インド Oshoアシュラム

0
    まずは先日起こったインドのテロに
    追悼の意を表して。
    Oshoアシュラム近くのジャーマンベーカリーは
    今回の滞在中に友人とお茶をした所でもあり
    何とも言えない気持ちになる。

    日本ではほとんどニュースになっていなかった。
    死者や負傷者がそれほど多くないから?
    遠くの国ではニュースにならないような
    こういうテロが、ひょっとしたら頻繁に
    起きているのかもしれないと思うと恐ろしい。

    話題を変えるため写真を一枚挟んで...
    これはプーナ滞在中のホテルの窓からの風景。

    インドにはまずデリーから入ったのだけれど
    デリーの空港で驚いた。
    TVやDVDの画像でしか見た事のない
    喧噪や混沌が目の前で広がる。
    夜中タクシー乗り場でタクシーを待っていても
    止まりやしない。
    後ろの方に並んでいたお姉さんが
    無理矢理捕まえてドアを開けて乗り込む。
    ざわざわっとした埃っぽさの中で
    秩序などない。
    やっと捕まえた車はトランクのドアが閉まらず
    運転手は壊れそうな勢いでドアを無理矢理締めようとする。

    海外に行くとその国の臭いがある。
    空気の中にその国独特の香りがただよう。
    インドだからスパイス、という訳じゃなかったけれど
    降り立った瞬間、胃にぐっと来るものがあった。
    胃にずっしりとくる何かが。

    で、ふと思った。
    そういえば五大陸は色付きの五輪で表されているけど
    アジアは黄色に違いないと。アジアの真ん中にいて
    この胃にずっしりくる感覚は地球の胃袋にいる感じだ。
    調べてみると青:オセアニア、黄:アジア、黒:アフリカ
    緑:ヨーロッパ、赤:アメリカだった。
    やはりインド(アジア)は黄色、脾/胃の色だった。
    五行の性質と五大陸の性質、呼応するものがあるかも。

    それはさておき、
    ここからは全く個人的な体験記。
    体験:まさに体を通しての経験。

    アシュラムの第一印象は大人の遊び場。
    タオガーデンと違いジューシーだ。
    何故だろうと考えてみた。
    音楽だ。音楽が瞑想に使われ、
    音楽と踊り、音楽を聴く。
    音が沢山ある。音はハートに響く。
    各チャクラにも響く。

    アシュラムの毎日は大まかに言うと
    早朝のDynamic Meditaionに始まり
    午後のKundalini Meditaion,
    夜にはEvening MeetingというMeditaionがあり
    それら瞑想の間や夜の瞑想の後も様々な
    瞑想やパーティ、セレブレーションが続く。
    そしてそんな日々のプログラムとは別に
    これまた様々なコースやトレーニング、
    個人セッションが用意されている。

    私は1週間しかなかったら欲張って
    グループワーク”第2チャクラのアルケミー”
    というコースも取ってみた。

    それはもう体験、身体を通しての
    経験の連続だった。新しい体験だった。
    本当に身体はいろいろ教えてくれる。
    そして書いてみようとおもいつつ
    やはり書けない。
    感覚を言葉に置き換えられない。。。

    チャクラの輪っかや
    上昇するエネルギーや
    エネルギーの体の揺れる感じとか
    光とか。。。

    クループワークでは自分としっかり向き合わさせられる。
    インテンシブなものだと、いやというほど
    向き合う事になるようだ。そして自由になる。

    これまでの瞑想をタオのプラクティスにも応用してみた。
    ここでも面白い事が起こった。。。
    そしてやはり言葉で表現できない。。。。

    こういう体験が面白くてしかたない。
    でもまだ入り口なんだろうと思う。
    何処まで行けるのか?
    何処に行くのか?

    この感覚をしっかりと根っこのあるものにするために
    長期でアシュラムにいられたら幸せだなぁって
    毎日想い続けている。。。。のすたるじー。。

    そして最後に、旅の道連れになってくれて
    いろいろ助けてくれた友人に感謝。

    プーナ→ムンバイに向かう車窓から撮った夕日。





    関連する記事
    コメント
    先日はありがとうございました。いろいろ聞きたいことがありすぎて、切り上げて帰るのが大変でした。このところ、「OSHO」という言葉がちょくちょく近くにやってきます。勝手なイメージで申し訳ないのですが、「OSHO=赤裸々」(笑)というイメージがあって、ずーっと腰が引けてたのですが、いよいよOSHOなのか??と、ちょっとドキドキしてしまいます。2期生の自主練習会にも出て来てくれると嬉しいです・・きっと、みんな喜びますよ。
    • tessie
    • 2010/02/20 5:49 AM
    CNT2期生のあやです♪

    夕日の写真が本当に綺麗ですね。ちょっと瞑想的。

    Oshoのリゾートのゲストハウスのデザインがモダンでびっくり。

    帰ってきたらいろいろお話聞かせてください。

    • Aya
    • 2010/02/19 11:58 AM
    5大陸の色と5行、とっても腑に落ちます。

    ジューシーなアシュラム、
    煙るようなインド、
    一度足を踏み入れてみたい土地です。
    • Kyoko
    • 2010/02/18 10:11 AM
    うむむむ。
    OSHOアシュラム、恋したように行きたくなってしまいました。すてきなレポートありがとうございます。
    CNT2期生ayumiでした。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others