春はチネイザンで肝の”デトックス”

0

     お知らせ

    ***バークレーから帰国後、計画を変更し、新たに4月の
    募集をかけました。「チネイザン4月モニター開始」の
    投稿をご参照ください。



        4月のチネイザン及びヒーリングラブの
              個人セッション受付日になります。

                             4/5/6/8
                         11/12/13/15
                         17/18/22/23
                         24/25/26/27

                   11:00~/14:00~/17:00~

    (**文末に料金とお申込フォームのリンクがあります)

    4月のセッションは、Berkeleyでのチネイザンコースの
    学びから得たものを取り入れながら、春の開き始めた体に
    しっかりと木(wood)のエネルギーが循環するよう、

    ”肝のデトックス” に焦点を当ててみようと思います。

    啓蟄も過ぎたこの春の時期は、
    冬の間体を温めるために貯めた脂肪や
    古くなったミネラルを排出していく時期なので
    解毒分解の働きを司る、肝臓・胆嚢の働きが盛んに
    なっていきます。

    その肝臓や胆嚢に最良の仕事をしてもらうための
    ”肝のデトックス”です。

    また、肝(木:wood)の特徴の一つとして
    思考し・計画し、チャレンジの向こうのゴールを見据えて
    行動していく力、可能性に開き伸びていく力が挙げられます。

    冬の間(腎:水)に熟考した夢、やりたいことを
    現実に移していく時、アクションを起こしていく時です。

    それをしていく時に、
    その力を司る解毒分解工場がちゃんと働き、
    お腹の中がすっきりと整っていて、
    気持ちと同調しながら力となっていくと、よりいいですよね。
     
    チネイザンで
    寒さで縮こまっていた内臓を緩め、血流を促し、
    肝臓を、お腹全体をデトックスしてみてください。

    チネイザンで
    自分の中の夢や目標をもう一度見直しながら、
    自分の中にしっかりと居ながら(胆力)、
    フォーカスし、決断し、実行していく力を培ってみてください。
     
    身体のデトックスが、心のデトックスやさまざまな気づきに
    繋がるかもしれません。
     
    内臓を聴き、
    そこに宿るスピリットが生き生きとしていくのを助けながら、
    一歩づつ、望む自分に近づき、
    望む現実をクリエイトしていきましょう。

    (*腎のチネイザンを受けられ腎気を養われてきた方、
    水が木を育てます。引き続きのケアをお勧めします)

     
    💗4月のプロモーション💗
    〜〜チネイザンで肝のデトックス〜〜

    💗 価格

    ¥12,000(税込) 90分 /これまでいらしたことのある方
    ¥15,000(税込) 90分 /新規の方
     
    *施述自体は90分、
    カウンセリングや着替えの時間を含め約2時間になります。
     
    💗 キャンセルポリシー

    ご予約の24時間前までにお願いいたします。
    それを過ぎますと100%のキャンセル料がかかります。
    ご了承ください。
     
    💗 お申し込み
     
    こちらのフォームからお願いいたします。
    (スクロールダウンしてお申込フォームからお願いいたします)
     

     

     
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others