<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月のセッション受付日 | main | セルフチネイザン/ 心・小腸の回 >>
夏を楽しむ!セルフチネイザン


九州北部豪雨災害で被災された方へ

心からお悔やみ申し上げます。


 

 

関東では夏日が続いていますね。

この夏を乗り切れるか...忙しく働く女性たちの悲鳴も聞かれます。

高温多湿な日本の、
熱気や湿気がこもる都市に暮らす私たちにとって
夏を乗り切るためのセルフケアは必須です。

夏を”乗り切る” から 夏が”楽しい” にしたいですよね。

 


夏バテは、主に睡眠不足や胃腸の働きの衰えからきます。

☆快眠のための工夫をしたり(頭を冷やす枕にしてみるなど)
☆適度に体を動かし適度な汗をかき
☆胃腸に負担の少ない食事で栄養を取り入れて

快適に過ごす工夫を楽しみましょう。


チネイザンとの関連からも、ざっと「食」に関してまとめました。
基本中の基本を書き出してみましたが、
もっと詳しく知りたい方はgoogle先生に聞いてみてね〜〜。



●季節の野菜、果物でビタミンやミネラルを補給

汗をかくとビタミンやミネラルも流れやすくなります。
緑黄色野菜や質のいいお水(冷やし過ぎていない)をたっぷり
補給してあげましょう。

夏野菜、色々ありますね。さやえんどう、かぼちゃ、とうもろこし
ししとう、インゲン、オクラ、モロヘイヤ
などなど。

 

●ビタミンB1の補給
 

ここでビタミンB1のおさらいをしておきましょう。
 

ビタミンB1は、エネルギーを作っていく過程で補酵素として働き
糖質を代謝する上で重要な役割をしています。

脳は糖をエネルギー源としていて、その代謝のためにビタミンB1が
必要。また脳が十分にエネルギーを得て活動することで
神経機能も良好に維持されます。

そんなビタミンB1は、夏に消耗が激しくなるようです。
不足すると摂取した栄養をエネルギーに変換しにくくなり、
脳もエネルギー不足となり、疲労感を感じやすくなってきます。
 

ビタミンB1を含む食材は、豚肉、うなぎ、豆類(大豆、枝豆)
魚介類、焼き海苔、煎りごま、玄米
など。

にらやニンニク、玉ねぎに含まれるアリシンと組み合わせる
ことで、吸収率もアップ。


●胃腸に負担の少ない良質のタンパク質を摂る


夏場はそうめんやおうどんなど、手頃で冷えた炭水化物に偏りがち
ではありませんか?タンパク質は体を作るもと。
上記食品を参考にして、自分にあったものを摂るのがいいですね。


●クエン酸で疲労回復


クエン酸は疲労の原因となる乳酸を排出する機能があり、
疲労物質を体に溜め込まない役割をしてくれます。
抗酸化作用で細胞の老化防止にも。

レモン、ライム、キウイ、梅干し、パイナップル、
グレープフルーツ、お酢類
など。


そして
●冷たいものを摂り過ぎない・食べ合わせに気をつける



バイタリティーはお腹からやってきます。
元気でいるためには、胃腸の健康が欠かせません。

夏の季節のものを美味しく食べながら、
ストレッチでも、瞑想でも、一日をリセットする何かを使って
その日の疲れを溜めないように心がけましょう。


2017年の夏は一度だけ。

楽しい思い出もいっぱい作れるような、元気な夏を過ごしましょう!



最後に宣伝になります♡
 
7月19日(水)からセルフチネイザンのコースが始まります。
お腹へのセルフケアを4週に渡って学んでいきます。

夏なのに冷房や食べ物で冷えてしまっている(かもしれない)
お腹をいたわりながら、、
お腹が変わると、気持ちが変わる、を体験しながら、
お腹のことを一緒に学んでいきましょう。


 
     セルフチネイザン/全4回コース


日時:7月19日、26日、8月2日、9日(毎水曜日/全4回コース)
   13:30~17:30(開場:13:15~)

場所:タオゼン表参道スタジオ(地図:表参道より徒歩2分)

服装:お腹を出しやすくウエストに締め付けのないもの
   *スカート不可

料金:全4回コース ¥43,200 / 単発参加 ¥12,960
   リピート割引 ¥21,600 /リピート単発割引 ¥6,480
 
*全4回コース参加をお勧めします(五臓全体を学べます)

*リピート割引は
 これまでに土屋しずかが行ったセルフチネイザンのコース
 (タオゼンスタジオ以外でも)にフル参加された方が対象です。
 過去に1度だけ単発参加という方は割引の対象外となります。

*お申し込みの際にリピート割引ご希望の旨をお伝え下さい。


お申し込みはこちらから




 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.taooflife.jp/trackback/557
TRACKBACK