<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋のセルフチネイザンのコース | main | 木曜クラスのお知らせ >>
ぬか漬けづくり
ぬか漬け、一緒に作ってみませんか?

食卓に手作りのぬか漬けがあるといいですよね。
美味しくて、健康や美容にもいい、腸内のいい環境を
保つためにも最適な、日本の伝統食。

 
以前、甘酒づくりの会でもお世話になりましたベジフ
ルハートの森田寿昌恵さん
と、今回のぬか漬け作りも
共催します。講師は「食」を通して啓蒙活動をされて
いる大石陽子先生。(プロフィールは文末)
 "ぬか漬けづくり+お食事+ぬかのお話会”となります。
 

 
米ぬかを乳酸発酵させて作った糠床(ぬかどこ)の
中に食材を漬け込んで作る、日本を代表する発酵食
のひとつである「ぬか漬け」
 
ぬか漬けは米ぬかとともに、野菜が発酵することで
できる植物性乳酸菌を豊富に含みます。植物性乳酸
菌は、酸に強く、胃で分解されずに生きたまま腸へ
届き、腸内生存率も動物性乳酸菌の10倍であるとも
言われています。
 
植物性乳酸菌を多く含むぬか漬けの効用はこんなに。
 
●風邪予防
●免疫力の活性作用
●便秘・下痢の解消
●発癌物質の排出・分解
●病原菌感染の予防
●美容効果
 
講師プロフィール (大石陽子先生)

1950年生まれ。
フェリス女学院短大家政科卒。23才で結婚。29才で
夫と産婦人科クリニックを立ち上げ、入院食の対応
を主に経営全体に関わる。その後二女の死、離婚と、
日々の精神的苦痛の中で精神世界に目覚める。自身
の関心も西洋医学や西洋栄養学から予防医学、ホリ
スティック医学、代替療法へと移り、身体・心・魂
の癒しを
テーマにアロマやマクロビを学ぶ。体調を
崩して救急入院後、西洋医学の薬漬けから逃れるた
独り自然を求め転地療法を決心。温泉と玄米菜食
で克服する。

 
現在”アワの食卓”を主宰。自然食・健康食・伝統食
の指導を通して意識改革、環境保護、世直しの啓蒙
活動を続けている。


 
     『ぬか漬けづくり」教室

日程:11月3日(月曜祝日)
時間:14:00~16:30
場所:目黒区(申込みされた方にお知らせします)
参加費:¥4,320(税込)
持ち物:エプロン、筆記用具
お申込先:shizbelly@gmail.com
(タイトルに「ぬか漬けづくり」とお書き下さい)
 
*参加費には、材料費・軽いお食事代も含まれます。

*お申し込みは、材料の調達・人数把握のため事前
 振り込みとさせて頂き、お振り込みの確認をもっ
 て完了とさせて頂きます。(お申し込みをされた
 方に振り込み先をお知らせいたします)



 
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2014/10/30 22:02
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/405
TRACKBACK