セルフチネイザンのクラス

0
    先週末6/29は3回シリーズのセルフチネイザンの
    2回目のクラス。今回は内容が盛りだくさんで急ぎ
    足気味でしたが、皆さん一生懸命聞いたり体験した
    りしてくださって、ありがとうございました!言い
    漏らしたかなと思うことの付け足しをここで少し。


    今回のお題は、肝臓・脾臓・小腸を含む「消化器」
    に関して。消化は、消して化えると書く。食べた物
    の構造を変えながらそれを実際に栄養や、血や肉、
    エネルギーに化えて (変えて) いく。

    脾系や小腸の消化力が養われることで、気力や体力
    免疫力(身体の免疫系の60~80%が小腸に存在す
    るといわれる)がアップしていく。だから、大腸の
    排泄力とともにとても大切な働き。

    そこは食べるもの、生活習慣や感情とも深く関連し
    ている。何をどうやって誰と食べるか、毎日をどん
    な気分でどんなリズムで過ごすかが、内臓の働きに
    影響する。

    だから、まず何を食べるか見直そう。自分の消化力
    を知ろう。消化不良を起こした腸内環境は悪玉菌が
    いっぱい。。。そりゃガスも溜まります。基本的な
    ことをちょっと変えるだけでも体調は変わる。そし
    て内側の環境は外側にも現れるから、肌の状態だけ
    でなく、頭がクリアになることで瞳の輝きも増す。

    また、感情は食べ物と同じ消化のプロセスを辿ると
    言われているから(咀嚼から始まり、例えば、喉で
    飲み込んでしまったり、小腸で消化できなかったり
    大腸で手放せなかったり)小腸に掌を当てて安心の
    タッチ、心(=小腸)に宿る自分の魂と繋がるタッチ
    で気持ちの消化を促してあげよう。よく寝て夢を見
    ることも感情の消化を助けると言われている。

    ヒーリングサウンズ(音と色を使って臓器を浄化す
    る瞑想)だって、日常の中に気軽に組み入れていけ
    ばいい。瞑想しなきゃって思わずに。

    要は自分の内側ととどれぐらいコネクションが持て
    るか。人との繋がりと一緒。繋がるとそこに気が流
    れる。気が流れると内臓本来の持つ働きが動き出す。


    次回は7/27(土曜日)。腎・子宮(卵巣)とヒーリ
    ングサウンズ、そしてこれまでの総復習になります。

      


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others