<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
永遠の女神
 なんだろうこの圧倒的な存在感。
 そこにいるだけで周りの空気が変わる。
 そして踊るとその場のエネルギーが
 大きく広がる、混ざり合う、スパークする。
   Mishaalが一時帰国している。
  これはトルコレストランHaremで。
  その存在、そのバイブレーション、
  話す言葉すべてにインスパイアされる。
   
   Dream Big.......頂いた言葉。
  彼女自身の生き方でもあるんだろうな。
rumiのポエム
MishaalのTrance and Ecstatic Danceのセッション後
その体験もまだ上手く言葉にできないまま暑い日々が過ぎる。
そしてずっと頭の中でTemple of Jehanの歌詞が鳴り響く。
sisterhood---激しくも暖かい夜だった。
いつか言葉にできる時にもっと書いてみる。
だからいまのところは、このrumiの詩を。

love grows when you
refuse to follow the impulses of fear and anger
from your desires from the heart 
and watch the Higher Self carry them out
cultivate the peace of inner silence
put your attention on positive energies 
in every situation
honor our own needs 
without having to seek outside approval
believe that you are loveable just as you are.

女神性
ダンスがうまくなるにはどうしたらいいか
と質問した生徒さんに、私の師の答えは、
take risks
live your own dream
find out who you are

だった。

教えをそのまま生きている。
エネルギッシュに余す所無く与え
自由になる事を教えてくれる。
私のそして皆の魂の栄養。

”女神”ーーで浮かぶのはMishaalだ。
女神と一言で言っても国や歴史をまたいで
いろんな女神がいるけれど、そのいろんな
性質の幅を内に秘め、導く。

好きなクラスなのに足が重たい時もあった。
自分をさらけ出さなければいけないし
感情を表現しなければいけないし
自分の弱い部分からシェアをする勇気がいるし
そして思うように体が動いてくれないし。。。

でも毎週のこんなチャレンジも後少しで終わってしまう。
いや終わるとは考えないようにしよう。

みんなのハートに育った女神のエッセンスは
消える事ないだろうから。
呼吸をする度ににそのエッセンスは息づいて
いるだろうから。
でも、やっぱり寂しい。。。。。


dance totally
dance totally with energy
move the ball of light going through 
awaken all the corners of the body 
the light travel through the body
from the heart
be fearless
be willing

今日のBerllydandeのクラスでの
Mishaalの言葉。
Colleena Shakti
母なる女神よ、
私が真の美を反映できるよう、
私のエゴを食べつくしてください。
母なる女神よ、
私が真の力を知ることができるよう、
恐れを破壊してください。
Jai Durga Ma
美の奇跡
フライヤーのタイトル通り”美の奇跡”
神の作品としか思えない。


     (↑DVD:Dynamic Drum Solo with Sadie)

ベリーダンサーSadieのショーを見て来た。
ステージに現れた瞬間にぐっと引きつけるエネルギー。
そしてあの曲線美とダンス。
どうなってんでしょ?あの身体。あの動き。
息をのむ。あるいはAhhhとかOhhhしかでてこない。

優雅にそして激しく、こともなげに踊っているけれど
きっと練習のたまもの。彼女のDVD見ればわかります。
ハードですもの。筋肉痛くなります。

美しさの表現の仕方にもいろいろあるけれど
ダンスを観ると人間万歳!っていう気持ちになる。
からだって美しい。からだってすごい。
そして内側からほとばしるエネルギーがすごい。
生きている瞬間がそこにある。

小学生の頃、映画のヒロインと自分を重ね合わせたように
帰りの電車の中で、とうてい重ならない世界レベルの
ダンサーと自分を重ね合わせて夢見る私がいた。
夢は大きく.....


StarPeople
いま書店に置かれているVol.32に
Mishaalの記事が載っている。
ミシャールについては前にも書いているが
ベリーダンスの先生。

この号が発売された時
彼女は嬉しそうに、こう話していた。

”今まで幾度か取材を受けて記事にされた事はあるけれど
いつもダンスについての神髄の部分はカットされていたの。
ダンスとスピリチュアリティを語ると敬遠されてしまって
一番言いたい部分を載せてもらえなかった...
でも今回は伝えたかった事をしっかり書いてくれている”

テクニックとか、いかに美しく見せるかとか
シェイプアップ効果といった題目はない。
(この手のキャッチーなものは好まれる)

ベリーダンスは内的な表現であり、自己成長や進化であり
ダンスを通しての女性性のあり方なども綴られている。。。

詳しい内容は...彼女自身の言葉で。
書店へGO!
ワインで身体を暖めながら
 
寒いですね。雨も冷たいですね。
こんな日は家であたたかいスープなんかを作って
ゆっくり過ごしたいものです。

ところでいきなりベリーの写真を載せましたが
私の友人がオーガニックcafe&restaurant
ハスハチキッチン(東日本橋)で踊ります。

有機ワイン”ブリケッラ”の会ということで
イタリアの有機ワインを舌で楽しみながら
ダンスで目も楽しませてくれる企画のようです。

KahinaとShalaは素晴らしいダンサーです。
私も彼女達に会いに駆けつける予定。
詳しくはこちら。

柔らかいおなか


木曜の朝はベリーダンスの日。
マイペースで通っているので一向に上達はしないのだけれど
ここに来るといつも元気になれる。
そして心から”life is beautiful"と感じられる。

最近の内容はクラスというよりワークショップだ。
エゴを捨てるプラクティス。
Be here ここにいて
自分を受け入れて
間違った(間違うという事もそもそもないのだけれど)
動きをしても一瞬一瞬自分を許していく。
どう見られるかは問題ではなく,
どう感じて100%私たちの中にある光を出し切れるか。

accept
forgive
love

こういう事をダンスを通してやってるんです。

恥ずかしいとか自分に対する批判を手放して
頭の中をリラックスさせてソフトにして
身体を目覚めさせ、手放していく。
そしてそれを体現していく。。。
簡単なことじゃあありません。

でもいつもわくわくするんですね。
Mishaal(先生)の言う事は、
彼女がそれを生きているから
とても心に響くし、感動すらする。
あーっもっと練習しないと。。。。



今日はレッスンの後でHPに載せるチネイザンの
写真のモデルになってもらいました。


お腹を撮られるのなら、ちょっと引き締めておかないと、、、
とお茶目に腹筋を始めた! でもね、赤ちゃんのお腹みたいに
柔らかかった! accept forgive love を生きてる人のお腹だ。。

ベりー探求記も続く。。。。