子宮--自分を受け止める器

0


    代官山で素敵なサロンを持ち、友人として、
    セラピスト仲間として、絶対の信頼を置いている
    Keikoちゃん。

    そのKeikoちゃんが自分を現してくれたブログ
    読んでみてください。。
    これを受けて、私も書いてみました♡


    感情について。
    子宮を通しての気づきについて。
     
    生きていると、いろんなことがあるから

    どんなに楽に人生を送っているように見える女性にも
    どんなに素敵な女性にも、辛い体験の1つや2つは
    あるはず。。

    そしてどんな女性にも子宮はあって
    (手術をしてもエネルギーとしての存在は残る)
    体の一番下(奥)にあって
    感情をホールドしてくれる、抱え込んでくれる。

    そこには今世だけでなくて、DNAの中にある
    7代前までの記憶も引き継がれているということも
    TantraのティーチャーMonikaが話してくれた。。。

    ものすごくパーソナルで、長い時間も含まれている
    スペース。

    内臓にはそれぞれに特有の感情が宿るということは
    中医学の考え方からきているけれど、
    理論としてだけでなく日々の体験からもそれは感じる、

    そして子宮は一番奥でいちばん深い想いを
    一手に引き受ける。

    私たちは”悪い”とされている感情に対して
    自分で自分をジャッジしてしまったり、
    それをどこかに追いやったりしちゃうけれど、

    感情にはいいも悪いもなく、
    エネルギーとしてあるだけで
    いい、悪いとしているのは自分の意識。

    それを見ないようにして
    ポジティブ思考だけに行こうとしても、
    あるものは、必ず強い反発を持って上がってくる。

    ピンポン球を水の中に鎮めようとしても手を離すと
    勢いよく上がってくる、、あんな感じ。

    だからdeepに自分の中に沈んでいって
    そこに触れていくことはとても大切なことだと思う。

    ただ、そこにずっと留まり続けると、
    感情に支配されてしまうから
    その感情と自分を同化することなく
    それを自分で見守ってみる。

    私が "怒り" ではなく 、今私は怒っている、、
    怒りを感じている私に気づいている、というふうに。

    いいも悪いも含めて、私という全体
    オーセンティックな自分。
    陽も陰もあるのが人生の自然な姿だから。


    そして子宮に触れていて(チネイザンで)思うのは
    そこには女性同士、共通するものが多いということ。
     
    私自身、自分が傷つきたくないから、一所懸命に
    寂しさも悲しみも押し殺して「私は大丈夫」って
    してきたところがある。”私は大丈夫”のマスター。

    あるとき、その深い悲しさを感じ切った時に、
    その下に、本当はサポートしてほしい、愛されたい
    っていう強い望みが
    (ピンポン球が水中から上がってくるような勢いで)
    体の深いところから浮上してきたことを覚えている。

    自分の人生が思うように進まなかったり
    体に痛みが出たり不調が現れるのは
    深いところにある、聞かれていない自分の声。

    それを、聞いてあげる。

    何が出てきてもいい、、
    そして自分の言葉で、それを表現して受け止める。
    (Keikoちゃんがそうしたように)

    自分への信頼。
    人にしてあげるように自分にしてあげる。

    私たちは感じていることの上に立って行動し、
    今感じていることが未来を創っていくから、

    無意識に追いやってしまった感情や
    自分への不信感が
    これからを創造していくことを邪魔しないためにも
    私自身これからも子宮の声を聞いていこう。。

    子宮は
    素晴らしい人たちとの出会いを与えてくれるって
    Keikoちゃんが書いていたけれど、本当に、そう。

    私の周りを見渡しても、理屈を超えたところで
    子宮に繋がって生きているいる女性たちは、

    繊細で、暖かく、無防備さとともにあり、
    そして大胆で、勇敢だ。

    Keikoちゃんのサロン

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Official site

    Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

    Profile

    Categories

    Calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    Facebook

    Selected entries

    Archives

    Mobile

    qrcode

    Others