<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10のセッション受付日 | main | 秋のセルフチネイザンのコース >>
ワンデイクレンズを終えて

9月20日、目黒不動尊龍泉寺のスペースをお借り
してのワンデイ
クレンズ、楽しく終わることがで
きました。


 
私たちは折に触れて、立ち止まり自分をチェック
してあげることが必要です。折しも20日は彼岸の
入り、季節も入れ替わる秋分の前に、内側を感じ
てクレンジングしておくことは、次の季節に向か
うための、何かしらの手出すけや準備になったこ
とと感じています。
 

 
高知から、Mindful-Trinityのあや伽さん+アラン
さん、ありがとうございました。アシスタントの
中村令子さん、お疲れさまでした。そして、場所
を特例で提供してくださった目黒不動尊瀧泉寺の
たっきーには、いつもながらとても感謝をしてい
ます。
 

 
このプログラム(開催の主旨はこちら)は、
あや伽さん、アランさんが自宅で1日でも気軽に
ファスティングを行なえるようにと考案されたも
ので、低GI&低果糖というガイドラインを保ちつ
つひとりで無理なくできるもの、それに大腸の動
きを促進するセルフチネイザンを織り込みました。


 
あや伽さんのブログにもあるように「1日でも
胃腸を休ませ、少しづつでも老廃物を排出し、
細胞を修復していくことの積み重ねで、弱ってい
た細胞やオーバーワークで疲れた内臓の機能を取
り戻していく」。。これは大切なこと。
 
内側の世界は外側に反映されますから、当然肌の
状態も変わり、発するエネルギーの状態も変わり、
考え方や行動にも影響していきます。
 

 
アランさんによる、チベッタンサウンドメディテ
ーションの心地よい振動も、身体の場の浄化と
細胞の活性化を大いに助けてくれました。(そして
不思議な静寂の空間へと連れて行かれました。)
 

 
参加者の皆さんからも、この1日の体験から、
「深いリラックができた」
「締まっていた身体が緩んだ」
「都会の生活の中で、いかに感覚がくすんでしま
っているか感じられた。感覚が鋭敏になった」
「排泄の大切さを学んだ」
「食に対する執着に気づいた」
など様々なフィードバックをいただきました。

そしてあや伽さんも今回のプログラムをご自身の
ブログで書かれています。(→こちらです)
 

 
あや伽さんアランさんにお会いする度に思うのは
毎回純度や安定感のようなものが増していること。
お二人と同じ空間にいるだけで、こちらの身体や
心まで浄化されてします。
 
今回は日々のセルフメンテナンスのための体験で
したが、さらに深いクレンジングを体験されたい
かたは、高知のプログラムをお勧めします↓
 
Mindful-Trinity URL
 
そして今回参加された皆さん、これをご自身の
ペースで生活の中に入れてみていってください。



帰り道で取った夕焼けの写真です。写真では写し
きれませんが、色が素晴らしく眼に映りました。
 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/403
TRACKBACK