チネイザン/バークレー記その1

0

    (バークレーの様子を少しづつ載せていきます。
    今日はチネイザンとは関係ないこと書いています)

    のんきなブログなので、お気楽にどうぞ。



    昨日 (3月11日) バークレーに着きました。
    明日から始まるコースを前に体調を整えることもあり
    今日はのんびり過ごしています。

    今回で3度目のバークレー。(4年前の滞在記はこちら
    現地の友人のお迎えがあるのとないのでは、
    心身への負担がだいぶ違います。
    (今回友人はマチュピチュへ旅行中でお迎えなし)

    滞在先に着くまでに(そして着いてからも)
    ちょっとしたトラブルがあり、ぐったりしちゃいましたが
    そのトラブルを通して早々、現地の人の親切に触れました。
    しかもいくつもの。

    フレンドリーを通り越してそれはもう人道的なまでの
    (親切とはそういうものですが)親切でした。

    ”本当にありがとう”とお礼を言うと、
    「バークレーではみんなこうするよ」って返されました。

    そんなバークレー儀礼を通過しながら。。。

    電車とバスを乗り継ぎ、今回は初めて滞在するお宅へ。
    その滞在先は、正確に言うとバークレーの少し西南の
    Emeryvilleという地区にあります。



    お天気が良くてカリフォルニアの気候を満喫しています。
    (でもこの冬はかつてない寒さに見舞われていたそうです)

    ブロックごとに景色が違いますが、
    この辺りは以前 Warehouseが立ち並ぶ倉庫街だったそうで
    その後アーティストが住み着き、さらに今ではおしゃれな
    ロフトが建てられファミリーも暮す住居地になってきてるとか。



    近所のCafeでランチ。
    ビーツのジュースとケールのサラダを注文したのですが
    メガアメリカンサイズすぎて食べきれず、お持ち帰り。

    その後、こちらもご近所の Berkeley Bowl Westでお買い物。
    商品はほとんどがオーガニック。この広さと商品の多さに
    慣れなくて目眩がします。



    こちらの野菜はエネルギーがぐっと強いのか、
    少し食べるだけでお腹いっぱいになります。少しで十分。
     



    家に戻るとリビングのテーブルで待ち受ける、アート作品たち。
    この家の主はアーティスト兼大学の講師。
    向こうに見える楓の木は本物です。西陽を浴びて輝いています。



    そして、こんな絵や...


    こんな絵も、そこかしこに。
    家中がアート作品。家自体がアート作品。

    ということで今日は、ここでおしまい。。。

    明日からのコースに備えます。



     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others