<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セルフチネイザンのクラス | main | ワンデイクレンズを通して >>
3/9 ワンデイクレンズWSに関して
連絡メールは見落とされることもあるため、ブログにて
確認事項を載せておきます。3月9日「ワンデイクレンズ」
参加者の方必読です。

**************************

さて今週末になりました「ワンデイクレンズWS」に関し
てのお知らせがあります。(少し長くなりますが最後まで
お読み下さい)

この日はいちにちお食事を断ちますが、それに際して身体
の準備が必要となります。

あや伽さんからその準備に関するご指導のメールをいただ
きましたので、皆さんにお伝えしておきます。このガイド
に従い身体と気持ちを整えていらしてくださいね。

それでは、以下ガイドラインになります。
できるかな、、、と思っても、、大丈夫。私を含め、参加
される22名全員が一緒に取り組んでいると感じて下さい。
必ずできます!

**************************

[1] 準備食と復食について

一日ファスティングを効果的且つ、安全にするために
以下のとおりで、ご自宅での準備をお願いいたします。
 
<2日前より>
穀物と菜食のお食事をお召し上がりください。
以下の食品の摂取、暴飲暴食はお控えくださいませ。

*** 準備のためにお控えいただきたい物 ***

●動物性食品
●乳製品
●小麦(パン、パスタ含む)
●甘いもの
●揚げ物
●豆乳や豆腐
●コーヒー、チョコなどカフェインの含まれるもの
●アルコール

<ワークショップ前夜>
引き続き上記の食品を控え、夜8時までに菜食のお食事を
腹七分までお済ませくださいませ。

<ワークショップ当日朝>
野菜スープや野菜ジュースなど、消化が楽な物をお召し上
がりになることをお勧めいたします。
遠方からおいでになる方など、これでは体力的にご心配な
方は軽くご飯をお召し上がりいただいても結講です。
くれぐれもご無理はなさいませんよう、お願いいたします。

<ワークショップ当日夜>
味付け無しの、具無し野菜スープをお召し上がりください
ませ。胃腸を冷やしませんように、喉が乾いたら暖かい
ノンカフェインのお茶や白湯をお飲みください。
お風呂での長湯や激しい運動はお控えください。

<ワークショップ翌日>
朝は果物、野菜スープ、野菜ジュース、お味噌汁の中から
お好みの物をお召し上がりください。
エネマキットをお持ちの方は、この日の朝にエネマをして
いただいても構いません。激しい運動はお控えください。
お昼以降、お粥など、穀物を取り入れながら、
その日いちにちは軽めの菜食でお過ごしくださいませ。
 
[2] 当日お持ちいただく物

●筆記用具
●白湯(サーモスの水筒などに白湯をお持ちください。
 浄化を促すためにも、身体を暖めるためにも白湯をお勧
 めします)
●ブランケットやショール(瞑想の際に横になります。
 リラックスしていると体温もさがることから身体が冷え
 ないよう、上掛けをお持ちください)
●座布団やマット等の敷物(瞑想やセルフチネイザンを行
 う際に使用します。開場の座布団の数に限りもあるため
 ご持参ください)

[3] 当日の服装

座ったり、動いたりするため、動きやすく暖かく楽な服装
でお越しください。(ヨガウェアのようなもので大丈夫です)
 
[4] 開場への道順

下目黒住区センター
(目黒区下目黒2-20-19  Tel: 03-5496-5813)
JR目黒駅西口に出て下さい。出てほぼ正面に下り坂になっ
ている目黒通りがありますので、その坂を下ってください。
道なりに4~5分歩くと、目黒川にかかる目黒新橋に着きます。
こそを直進し更に
2~3分歩くと左手に「オリジン弁当」があ
り、その角を左折すると
公園のある下目黒住区センターが見
えます。こちらの2F 松竹の
お部屋になります。
 
[5] 当日の連絡先

土屋しずか
090-8045-8154   shizbelly@gmail.com

**************************

 
ネパールから戻られたばかりのあや伽さん、アランさんの
ガイドのもと、きっとカトマンズのエネルギーも感じられ、
講義あり、瞑想あり、そしてセルフチネイザンありの充実
した一日になること間違いないでしょう。


それでは当日お会いしましょうね!
    
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/372
TRACKBACK