体感と予感

0
    Taoの領域は体感の中にある
    人は体感を極める時
    時を越え時を操る

    未来は予感の段階で決まる。ある歴史上の武術家は
    対戦する前に勝つという予感がなければ勝てないと
    言っている。彼は、負けるかもしれないという予感
    がよぎった時、勝つという予感に変わるには、何を
    どうしたらよいか、体験的に把握していたに違いな
    い。目標でも、イメージでもない。予感なのである。
    一方通行に未来を望むもではなく、むしろ未来から
    のメッセージを受け取る側に立つ。とんでもなく運
    がよく見える人は、この「予感の法則」を無意識に
    応用している。

    人間は、予感によって未来を制御しているのだ。

    何かを大成させたいといくら強く願っていても駄目
    かもしれないというわずかな思いが頭をよぎった時
    その予感の方が実現する。大切なのは、力んで未来
    を切望することではない。未来と会話をすることだ。
    未来を空想することは、心が「今」から外れること
    であるが、予感は自身の体感を今感じることである。
    未来は、今が創るのである。

    今の体感の奥へ奥へと入る時、人は万象と会話する
    ことのできる時空を超えた領域へと至る。その時、
    人は時を越え、未来を操る精霊的存在となる。その
    入り口を「玄牝の門」と老子は言う。

                       「タオの法則」千賀一生 p12~13

    受容性

    0
      すべての創造は
      交合の原理によって生ずる

      それゆえ人間は
      宇宙という雄に対し
      雌でなければならない

      老子が女と言う時、それは,男性よりも自然の
      導きに順いやすい女性的受容性を意味している。
      創造は、一件、能動的行為に見える。しかし、
      真の能動性は受容性によってのみ生まれる。
      たとえばエジソンは、発明のインスピレーション
      は、考えるのをやめた時にやってくるといってい
      る。インスピレーションは、自身が作り上げるも
      のではなく,受け取るものだ。だから、いかに大
      きな創造を生み出せるかは,いかに大きな受容性
      を生み出せるかにかかっている。巨大な受容の極
      限で、偉大な能動性は生まれるのだ。
      人間個々の未来というものも、受容の原理で形作
      られる。実現していい意識次元に至った時、それ
      相応のビジョンがやってくる。やってきたビジョ
      ンは必ず実現する。無理に描いたイメージは実現
      しないか、したとしたらその反作用を生み出す。
      絶対幸福に必要なのは、いかなるビジョンを受け
      取れる心にあるかという、意識状態、意識次元に
      ある。

      「タオの法則」千賀一生   page 62~63 より 

      今朝、開いたページから

      0
        老子は、人間の根源に性の原理を直感する。

        性は人間の真中心の力であり、求心力その
        ものの表れである。だから、それが開いた
        人は、多くの人にとって魅力的存在となる。

        人間の成長は、意識の拡大にあり、拡大は
        それとは対象の求心に依存する。ゆえに、
        性の力により、人は宇宙を掌握する。求心
        力なき人は、自身にしか目が行かず、自身
        すら掌握できない。家族を真に思う人は、
        家族全体に自身の求心力を行き渡らせ家族
        の中心となる。彼が思ったこと、彼が希望
        したことは、家族のすべてに繁栄される。
        もしも人類全体に真に意識を向けられる人
        がいたとしたならば、彼は人類規模で性を
        成就させている。1人の女や男であること
        を越え、広大な愛の深みに至るのだ。

        自己の求心力のみを信頼し、自己の求心力
        のみに順う時、自己なる存在のその内側の
        広大無辺の世界を見ることになる。求心力
        を最大に高める時、遠心力もまた、最大と
        なるのである。

        この、太陽のような力への信頼こそ真の
        「自信」であり、自信はその人に万能の力
        を授けるのである。

        「タオの法則」千賀一生 page 68~69より 

        The Invitation

        0
          友人ShashiがFacebookに投稿してくれたポエム。
          心に響いたのでここに書き留めておこう


          ”The Invitation” 
          Oriah Mountain Dreamer Canadian Teacher and Author


          It doesn't interest me what you do for a living
          I want to know what you ache for
          and if you dare to dream of meeting your heart's longing.

          It doesn't interest me how old you are
          I want to know if you will risk looking like a fool
          for love
          for your dreams
          for the adventure of being alive.

          It doesn't interest me what planets are squaring your moon..
          I want to know 
          if you have touched the center of your own sorrow
          if you have been opened by life's betrayals
          or have become shrivelled and closed
          from fear of further pain.

          I want to know if you can sit with pain
          mine or your own
          without moving to hide it
          or fade it
          or fix it.

          I want to know if you can be with joy
          mine or your own
          if you can cande with sildness
          and let the ecstasy fill you to he tip of your 
          fingers and toes
          without cautioning us to
          be carefl
          be realistic
          to remember the limitations of being human.

          It doesn't matter me if the story you are telling me
          is true.
          I want to know if you can
          disappoint another
          to be true to yourself.
          If you can bear the accusation of betrayal
          and not betray your own soul.
          If you can be faithless
          and therefore trustworthy.

          I want to know if you can see Beauty
          even when it is not pretty
          every day.
          And if you can source your own life
          from its presence.

          I want to know if you can live with failure
          yours and mine
          and still stand on the edge of the lake
          and shout to the silver of the full moon,
          "yes".

          It doesn't interest me
          to know where you live or how much money you have.
          I want to know if you can get up
          after a night of grief and despair
          weary and bruised to the bone
          and do what needs to be done
          to feed the children.

          It doesn't interest me who you know
          or how you came to be here.
          I want to know if you will stand 
          in the center of the fire with me
          and not shrink back.

          It doesn't interest me where or what or with whom
          you have studied
          I want to know what sustains you
          from the inside 
          when all else falls away.

          I want to know if you can be alone
          with yourself
          and if you truly like the company you keep
          in the empty moments.


          c.1995 by Oriah house, From "Dreams of Desire"
          Published by Mountain Dreaming, 300 Coxwell Avenue,
          Box 22546, Toronto, Ontario, Canda M4l2A0

          からだ

          0
            今朝届いたメールの中にあった、響いた一節。

            からだは魂の目に見える部分で、
            魂はからだの目に見えない部分だ。
            からだと魂はどこも分離していない、
            それらは互いの一部であり、
            それらはひとつの全体の一部だ。
            あなたはからだを受け入れなければならない、
            あなたはからだを愛さなければならない、
            あなたはからだを尊重しなければならない、
            あなたは自分のからだに感謝しなければならない。
            からだは存在の中で最も複雑なメカニズムだーー
            それは、全く驚くべきものだ。
            そして、驚きを感じる者たちは幸せだ。
            その不思議な驚きを、あなた自身のからだで
            感じることから初めてごらん。
            なぜなら、それがあなたにもっとも近いからだ。
            あなたに近づいている最も親しい自然、
            あたなに訪れているもっとも親密な神、
            それはからだを通してだ。
            あなたのからだの中には海の水があり、
            あなたのからだの中には星々や太陽の火があり、
            あなたのからだの中には空気があり、
            あなたのからだは大地でできている。
            あなたのからだは存在全体、
            その全ての要素を象徴している。
            そして何という変容だろう!
            何という魔法のような変化だろう!
            大地を見てごらん、
            そしてそれからあなたのからだを見てごらん。
            何という変容だろう、
            だが、あなたは決してそのことに驚きを感じたことはなかった。
            塵が神聖なものになったーー
            これ以上の神秘があり得るだろうか。
            これ以上のどんな奇跡を、あなたは望んでいるというのだろう。
            そして、あなたは毎日奇跡が起こっているのを目にする。
            泥から蓮の花が現れる・・・
            そして大地から、私たちの美しいからだが現れた  ~Osho~

            at the end of life...

            0
              At the end of life, 

              we will not be judged by
              how many diplomas we have received,
              how much money we have made,
              how many great things we have done.

              We will be judged by 
              "I was hungry and you gave me to eat,
              I was naked and you clothed me,
              I was homeless and you took me in"

              Hungry not only for bread
              --but hungry for love.
              Naked not only for clothing
              --but naked for human dignity and respect.
              Homeless not only for want of a room of bricks
              --but homeless because of rejection.

              Mother Teresa

              月はただ存在する

              0
                月は何もしない
                ただ太陽の光を反射し
                自分から形を変えることはしない
                でも人々は月の形で自然のサイクルを知る

                月は何もしない
                太陽の光に自分の存在を委ね
                自分から光を放つことはしない
                でも夜の闇に閉ざされた人々を癒し
                エネルギーを与え道しるべとなる

                月はただ存在する
                そして宇宙の法則、自然の摂理に従い旋回する
                でもその美しさはいつの世でも讃えられ
                人々にインスピレーションを与える

                月はただ存在する
                自分の光を全て太陽という神に委ねて
                けれども月の存在によって
                私たちは朝を迎えるまで儀式にいそしみ
                豊かな夜を過ごすことができる

                月はただ存在する


                これは以前、友人のElliちゃんに女神の集いで
                教えてもらった詩。今日のような美しい月夜に
                ぴったりだ。他には、何もいらない。。。。。


                Sky

                0
                  The sky is above us.
                  It is endless,vast, ever present yet ever changing.
                  It is not an abstract philosophical concept 
                  but a daily presence.
                  The wind blows through its blue expanse.
                  The clouds gather and disappear in its vastness.
                  Without its air we could not breathe.
                  Without the sun, we could not live.
                  We can not live without the essential 
                  elements of the sky and earth.
                  The human spirit is great, and is not content unless 
                  it has a greatness as vast as the sky's in with to roam.
                  We must not make our idea of Tao too small.
                  Even though Tao shows a person along a path,
                  it is an infinite path in an endless world.
                  ~Deng Ming-Dao

                  Belly (肚)

                  0
                    自分の肚(お腹)を意識して過ごしている人は
                    どのぐらいいるだろう?そして、どれぐらいの
                    人がそこに耳を傾け、その声を聞いているか?
                    精神性という時、どうして人は頭で考えるのか?
                    なぜお偉い方の学術的な考えが人生に答えを与え
                    てくれると考えるのか?

                    私たちのお腹はお母さんと繋がっていたところ。
                    女性のお腹が、命をはらむことができるところ。
                    お腹がなければ食べ物を消化できないー考えや
                    感情も消化できない。お腹がなければちゃんと
                    真っすぐに座ることもできない。お腹がなければ
                    身体をねじったり曲げたりすることもできない。
                    なのになぜお腹に注意を向けてあげないのだろう?
                    ストレスを感じている時、痛みを受けて感じている
                    のはお腹だ。大笑いしている時、肚のそこからそれ
                    は来る。危険を感じる時、私たちは直感的に肚を
                    プロテクトする。

                    肚という漢字が”肉”と”土”で成り立つように
                    お腹は私たちの基盤、センター、中心なんだ。
                    (Everyday Taoより)


                    How many people think of their bellies?
                    How many people are aware of what goes on there?
                    Why think that spirituality is a matter of the head?
                    Why think that abstract and academic speculation of
                    philosophers will give you answers?
                    Our bellies are where we were connected to our mothers.
                    The bellies of women can give life.
                    Without the belly, you could not digest food---you'd be
                    capable of preicous little philosophy on an empty stomach.
                    Without the belly, you could not sit up straight.
                    Without the belly, you could neither twist nor torn.
                    Why do we ignore the belly?
                    When we are under stress or disappointed, it is often 
                    in our bellies that we feel pain.
                    When we are consumed with laughter, 
                    we laugh until our bellies hurt.
                    When we are threatened, we instinctively protect our bellies.
                    Just as the word 肚 combines the body and the earth, 
                    so too is the belly the true foundation of our efforts.

                    満月に

                    0
                      昨夜も月が綺麗でした。そして今日が満月。
                      RaMaDaSa(←クリック)- Love Vibration
                      Raa- Sun
                      Maa- Moon
                      Daa- Earth 
                      Saa- Impersonal infinity
                      Saa Say- Totally of infinity
                      So- Personal sense of merger and identity
                      Hung- The infinite vibrating and real
                      (7/31のワークはあと残1~2席になりました)


                      Official site

                      Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

                      Profile

                      Categories

                      Calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      Facebook

                      Selected entries

                      Archives

                      Mobile

                      qrcode

                      Others