<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< AFP Teacher Trainingを終えて | main | 腸のおかげさまで生きている >>
AFP 六甲週末集中ワークショップを終えて
  
  (自分への備忘録)
 
  AFP(アートオブフェミニンプレゼンス) の
  六甲週末集中ワークショップで体験したこと

  
  近しい相手を通してみせられる
  自分の中の影の質
  (絶対にそうなりたくないと思っている質)

  その影を相手の中に見る時
  それは相手にあるものであって
  自分にはないと思っているから
 
  影の質を自覚するなんて
  それを認めて受け入れるなんて
  できっこないと思っているから

  私の中の自意識がものすごく
  抵抗し続けてきたんだけれど
  そして認めなくないために
  相手をジャッジしたり
  相手のせいにしてしまったりしたけれど
 
  そんな自分さえもジャッジせずに
  深い思いやりを持って
  認めて許す

  影の質をもった自分をも許すーーー

  これはとても新鮮な驚きだった
  そしてさらに新鮮だったことは

  自分の影の質が持つギフトに気付いたら
  (影と思う質にさえもギフトはある)

  影に光が当てられて
  影が影でなくなって

  私の内側がシフトした

 
  これまで好きになれないと思っていた
  影を見せてくれていた相手に対する気持ちも
  シフトした

  それを見せ続けてくれていたことに
  感謝さえした


  そしてハートがとても軽くなった

 
  エクササイズでは、ひとりひとりが
  勇気をもって自分の影をさらけ出し

  そこには
  互いを見守り続けているやさしい友の
  暖かいまなざしやサポートがあった




  例えば、ヒマラヤへ登ったことがある人と
  それを写真や本で見たことのある人との
  体験は大きく違う

  自分の中に実体験があるか

  AFPの週末集中ワークの体験は
  これまでにもずっと見続けていたもの
  居続けていた場所から
  別の場所へと私を連れて行ってくれ
  着地させてくれた

  いやこれが着地点かどうかわからない
  もっと先があるかもしれない
  
  今はこの新しい場所から見えてくるものを
  軽やかな心で楽しみたい


 

  トレーニングPart1を終え
  急遽決めたPart2の週末集中WSへの参加

  流れに乗り、迷うことなく決めたことで
  ここまで来られた
 
  改めて
  このAFPのワークの創始者Rachelの
  深さと大きさ、優しさとパワフルさを感じている
  まさにPowerful and Feminine

  そして
  このワークを日本に紹介し、AFPのエッセンスを
  体現しながら皆をインスパイアし続ける
  フェミニンリーダーのアムリタ映連さんや
 
  レベル2を取られた先輩ティーチャー達の
  これから開催してくれるワークショップが

  とても楽しみだ
 

   写真は六甲スカイヴィラからの夕焼け(トップ)と朝陽

 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/466
TRACKBACK