百薬の長

0
    美味しそうでしょ!  
    酸っぱそうでしょ! 
     
    「梅雨」の語源は「梅の実が熟す時期の雨」に
    あるそうな。そんな梅の季節(梅雨)もそろそろ
    終わりに近づきますね。

    今日は、ベジフルハートの森田寿昌恵さん企画
     “梅干しの漬け方講座” で梅干し作りを体験。
    去年までは梅酵素をせっせと作っていたけれど
    今年はまだやったことのなかった梅干しづくりに
    挑戦してみた。。。って言うより、あーら簡単、
    ジップロックに納めるだけ。

    美養食術士の稲垣希穂先生(いなちゃん先生)に
    よる梅を使った簡単ご飯を作りながら、食の陰陽
    の話を聞きつつ、最後に梅を漬ける=ジップロッ
    クにお塩と一緒に詰めて振る=。
     
    このいなちゃん先生がとてもユニークな方で、
    若杉ばあちゃんをお若くしたような、、ちょっと
    頑固だけれど優しくて、日本の頼もしいお母さん
    の代表選手、みたいな暖かさがあった。

    頑固...っていうと語弊があるね、芯の強さだね。
    昔の日本人女性には、もっとこの芯の強さがあっ
    たんだろうね。いまはそれが緩んじゃったのかも
    しれない。(国会で自民議員がセクハラやじを受
    けた時にもへらへら笑ってたものね。あれ、怒る
    ところだよね)

    ある種の頑固さは家族をまとめる力にもなるし、
    時に必要なのかもしれない。。私のおばあちゃん
    も芯の強い人だった。戦争未亡人となって
    実家の
    家業を継ぎ、娘たちを女手ひとつで育てあげた。
     
    いなちゃん先生は、おばあちゃんではないけれど
    梅干し...おばあちゃんの知恵袋...と連想されて、
    ついつい。

     
    先生のお話は、とても面白く、梅や乾物を使っ
    ご飯はシンプルで絶品で、胃袋が喜んだ。胃袋が
    安心した。愛情が身体に満ちた。地に足がついた。
    地に心がついた。食で人は作られる、と思った。
     
    百薬の長とも言われる梅。。今日漬けた梅干しを
    1年後に、3年後に、5年後に料理したり食する
    楽しみを想いながら、台所の片隅に寝かせている。


     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others