<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
7/19~セルフチネイザンのお知らせ

セルフチネイザンのコース開催まで
約3週間となりました。

7月19日(毎水曜)から始まるこの4回のコースでは

五臓六腑を一つづつ捉えながら
その肉体的・精神的に担っている役割を確認し

5つのエネルギーがどう相互作用し
内側から私たちの健康を支えてくれているか
理解していきます。

そしてそこにタッチしながら
ていねいに五臓を感じてみます。

触れてあげることで
内臓にスペースができます。

スペースを作ることで
新しいエネルギーが流れます。
エネルギーは川の流れのように淀むことなく
流れていることが大切です。

また五臓は五感とも関係があります。
五感はセンシュアリティとも関係しています。

内臓が元気であるほどに
香り、音、色、食感、触感...
それらを感じ楽しむことができ、

感覚を楽しめるということは、悦びを大きくしてくれます。
それは性の力(生きる力)の刺激剤となってくれます。



必要な方にこのメッセージが届きますように。
そしてご参加を心からお待ちしています。
一緒に学び感じる時間を楽しみましょう。


 
     セルフチネイザン/全4回コース


日時:7月19日、26日、8月2日、9日(毎水曜日/全4回コース)
   13:30~17:30(開場:13:15~)

場所:タオゼン表参道スタジオ(地図:表参道より徒歩2分)

服装:お腹を出しやすくウエストに締め付けのないもの
   *スカート不可

料金:全4回コース ¥43,200 / 単発参加 ¥12,960
   リピート割引 ¥21,600 /リピート単発割引 ¥6,480
 
*全4回コース参加をお勧めします(五臓全体を学べます)

*リピート割引は
 これまでに土屋しずかが行ったセルフチネイザンのコース
 (タオゼンスタジオ以外でも)にフル参加された方が対象です。
 過去に1度だけ単発参加という方は割引の対象外となります。

*お申し込みの際にリピート割引ご希望の旨をお伝え下さい。


お申し込みはこちらから
日本チネイザン協会のサイト
http://chineitsang.jp/





 
セルフチネイザン4回コース in 表参道

お腹を出してゆったりと気持ちのいい季節に、
すべての活動が活発になり、デトックスも進む...

そんな7月〜8月にかけて
セルフチネイザンの4回コースを行います。

一緒にお腹を緩めたり、チャージしたりしながら
元気に夏を迎えましょう!
 

以下、ご案内になります。





 
「チネイザン」(気内臓)は古代中国の気功療法のひとつと言われ
”内臓の気を整える””気で内臓を整える”といった意味を持ちます。

私たちの内臓は
昼も夜も休むことなく機能しながら健康を保ってくれていますが
日々のストレスや否定的な感情、また添加物や加工食品などの
摂取によって、その環境は容易に変化してしまいます。

セルフチネイザンは、自分のお腹に直接触れて
内臓や心の状態を整えていきます。

横になった姿勢でゆったりと呼吸をして体を開き
内臓の感覚と繋がっていきます。

冷たい、暖かい、、張りがある、しぼんで元気がない....
動きがある、止まった感じがする、
悲しい感じ、イライラした感じ、あるいは何も感じない...

触れることで
実際に内臓の働きが促進されるのと同時に、

体の内側に起こっていることや感じていることを
観察する力が育つことで、

感情の波に飲み込まれたり自分がブレてしまった時にも
お腹=中心の感覚=安心感に戻りやすくなります


セルフチネイザンは、
このような症状や願いを持たれている方にお勧めします。

◉便秘/下痢をしがち、胃腸の調子を整えたい
◉内臓をもっと理解して元気になりたい
◉重たい体や心をスッキリさせたい
◉自分の中に安心感を育てたい
◉元気にはつらつとして願う現実を創造していきたい


コースでは以下の内容を扱います。

◉チネイザンとは / おへそについて / 五臓と五行について
◉呼吸と大腸(大切な排泄)
◉脾臓 / 肝臓 / 小腸(消化器の仕組み)
◉腎臓(子宮へのタッチを含む)

*各回を通して
気功・ヒーリングサウンズ(臓器への瞑想)を行います。


  興味ある方のご参加を心よりお待ちしています。



      セルフチネイザン/全4回コース


日時:7月19日、26日、8月2日、9日(毎水曜日/全4回コース)
   13:30~17:30(開場:13:15~)

場所:タオゼン表参道スタジオ(地図:表参道より徒歩2分)

服装:お腹を出しやすくウエストに締め付けのないもの
   *スカート不可

料金:全4回コース ¥43,200 / 単発参加 ¥12,960
   リピート割引 ¥21,600 /リピート単発割引 ¥6,480
 
*全4回コース参加をお勧めします(五臓全体を学べます)

*リピート割引は
 これまでに土屋しずかが行ったセルフチネイザンのコース
 (タオゼンスタジオ以外でも)にフル参加された方が対象です。
 過去に1度だけ単発参加という方は割引の対象外となります。

*お申し込みの際にリピート割引ご希望の旨をお伝え下さい。


お申し込みはこちらから
日本チネイザン協会のサイト
http://chineitsang.jp/





 
セルフチネイザンのご感想



桜の季節から始まった
春のセフルチネイザンのコース

東京での3weeksと関西での2daysを終え
今後のクラスをさらに充実させるべく
アイディアが湧いてきています。

このブログでは、
参加された方のご感想と
クラスの様子をご紹介します。。。


*****************************


[東京 3weeks 4月2/9/16日 つきよみ白金台にて]



チネイザンについて、初心者の私でしたが
お話がとても分かりやすく、なるほど〜と思うことが
たくさんありました。

みなさんの質問にもなるほど〜と。
チネイザンの奥深さをものすごく感じています。

ビデオも普通は絶対に見ることができないものなので
すごく面白かったです。知ったつもりで理科の授業してたな〜
なんてことも思ったりしました。

しずかさんがどの意見や質問も必ず受け止めてくださって
私は、その姿勢にも学びました。

一方的に教えるというよりも
一緒にいろんなことを発見していくという感じだったので
とてもリラックスした空間での学びだったと思います。

それにしても、お腹...内臓...は、おもしろいですね〜。
私はまだまだこれから仲良くなる段階です。

触ってあげることをしていると、いとおしくなってきますね。
そして自分に優しくなれる気がします。背中への呼吸も続けます。
とっても楽しい3週間でした。また受けたいです。(Mさん)



しずかさんの言葉が、チネイザンはもちろんのこと、
日々暖かい心で生活を送るキーワードとしても
内側に染み込みました。

セルフチネイザンもシックスヒーリンズサウンズも
皆で行うのと一人でやるのとでは、違う気づきがありますし
なんども繰り返し受講したいなぁと思いました。(Rさん)



本当に分かりやすく、自分がやりやすい方法を教えて
いただいたので、これからは気軽にできます。

しずかさんのWSは「〜でないと!」がないので
受けやすいです。例えばセルフチネイザンは仰向けでないと!
とか、スワイショウは必ず中心軸にいないと!とか。

今までセルフチネイザンは仰向けで!が絶対で
自分だけの時には罪悪感を感じながら(笑)
少し横になるくらいでした。

あんなにがっつり体を折り曲げたり、腰を浮かした
アクロバティックなのは初めてで嬉しかったです。
<しずかの注釈---飛んだり跳ねたりはしません!!>

希望としては月1回で
一つずつの臓器をじっくり習えたら理想的ですね。

いつも感じるのは、しずかさんのWSは毎回愛に溢れています!
絶対。これは間違いない!だから自然といろんな思考が
浮かんできて、楽しいです。(Nさん)

 
*****************************


[関西 2days 4月19/20日
         タイマッサージスタジオ コタオにて]




自分のお腹をここまできちんと触ることがなかったので
いろいろと体験できてよかったです。
自分の内臓をもっといたわってあげようと思います。

講座中の映像がとても分かりやすく、
臓器を想像しやすかったです。タオガーデンで習ったことも
(ヒーリングサウンンズや五行の話など)ちゃんと腑に落ちた
感があり、今後施術にもいかしていきたいと思います。(Yさん)



臓器を触り、向き合い、感じるという初体験づくしで
驚きと感動の連続でした。
今、体もスッキリし、心は幸福感に満ちています。
また機会があればリピートしたいです。(Nさん)



しずかさんの例えのように「五人の賢者」が体の中にいて
「いのち」を成り立たせてくれていることがわかって
とても嬉しいです。
今まできちんと目を向けてこなかった内臓や感情をいたわり
大事にしていきたいと思います。(Yさん)



日々の施術において、
対象となる臓器や手技にとらわれがちで、感情や心のあり方、
それを臓器と繋げることの足りなさを改めて実感しております。

また、体だけでなく「内側の解放」や心身のデトックスが
実感できました。しかもセルフで。
そして今まで以上に気功に興味が湧いております。(Yさん)



2日間、自分と向き合ってきて ....
最近やる気が怒らず、だるかったり、すぐにネガティブに
なっていたのですが、終わったあと本当にクリアになりました。
お客様の体に触れている時にも、お腹の施術の気持ち良さを
もっと伝えたいと思いました。(Aさん)



気になっていたセルフチネイザン、
分かりやすく楽しかったです。いろんな角度からの理解ができて
体験はやっぱり大事で、点と線が繋がり立体感が出て、
これらの経験がさらにこれから役立つだろうなと思いました。
(Hさん)



カラダをスキャンした感じです。
すごくカラダの中をイメージしやすくなったのが
今後の施術にいい影響が出ると思いました。

それより何よりしずかさんの声に癒されました。
ヒーリングの奥深さを感じさせられました。
感動しました。ありがとうございました。(Sさん)



最後に私から。

いつも素敵な場所を、快く貸してくださる
つきよみ白金台の小川千秋さん、
 
「関西でやりませんかぁ」と声をかけてくれ
オーガナイズから当日まで終始細かく心を配り、
クラスを実現させてくれたチネイザン仲間の林早苗ちゃん、

気が通って心地よく素敵なスペースを提供してくださり
こちらも終始暖かく接してくださった
タイマッサージスタジオ koh taoの山本慎也さん(シンさん)
 
それぞれの場所に足を運んでくださり
一緒にお腹の内側への旅を共にしたみなさん、

(そしてチネイザンというツールを手渡してくれ、これまで
インスピレーションを与えてくれた多くの師も含めて)

 
本当に、ありがとうございました!

 
セルフチネイザンで何ができるのか、
チネイザンを通して何を共有できるのか、
私は何を体現できるのか。。。


本質を知り、幸せを実現していく旅は、これからも続きます。
その旅の途中で、こうやって素晴らしい人たちに出会え
同じ波長で振動しあい成長しあえることは、大きな喜びです。




 
セルフチネイザン in 東京&兵庫

4月に、
セルフチネイザンのクラスを東京と兵庫で行います。
兵庫のクラスは、チネイザンプラクティショナー仲間の
林早苗さんがオーガナイズしてくださっています。

どちらのクラスも12時間をかけて、

🔸 お腹の(内臓の)基本的な働きを知り
🔸 自分でできる内臓ケアの仕方を学び
🔸 毎日を軽快なお腹と気持ちで過ごせる

それらを体験・習得していくクラスになります。

🔸 便秘/下痢をしがち、胃腸の調子を整えたい
🔸 なんとなく重たい体や気分をスッキリさせたい
🔸 自分の内側(臓器や気持ち)ともっと繋がりたい

そんなふうに思っている方、
自分の内側との付き合い方を知りたい方、
親密性を高めたい方、、、

ご連絡お待ちしています。


内容のボリュームが多くなりますので、
まずは日程等の詳細からお知らせいたします。


💗 セルフチネイザン東京 3weeksクラス

テーマ:”健やかで軽やかな体と心を育む”

日時:2017年4月2/9/16日(日曜日 3weeks)
   13:30~17:30(4時間 x 3weeks)


場所:つきよみ白金台
   地下鉄白金台・JR恵比寿駅より徒歩8~13分圏内
 
参加費:¥30,000(税込)
    ¥21,000(税込/以前コースに参加された方対象
          ただし単発参加は対象外となります)

服装:お腹が出しやすくウエストの締め付けのないもの
   *会場での着替えも可能です。

持ち物:ヨガマット・上掛け(横になった際の冷え対策用)
    筆記用具・各自お飲物

クラス概要:気功とストレッチ
      座学:チネイザンとは?
         おへそについて
         五臓の解剖学
         五行と五臓
      手技:おへそ・大腸・小腸・胃・肝臓・腎臓
      瞑想:ヒーリングサウンズ(臓器への瞑想)
(クラスは進行状況により内容が多少変更される場合もあります)

注意事項:

現在持病や通院をされている方は事前にお知らせください。
妊娠の可能性のある方(妊娠初期)はご参加いただけません。
生理中でもご参加いただけます。


お申込:件名に「セルフチネイザン3weeks」
    本文に氏名・メールアドレス・電話番号をご明記の上
    shizbelly@gmail.comまでご連絡ください。

お支払:事前振込みとなります。
    お申込み頂いた方に折り返し振込先をお知らせします。
    ご予約はご入金の確認をもって完了とさせて頂きます。

キャンセルポリシー:

ご入金確認後にキャンセルされた場合、参加料金について下記の
キャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。ご返金させて
頂く際には、銀行振込み等の手数料を差し引いた金額となります。
● WSの前日までにキャンセルされた場合:参加費の50%
● WS当日にキャンセルされた場合:参加費の100%



💗 セルフチネイザン兵庫 2daysクラス

テーマ:”健やかで軽やかな体と心を育む”

日時:2017年4月19日(水)20日(木) 2days 
   10:00~17:00(ランチ休憩1時間あり)


場所:タイマッサージスタジオkohtao武庫之荘661-0033
   兵庫県尼崎市南武庫之荘5-15-28
   
   阪急神戸線「武庫之荘駅」南出口から西へ徒歩5分
   kohtaoさんのウェブサイト

参加費:早割料金 ¥29,160(3月末までにお申し込みの方)
    通常料金 ¥31,320

定員:10名

持ち物:ヨガマット・ブランケット(仰向けでお腹を出すので
    お腹が冷えないようにお持ちください)筆記用具・
    各自飲み物・昼食(近くにスーパー・飲食店あり)

    *当日はお腹が出せる服装でお越しください。
     お着替えも可能です。

スケジュール:
1日目:●気功とストレッチ
    ●座学:チネイザンとは?/おへそについて/五臓の解剖学
    ●手技:おへそ/大腸(肺)/小腸(心)
    ●瞑想:ヒーリングサウンズ(臓器のクレンジング瞑想)
2日目:●気功とストレッチ
    ●座学:五行と五臓
    ●手技:1日目の風習と脾・肝・腎
    ●瞑想:ヒーリングサウンズ
(コース内容は進行状況によって多少変更される場合もあります)

注意事項:上記東京クラスに準じます。

お申込方法:件名「4月セルフチネイザンWS」
      氏名
      ご連絡先
      メールアドレス
      常軌を記入の上、s.sunflower44@gmail.com
      林早苗(はやしさなえ)宛にご連絡ください。

お支払方法:口座振り込み。
      ご連絡頂いた方に、折り返し振込先をお伝えします。
      ご入金確認後、ご予約完了となります。

キャンセルポリシー:上記東京クラスに準じます。

Facebookのイベント欄にオーガナイザー林早苗さんが
アップしてくださった詳細が載っています

兵庫でのチネイザン個人セッション(4/21)の枠に関しても
こちら(FB)にてご確認ください。



以下、今回の4月クラス開催において、
私からのメッセージを載せておきます。(写真の後にあります)

 


私たちが毎日を生き生きと、心豊かに
自分の夢や目標に向かって生きるためには
健やかで軽やかな体と心が大切です。


でも日々の生活の中で
人間関係によるストレスや感情を溜め込んでしまったり
お手軽な加工食品で食事を済ませることが続いたり
運動不足で気(生命力)の流れがせき止められてしまうと
それらが体調不良や病気を引き起こす原因になってしまいます。
(働き過ぎ、事故、手術や薬の常用なども同様です)


健康診断では何ともないと言われたけれど
体調がすぐれない。。。何となく気分が塞ぎがち。
もやもやする、体が重い、心が重い。。。
そんな状態を訴える方が多く見受けられます。


真ん中(お腹)が詰まり、
その働きや気の流れがブロックされると
様々なところに影響が出てきます。
便秘・頭痛・浮腫み・冷え・免疫力低下によるアレルギー症状...


また臓器が感情と深い関わりがあることは
中医学、五行論でも言われてきていますが
西洋医学の側からも
”幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンが腸管で作られ
腸と感情の間には深い関係があることは昨今の研究で
広く知られてきています。

(*セロトニン:不安やイライラを抑える働きがあり
不足すると怒りっぽい、不安になる、やる気がなくなる
などの状態を招く)


幸せを感じられるのは、
実はお腹の状態に大きく関係しているということが
よくわかりますね。


そしてここからが
今回のセルフチネイザンのクラスの説明になるのですが、


まず「チネイザン」(気内臓)は、古代中国の気功法の
ひとつと言われ、内臓の気を整える、気で内臓を整える
といった意味を持つ療法です。


そしてセルフチネイザンは、
自分で自分の内臓の気を整えるプラクティスになります。


ゆったりとした呼吸で体と心を開き、
内側へと入っていき、体の感覚に耳を澄ませていきます。


内側に(内臓に)どんな感覚があるのか。
冷たいのか、暖かいのか、
張りがあるのか、しぼんで元気がないのか、
動きがあるか、止まっているか、
嫌な感じか、いい感じか。。。


テクノロジーに頼ってしまい、
使わなくなってしまっている体の感覚、、
また自分へのジャッジや「○○すべき」もやめて
まずは内臓の真の感覚の声を聞いていきます。


この、ガッツフィーリング(内臓感覚)が
魂の声と最も近いものだからです。


そしてそんな感覚にOKを出して安らいだ状態でいると
自分にとって親しみのある感情が自然と出てくることも
あるでしょう。


また感情も感覚も何も出てこないこともあるでしょう。


傷つくことを恐れるため、感じたくないことは
”ないもの(影)”としてしまっているため、
本人さえもわからなくなってしまうからです。


でもそれでもOKです。


これまで歩いてきた人生、一生懸命頑張ってきたのですから。
内臓もあなたをサポートして頑張り続けてきたのですから。


私たちが更なる成長を望めば、
感情の影は表面に出てこざるを得なくなります。
なぜならそこを受け入れてこそ、本当の(全部の)”私”に
なれるから。


だから、何も感じられないところも、
痛かったり、硬くなってサインを出しているところも
今は全て愛おしく受け止めて、愛で自分の中に入っていきます。


セルフチネイザンは
実際に自分の臓器に触れていきながら
自分との親密感や、自分を観察する力を育て
健やかで軽やかな体と心を育んでいくための
セルフラブのプラクティスなのだと思うのです。


長くなりましたが、
興味のある方のご参加をお待ちしています。
 


 
セルフチネイザン5weeksを遊ぶ

**九州の余震がまだ続いていますね。知り合いが
熊本入りしましたが、被害は地域によってだいぶ偏
っているようです。今後の雨の心配もあるようです。

今回の災害でお亡くなりになられた方のご冥福を
お祈りするとともに、被害がこれ以上大きくなら
ないことを願うばかりです。
 
そして被災されている方が、いちにちも早く安心
した日常を取り戻せますように。
 
私は友人の主催するWakana Studioさんの活動を通
して応援・支援しています。

 
さて、そんな中ではありますが。。。
 
5月18日からスタートする
セルフチネイザン5weeksまで1ヶ月を切りました。
今回のコースはこんな感じでいきます...ということ
書いてみました。

 

 
"腸”や”腸内細菌”への意識が高まる昨今、
何を摂取するかということが大切なことは言うまで
もないことで、ただ,いくら身体にいいと言われる
物を食べても、内臓がそれを消化・吸収・排泄する
力を持っていないと、食べ物が栄養として血肉に
(そして考え方にも)なっていきません。
 
内臓が元気でいるためには、食事や水分や適度な
運動の他に、心(気持ち)の在り方がとても重要に
なります。それが腸内環境を変化させるからです。
 
今回のセルフチネイザンでは、実際にハンズオンで
腸に触れることの他に、呼吸や意識を使って内臓に
タッチしながら、腸内の環境を整えていきます。
 
内臓の空間を暖かい意識で満たしてってみます。
 
例えば、
 
内臓はセンサーとしての感覚器官と繋がっています。
(腎臓が耳:聴力、肝臓が目:視覚というふうに)
 
いつもは外へ向かっているセンサーを内側へと向け
臓器の中で休ませます...無邪気な子が母親のもとへ
帰るように。
 
子供にとって母親という安心があると、また好奇心
をもって外へと飛び出していくことができるように、
感覚器官も臓器とともに充電されて、
 
五感(聴く/見る/味わう/匂う/触れる)が豊かに
なるのを感じるかもしれません。
 
私たちは五感を使って生きていますから、五感が豊
かになるということは、より生き生きと瑞々しく生
きることにも繋がっていきますね。


いつもより丁寧に、内臓をいたわることに意識を向
けて、両手を合わせてお参りをするように、感謝と
共に静かに自分の内側へと入り、そこにいてみます。
何もジャッジすることなく、考えることもなく。
 
そしてそこに何を感じるか、感じてみます。感じる
ということを忘れてしまっていたら、それを思い出
してあげましょう。英語には"guts feeling"という
言葉がありますが、
 
内臓の感情...臓器で感じることをやってみます。
そしてそれは、自分に正直でいるということでも
あります。
 
感じること、正直でいることの練習です。
(AFPのエクササイズと同じですね。。。)
 

そうすると自然と少しづつ、内臓環境も整って
いくでしょう。。。
 
遊ぶ感覚でやっていきます。。。
 
体験しにいらしてください。
 
お申し込みはこちらへ→タオゼンスタジオ
 
その他、内容に関するご諮問・お問い合わせは
shizbelly@gmail.comまでお気軽にどうぞ。
 


 
セルフチネイザン 5weeks

 
あなたは
お腹の中の世界を意識したことはありますか?

景色で例えると....
そこには山がそびえ大地が横たわり(臓器)
河が流れていて(血液/リンパ液)
空間には風(呼吸)がそよいでいる....

緑豊かで(肝)
太陽は燦々と照り(心)
大地は肥沃でソフトで栄養に満ち(脾)
爽やかな空気の中で(肺)
瑞々しく河が流れる...(腎)

こんな↑自然の中ではエネルギーも循環します。

そして私たちも皆、その自然と同じシステムを
身体(お腹)の中に持っています。

毎日一緒にいて、どこに行くにも一緒である
この身体の内側の自然が、居心地いいほうが
いいですよね。
 
そのためには、自分のお腹の中と親しくなって
そこを知っておくことが大切です。
 
例えば、今は春ですから
肝臓はどこにあるのでしょう?
それはどんな働きをしているんでしょう?
思考や感情とどんな関係があるんでしょう?

お腹の中は
見えないから、わからないから不調が起こると
不安になります。でも少しでも知っておいたり
感知できるようになると、安心が生まれます。

そして、臓器は意識すればする程,それに応え
てくれるようになります。つまり機能が高まり
ます。
 

また、あなたは
身体や心、思考を司っているのは「自分」だと
思ってませんか?「臓器」の働きによって
”生かされている”と考えたことはありますか?

内臓がちゃんと機能していてくれるおかげで
私たちは元気でいられるんです。

内臓が弱ってくると、感情や気持ちにまで影響
したり、逆に否定的な感情が臓器を傷めたりし
てしまいますね。

感情とは不思議なエネルギーです。
思考との関係も深いですが
"腸(はらわた)が煮えくり返る”とか
“腹が立つ”などと言われるように
それが宿るのはお腹の中です。

お腹が寛ぐと、気持ちも自然と寛いでいきます。
お腹が喜ぶと思考も楽しいことを考え始めます。
口から出てくる言葉さえ変わっていきます。


ですので、
日頃から内側のケアをしておいてあげましょう。
内臓に感謝の意識で触れて、自分の内側を愛と
感謝で満たしてみましょう。

あなたの身体を本当にケアすることができるのは
だれでもなく、あなた自身なのですから。

 
そのためのシンプルで簡単な方法として
セルフチネイザンがあります。

チネイザン(気内臓)は、タオ (万物と調和して
自分らしく楽に生きることを説く中国の教え)に
伝わる自然療法で、内臓の気を整えてくれます。

今回のセルフチネイザンの5回コースでは、
意識的な呼吸とともに臓器に触れたり、
ふだん外側へと流れている感覚器官(五感)の
エネルギーを五臓に向けることで臓器が滋養さ
れていく感覚を味わってみます。

5週間かけて、五臓と親密になり、そこに寛い
でいくことで、あなたの本来の力や瑞々しい
フレッシュな感覚が現れてくるかもしれません。
 
何が起こるか、、、一緒にみていきませんか。



    セルフチネイザン 5weeks

日程:5/18, 5/25, 6/1, 6/8, 6/15(毎水曜5回)

時間:13:30~17:30

場所:タオゼン表参道スタジオ

服装:お腹が出しやすく動きやすい服装
ウエストの締め付けの緩いものでお越し下さい。

料金:5回コース / ¥43,200(税込) 
   単発参加 /  ¥9,720 (税込)

リピート割引:5回コース / ¥34,560(税込) 
   単発参加 /  ¥7,770 (税込)

内容:5/18---チネイザンとは?お臍/ 肺・大腸
   5/25---呼吸 /大腸の復習 / 五行理論
   6/1----脾臓・胃 / 肝臓・胆嚢
   6/8----心臓・小腸
   6/15---腎臓・膀胱/生殖器

*各回を通して気功やヒーリングサウンズ
(色と音を使った臓器への瞑想)も練習します。

お問い合わせ・お申し込みはこちらタオゼンスタジオ
までお願いいたしたします。
 
セルフチネイザンweek4

 
セルフチネイザンのコース全4回が終了しました。
4週目は「小腸」に関してでした。
 
小腸ーここを意識しながら生活している方はどのぐらい
いるでしょうか。。
 
でも今や空前の「腸」ブーム。腸に関して様々な本が出
され、ネットでもいろんな記事を読むことができますね。
なので、ここでは簡単に説明しておきます。

まず、小腸は胃(とその他の消化器官)で消化された食物
の「吸収」をするところです。
 
”消化”とは、食べた物の栄養素が吸収できる形になる
まで分解されること、そして”吸収"とはその栄養素が
血管やリンパ管を通って肝臓や静脈に送りこまれ、血肉
・エネルギーに変換されることです。それによって私達
はこうやって生きていることができるんですね。
 
その他の大切な特質は---
”免疫”に関わっているということです。

小腸には腸管免疫と言ってパイエル板という独自のリン
パ管が存在し、有害物質を撃退してくれているのです。
(全身の免疫細胞の60~70%が集中していると言われて
います)

だから消化不良などで小腸の働きが衰え、腸内で腐敗や
発酵が起こり悪玉菌が増加すると、自己免疫が弱り、
アトピーや喘息、リウマチなどの発生や悪化の原因にも
なってしまいます。
 
小腸の状態を悪くする=免疫力を弱めてしまうこと、を
起こさないためにも、食は重要な要素です。そして“気持
ちの持ちよう”も大切なポイントです。
 
否定的な感情が湧いている時には何も食べない方がいい
でしょう。食べたものが消化されません。食べる時には
友達や家族と、楽しく食べることです。消化が促進され
ます。

また、よく噛みましょう。噛むことから消化は始ります。
でも実際にはその前から始まっています。食材の買い物
をしている時、出来上がった料理を目で楽しんでいる時
です。だから腸のためにも自分でちゃんと料理をする時
間も持ちましょう。

もう一つ、最近特に言われていることがこちらですね。
腸を温めると幸せホルモンがつくられる
腸がうつ病を支配する  (クリックでリンクに飛びます)
「腸」をキーワードに検索すると上記のような記事が
たくさん出てきます。どうぞご自身でも色々調べてみて
下さい。

    
       
そしてここからが4回目のセルフチネイザンの本題です。

五行で小腸は心と表裏関係にありますね。
(心が陰で小腸が陽)あるいは親子関係、またあるいは
心のもつ特質を小腸が具現化する関係とも言えます。
 
心は五臓の中でも中心的存在です。五臓のまとめ役、
火のエッセンス、惑星の中の太陽のような存在、そして
魂の宿るところ。神(シン:心)の宿るところです。
 
それを小腸が体現しているとすると、
大切なもの(神)を内に秘めているので深みがあります。
そして歓び・喜がその本質なので、遊び心をそそるよう
なタッチも小腸をサポートします。

呼吸と一緒に行ないましょう。呼吸はとても大切です。
ぎゅっと固まってしまっている小腸や腸間膜にスペース
を作ってくれて、腸の動きを助けます。
 
心に問題を抱えている方は、深い呼吸と共に、小腸にじ
っくり触ってあげるといいでしょう。
 
そして何よりも一番簡いいのは、笑うことです。
 
笑うと、お腹の底が揺れますね。腹の底から笑うという
のが小腸のために一番です。小腸のシェイキングの技法
はそれを疑似体験させているのだと思います。

最後に。

感情は食べ物と同じ消化経路を辿ると言われています。
だから未消化な感情は小腸に残り、あるいはそこを傷め
てしまうかもしれません。深い呼吸とともに小腸に触れ
てあげましょう。

そしてしっかりと睡眠をとり、夢をたくさん見て下さい。
夢は感情の浄化をしてくれると言われています。
 
本当に最後に。

このコースに参加して下さった方のいくつかの感想を載
せさせていただきます。皆さんご参加ありがとうござい
ました。習った道具を上手く使いこなしていって下さい。
 



これまで2回コースを受けさせていただきました。一番
感じたことは、毎回受講後に心身ともにとてもすっきり
することです。日々の雑念が晴れている感じが自分でも
分かり、この講座を受けた後、仕事にとても集中できる
こと、人に対する向き合い方に余裕が出ていることも、
よくわかります。明日からなるべくこの流れを一通り行
なう時間を作りたいです。ありがとうございました。
Uさん

全4回受けて、終わった時にもっと色々知りたいと思い
ました。自分で触って、特に講座が終わった日の終わり
には、満たされた感が今までにないくらい半端なかった
です。何も必要ないなぁとか、とにかく自分で自分を満
たせることを知られてよかったです。
ありがとうございました。
Bさん
 
今回のクラスを受けることによって自分の内臓をとても
意識するようになりました。毎日お腹に触れることによ
って、今日はどうかな?と自分の体調に対しても気にす
るようになり、日々の変化が楽しみになりました。少し
ずつ、できることをこれからも行なって行きたいと思い
ました。他の臓器についてももっと学びたくなりました。
ありがとうございました。
Mさん
 
食と内臓と感情の関係は、もっと知りたいです。今回が
3回目の参加でしたが、毎回違いがあって面白いです。
セルフチネイザンでの発見がチネイザンのセッションに
還元されて,チネイザンでの発見がセルフに役立って、
この半月、発見が楽しかったです。
Hさん

 
セルフチネイザンweek3

 
先週金曜日、セルフチネイザンweek3のクラスでは
解剖学のDVDで大腸を視覚的に捉え、それを自分の
お腹に置き換えて指(手)の感覚で実際に捉えていく
セルフチネイザンのタッチを練習しました。

どの臓器もそうですが、サポートする気持ちで触っ
てあげると、皆喜びます。

指(手)の感覚というのは、触覚ですね。

触覚とは五感の内のひとつです。

五感は五臓のエネルギーとも繋がっています。
(例えば、肺は鼻と通じる=嗅覚というように)

そして五感は使ったり、磨いたり、休ませてげると
活性化しますね。
 
参加者の方のシェアで、こんなものがありました。

「大腸のセルフチネイザンを続けていたら、臭覚が
敏感になりました。とくにイヤな臭が気になるよう
になって。。。」

面白いですね。
大腸=肺=嗅覚との関係なのかもしれませんね。

嗅覚の他にも、こういうことはよくあります。
視覚がクリアになった、味覚が敏感になった等。

五臓が内側で見守る母親だとすると、五感は外側に
向かって自由に遊び回る子供のような存在です。

外で楽しく遊んだら、お母さんのもとで休むことも
大切です。五感と五臓を繋げる練習で両方の感覚が
休まり、滋養され、育っていきます。

なので、いつもは外側に向かっている五感を、内側
母親の元で休ませてあげる瞑想も紹介しました。

情報社会の中で暮らしていると、頭にばかりエネル
ギーが行ってしまい感じることが希薄になりがちす。
 
タオは感じることから始めます。
感じることを豊かに味わう練習をしていきましょう。

身体の中を感じていくと、ちょっとした内臓環境の
変化で、それが周りの筋肉や腱に影響することや、
女性の場合、排卵や生理によって内臓環境が微妙に
変化することも分かってくるでしょうし、
 
自然に春夏秋冬のリズムがあるように、身体にも
一定のリズムや智慧が備わっていることが分かって
くると、何か少し異変を感じた時に、これは大丈夫、
そうでない、、という感覚がでてきます。(”そうで
ない”と感じた時にはお医者様の所に行って下さい)

ということで。。。
 
あとは、風通しのよいお腹、幸せが育つお腹のため
の基本ポイントをあげておきます。

そして、来週は小腸にもタッチします。


食べることに関して

●繊維質の多いもの・水分を充分に摂る
●植物性乳酸菌を含む発酵食を摂ることを心がける
●毒素を生み出す食べ物を避ける
(加工食品、お菓子、ファストフード、アルコール、煙草等)
●食べ過ぎない
 
運動に関して

●自分にあったエクササイズで腸の蠕動運動を促す
●エクササイズで酸素を腸に取り入れ、細胞の生命力を高める
●毎日少しづつでも意識的な呼吸を伴う動きを行なう

感情面に関して

●言葉や感情を食べ物のように味わい、自分の感情を観察する
●否定的な感情が湧いているときには食事は避ける
●手放すことを練習する(溜め込まない)

その他

●ファスティングで腸を休める
●自分に優しくする
●よく笑い、泣き、楽しむ
 

 
セルフチネイザンweek2

・・・
これはキョンシーが横になっている姿、、、ではありません。
セルフチネイザンコースの第2回目のひとコマです。
お腹を緩めているところ。
 

 
たいがいの人は、内臓を、お腹の中に収まっている肉片と捉え
ているのではないでしょうか。。。

タオの教えでは、五臓にはそれぞれにスピリットが宿っている
と言われています。5人の純粋な子供とか、賢者と表現される
こともあります。

そこには感情や精神的なものとの深い関わりがあるということ
を古のタオイストは瞑想から導きだしていたのでしょうか。

今や「腸」が健康ブームの波に乗り、西洋医学的にも脳と腸の
の関係についての研究が進み、幸福感は腸内環境が大きく影響
する(お腹と感情の関係)ということは、皆さん周知のことです
ね。
 
お腹の中に収まって、肉体を維持するという働きだけでなく、
感情や精神的な部分にも大きく関わっている内臓、、、
 
だからそこに触れる時には、押したり揉んだりこねたりするの
ではなく、大切なもの(人)を扱うようにタッチしていくんです。
心地よい刺激で。

私たちがお腹の主なのではなくて、お腹が私たちを生かして
くれ、全てを請け負ってくれているということに感謝しなが
ら触れてみましょう。

微笑みに微笑み返しがあるように、内臓だってやさしくされた
ら喜びます。そうやって自分と臓器の関係を作っていくんです。
 
大切にするほど、意識をするほど、内臓は応えてくれます。
調子が良くなっていって、私たちを内側から助けてくれます。



 
セルフチネイザンコースweek1

 
セルフチネイザンのコースが始まりました。
第1回目はraw foodを食しながらの座学。

食べ物について、便について、腸内環境について、
そして腸内環境と脳の関係、気持ちへの影響など、
ベジフルハートの講師、森田里美さんにお話して
いただきました。
 
森田さん、ありがとうございました。
 
 
 
「酵素入りのウェルカムドリンクを飲んだ時から
すでに身体がぽかぽか暖まりました」

「生ものは身体を冷やすと避けていたのですが、
身体が暖まり、今までの囚われがひっくり返り
ました」
 
「お便りの量がすごかったです!」

などのフィードバックを頂き、酵素を豊富に含む
生きた食材の力を改めて感じました。


 
「食」に関しては様々な情報が出回っています。

自分の体質や体調によっては、良しとされている
ものが合わない事もありますので、何が自分に
合うか合わないか、頭ではなく身体に聞いていく
ことが大切ですね。
 
そのためには、それが分かる身体の力 (腸力)や
繊細さが必要になります。

そして来週からは、実際に「腸」へのタッチに
に入っていきます。
 
五臓はお腹の中で互いに関係し合いながら健康な
状態を保とうと頑張ってくれています。その中の、
まずは大腸 (+肺)にフォーカスします。
 
そこは呼吸と排泄=手放しです。出さないと新しい
もの(気も栄養もやる気)も入ってこられません。

不用なものは手放して、すっきりした腸と気持ちで
次の季節(腎:本質)へと向かいましょう。