
変換してくれた。引っ張ってくれた。これ先生
としての仕事しっかり果たしている。見習いた
い。Freyjaもダンスのこと小物のことでいっぱ
いサポートしてくれた。お二人に感謝。そして
愛と美しさに満ちたダンスを魅せてくれたスタ
ジオのダンサー全てに感謝。ほんとうに、女の
人はそれぞれがそれぞれに美しい。そして師の
Mishaalに感謝。

今回のテーマは ”炎” そしてこれ↓はハワイの
火山の女神Pele。(Artist:Herb Kawainui Kane)
表現するのが一番苦手なエレメント。私の名前
はしずかだし、自分の中には薄いと思っていた
エレメントだから。でもそれを目覚めさせない
といけない。ハートの優しさだけでなく時には
お腹の奥底から燃え立つ火山のような火を燃え
立たせることも必要。

火は全てを焼やし尽して全てを灰に土に返す。
それはある種の浄化でもあるしね。炎が燃える
にまかせることで浄化が起こり、情熱に身を任
せることでPele性は目覚めて行く。そしてこれ
はダンスの時だけでなく日常の中でも意識的に
やっていかないといけないことじゃないかなっ
て思う。ダンスは凝縮された表現方法だけれど
そのダンスを生きるということが大切なんだな
って教えられる。

素敵なダンサーはそのダンスがその人そのもの
だし、言い換えると生き様がダンスに現れるか
ら。ダンスそのものが人生になるから。
      
私も頑張ろっと。というより、自然でいながら
より多くのアスペクトが表現できるようになろ
う。踊りにおいても、日常生活の中においても。
  
最後に。ショーを終えてほっとした安堵の笑み。
支えてくれたteacherのNatachaと

COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/295
TRACKBACK