セルフチネイザン/ 心・小腸の回

0



    セルフチネイザン4weeksが始まり、昨日で2回目になりました。

    1回目は、肺・大腸、おへそに触れ、
    2回目の昨日は、
    心・小腸について学び、小腸に実際に触れてみました。


    自分のに触れるときにも、他の人に触れるときでもそうですが、
    私はこの2つの腸が大好きです。
    特に小腸はとても興味深い臓器。。
     

    大腸がガーディアンで、小腸はその内側で守られている
    お姫様といった感じでしょうか。。


    内気でおとなしいのですが、一旦心を許すとふわっと
    浮き出てくれるんです。


    注)あの、ここで書いていることは
    あくまでも私の施述の体験と自分自身の体験から書いている
    極めて個人的なものになります。。


    小腸は心の働きの具現化したもの
    (小腸は心臓と繋がっているといったほうがいいでしょうか)

     
    なので、
    心に火が灯ってないと、、、例えば、
    やりたいことが見つからなかったり、先が見えず不安だったり
    情熱が湧かなかったり、愛を感じられなかったりすると


    小腸は硬くなりがちです。
    そして下の方に沈んでじーっっとしてしまいます。

     
    腸でセロトニンやオキシトシンの前駆体が作られると
    言われていることからも、とても納得できる現象です。


    (*セロトニン:
    ノルアドレナリン、ドーパミンと並ぶ三代神経伝達物質。
    精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎにも
    関与することから、オキシトシン(乳腺ホルモン)と共に
    「幸せホルモン」とも呼ばれる)


    だから、そこへのタッチは
    最初はゆっくりじっくり、小腸を聞くようにして
    それから指で丁寧になぞってあげます。


    それから大事なのは”笑う”こと。
    人は笑うときに自然とお腹がぶるぶる震えますよね、
    心が愉しさで満ちると、小腸も喜ぶわけです。


    だからセルフチネイザンやチネイザンでも、
    シェイキングして、笑いの振動と同じものを与えてあげます。
    昨日のクラスでも、笑いながら小腸に触れました。


    心・小腸に備わっている、子供のような”遊び心”を
    刺激してあげると、そこが喜ぶのです。


    そして季節は夏。
    今、心が開き、自分を拡張していく季節です。
    心も小腸も健やかに、よく笑い、よく遊び、楽しく思い出深い
    たった一度しかこない、この夏を楽しみましょう!


    ...ということで、このほかにも
    小腸は免疫にも関与することなどをお話しましたが、
    次回8月2日(水曜)は脾臓・肝臓へと進みます。。。

    単発参加もOKです〜〜。お申し込みはこちらから。
    https://pro.form-mailer.jp/fms/40d0fed8123707

     


     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others