AFPで”自分を感じる”2days

0


     
    〜望む現実を創造するのは
    「戦略」ではなく、その人らしい「存在感」です〜
             (AFPジャパン公式サイトより)

    存在感/プレゼンスってなんでしょう?

    私たちのだれの中にも存在している素質。
    その人そのもののエネルギー。
    存在力、命の力、輝き。

    人は生き生きしているものに惹かれます。
    命は命に惹かれ、輝きは輝きに惹かれます。

    私たちが、
    自分自身の力を信じ、内なる輝きを信じ、
    その存在感を開花させ、
    自分自身のリーダーになっていくと
    プレゼンス(存在感)は増していきます。

    そしてそれが周りの世界をインスパイアし
    生きることのクオリティを上げていってくれます。
     
    AFP(アートオブフェミニンプレゼンス)は
    女性らしくなるためにハウツーではなく
    自分をより深く知っていく、存在力をつけていく
    プラクティスだと思うのです。
     
    いくつものエクササイズを練習しながら、
    日常の中でプレゼンスのアートを実践していきます。
     
    実践する中で、意識が変わっていくと
    エネルギーも変わり、新しいエネルギーで
    新たな現実が引き起こされていきます。
    (私自身これをAFPを通して体感してきています)
     
    そして私たちが変化し、進歩していく過程には
    チャレンジも伴います。そういう時には”怖さ”から
    心のブレーキをひいてしまうことが多々あります。
     
    恐れとどうつきあうか。
    自分のシャドーの部分とどう向き合うか。
    AFPにはそこにアプローチするエクササイズも含まれ
    私たちは少しづつ前に進んで行きます。
     
    創始者Rachaelが、彼女の動画の中で
    こんなことを言っていました。
     
    “new level, new devil"
     
    新しい段階に来た時には
    新しい困難やチャレンジがあるということですね。
    でもそれこそが、私たちを終わりなく進歩させて
    くれる大切な要因。
     
    そんな時、
    仲間や成長を見守り合えるサポートがあると
    チャレンジの中を進んでいく心の支えとなります。
    AFPにはそんな暖かいコミュニティの輪もあります。
     
    この人生はいちどきりです。
     
    自分をより深く知り
    自分の望む人生をいきること
    そして幸せになること
    これは誰もが抱く願いですね。
     
    あなたの望む人生はどんな感じですか?

    幸せな家庭をつくること
    子供をもつこと
    自分にあった仕事を見つけること
    その仕事で充足感を得ること
    冒険すること、遊ぶこと、奉仕すること...
     
    きっとさまざまな望みがあることでしょう。
    それを一緒に見ていきませんか。

     

    Day1
    9月24日(土曜日)10:00~17:00
    「感じる/開く/拡張し保持する」

    Day2
    9月25日(日曜日)10:00~17:00
    「見る/見られる/シャドーを見る」

    AFPジャパン公式サイト
    お申込みの詳細はこちらに載っています。
    MANIMANAさんまでお問合せください!

     
    **2016/8/23現在
    MANIMANAさんでの2Daysワークショップは
    諸事情により延期となりましたため 9月24/25日
    の週末クラスは行なわれません。。。


     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others