<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「タオ性科学 女性編」を読み解く会 | main | 12月のセッション受付日 >>
AFP3weeks コスモスのように開いて



AFP3weeksが終わり
このグループにコスモス(秋桜)と名付けました。
名前がつくとグループの一体感もでき
一緒に過ごした時間が名前のフレームの中に保持されて
思い出や体験がより鮮明に残ります。大切なアルバムのように。

”コスモス”と名付けたのは...
ひとり一人が
自分を正直に感じる姿や
無防備さの中で開いていく姿が
繊細で力強かったから。
凛として柔らかい存在として私の心に映ったから。

まさにコスモスの花言葉
「調和」「美しさ」「愛や人生がもたらす喜び」
「乙女の真心」(!♡) にぴったりだったから、なのです。
 
3週間では到底味わい尽くせないAFPだけれど
自分の中心と繋がって
女性のからだを楽しみ慈しみ
自分にやさしくありながら
自分の影の部分にさえ理解を持って接してみる...

それらを日常の中で実践していくことで
どんなギフトがやってくるのか.....
とにかくやってみましょう!ということで
3週間を共にしたコスモスのうつわ(器)でした。

3週間の最終日には、

これまでの自分だったら言えなかったことを
正直に相手に伝えることができるようになったり...
父親との関係が変わったことで、パートナーとの関係も
大きく変化している...といったシェアもありました。
すばらしいですね。

それから、フランスから戻り一段と魅力と存在感を増した
ティーチャー仲間の中澤香奈ちゃんの参加が、
私とこの場を大きくサポートしてくれました。ありがとう!

 



♡♡♡

以下コスモスたちの言葉を載せておきます。


”本当に楽しみで贅沢な時間を皆と過ごせて幸せでした。
初めて参加して,聞き慣れない言葉や動きを体感して、
自分の体に染み込んでいくのを感じて驚いたり
自分ではわからない自分をたくさん教えてもらって
新しい発見がたくさんで、参加できてよかったです。
みなさん、幸せな時間をありがとう”

 
”今回集まったメンバーも
回数を重ねるごとに距離が近くなって
「この場は自分を開けそう」という安心感がありました。
自分を出しても大丈夫な場所がまたひとつ増えて
嬉しかったです。少人数だからこそより深い繋りを感じる
ことができ、そしてその人本来の美しさを皆で見られ、
自分では気づきにくい魅力を直接気づかせてもらえる
というところが、AFPの醍醐味かなと思いました”

 
”私自身すごく今変革の時期にいて、
新しい自分を楽しみながら他の人からのフィードバックを
いただけるというすごく貴重な時間でした。すごく正直で
等身大な感じがしていて(自分を含め)みんなの自分の
ペースで丁寧に自分と向き合う姿に、私も安心をもらって
いたなぁと思います”

 
”他の参加者の方々とのあたたかな関わりの中で
私の中の女性性が心地よく柔らかくほころんでいくのを
感じています。この言葉にならない感動を、必要として
いる多くの女性たちに届けたいです”
 

♡♡♡

ありがとう。
また会いましょうね。



 
COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/528
TRACKBACK