ひしおでお腹も気持ちもよろこぶ

0

     
    ひしおづくりのクラス終了しましたハート

    今日のクラスでは、腸内環境のお話から始まり、ひしお
    について、そしてその作り方や様々なレシピを荒木亜季
    さんに教えていただき、みんなで試飲・試食を楽しみま
    した。
     
    ひしお、、

    平安時代には、味噌の原型「未醤」(みぞう)が作られ
    神様へのお供え物にもなっていたとのこと。また「主醤」
    (ひしおのつかさ)なる役職までが、宮中にはあったと
    いうことです。
     
    以前甘酒を教わった時に、麹が日本の「国菌」だと聞き
    ”くにのきん" なるものがあるのか!と驚きましたが、

    今回の「主醤」にも感動しました。それだけ大豆が重用
    されていたということと、食に対する意識の高い国民性
    も感じさせられます。

    大豆やひしおは、稲の代わりの租税として朝廷に集めら
    れてもいたんですって。

     

     
    これ(↑)は試食で出された一品。
    この厚揚げとパプリカのひしお炒め+ひしおトッピング、
    厚揚げがクリームチーズのように柔らかくなってましたきらきら

    サラダのドレッシングにしたり、和え物にしたり、炒め
    ものにしたりと...いろんなメニューのアイディアが浮び、
    わくわくします。
     
    家に戻り、早速大きめのタッパーにひしお麹としょうゆ
    と水、昆布でマイヒシオ、仕込みました。
    (しょうゆの香ばしさはいいけれど、私の右手にしょうゆ
    臭がぷんぷんしてるのは、あまりわくわくしません。。)
     
    そうこうしている間に、発酵が始まってる様子。。。
    楽しみです。
     
    荒木さん、ありがとうございました。そして今日参加さ
    れた皆さんも、美味しくて、お腹が喜び、気持ちも喜ぶ、
    それぞれのひしおづくりを楽しんでいって下さい!ハート



    以下、ひしお麹についてその歴史やレシピ等ご参考まで。
    名刀味噌本舗 / ひ志お銚子山十 / ひしおレシピ

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others