チネイザン記 1 ”いのちの智慧”

0

    日差しが強いと、路のお花が芳しい。。。



     
    写真はバークレーのチネイザンのクラスへ通じる路の
    途中に咲いていた花。
     

    ”いのち(Life)はそれ自体が智慧を持っている”
    そんな講義で始まった解剖学の週末。

    今あるこのいのちを最大限に生きるために
    体という有機体を、どう生かすか
    体がもつインテリジェンス=自然をどう捉えるか。

    五行の解剖学を通していのちを捉える。

    五行がそれぞれどんな智慧をもち、どんな風に
    相互に作用しながら、この有機体を生かしているか。


    有機体としての私たちの
    五つのインテリジェンスを体で感じる瞑想をしたり。

    私たちの中にすでにある智慧(自然)を信頼し、
    自分の感覚を深く感じていくこと、をしたり。

    来週のコース(チネイザンと感情)の序章の時間を
    過ごしている。




    コースの参加者は女性ばかり。
    チネイザンが女性的な特質(お腹=陰・聴くこと・
    待つこと・感じること)を持つからだろうか...

    さて、週末2日目の今日はどんな1日になるだろう。。

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others