2009へのオマージュ

0
    過ぎ行く2009年を目前にして
    お世話になった方々への感謝の気持ちを綴ってみました。
    個人的なメッセージです。
    まず、一年を通してお世話になったタオゼンの大内さん。
    山じゅんや杉本さん、ユッキーにもお世話になりました。
    チネイザンのクラスでは名ばかりのアシスタントでしたが
    参加させていただくことで新しい学びがありました。
    そして2期生の皆にも、ありがとう。
    ミシャール。心に響く、身体に響くクラスをありがとう。
    ダンスを通して女性としての生き方まで教えられました。
    そしてミシャールのクラスで知り合ったクラスメートの皆。
    ゆみちゃん、いつも私を引っぱってくれてありがとう。
    ゆみちゃんのおかげでいろんな実りがありました。
    タリカ。生き方や言動からいろいろ教わることがある。
    一緒のワークではお世話になりました。
    これからも宜しくお願いしたいです。
    しょうこと千葉さん。
    PC音痴な私を助けてくれてありがとう。
    李さん。タッキーの護摩に誘ってくれて
    あの頃から私の中に”火”がつきました。
    ありがとう。
    厳しい事をいってくれることもありがたい。
    タッキーとジョーにもありがとう。
    チネイザンを受けに来てくれた
    全てのクライアントの方々。
    少しでも何かの発見があればと願います。
    マンダリンのスパの同友のみんな。
    一緒に楽しく働く事ができるのは
    お笑い(”笑い”ではなくどちらかというと
    ”お笑い”の方)のセンスがあるからね。
    こうじさんとせみくん。
    タイマッサージのクラスでは
    貴重な教えと楽しいひとときをいつも
    提供してくれる。ありがとう。
    母と姉に。
    一人ですきなことばかりしてます。
    すみません。
    他にも、とてもお世話になった方,
    新しく出会った方や、
    海の向こうの大切な友人達にも
    同じ気持ちを送ります。
    出会いを通していろんな経験をさせてくれた
    みんなに感謝。
    そして頑張ってきた私のからだにも。
    本当に今年いちねん、ありがとう。
    この出会いや実りを大切にして、
    2010年が皆にとって広がりのあるものになりますように。 
     
                               photo by tomoyuki chiba

    チネイザン考2

    0
      ここのところ純粋にレジャーとしての旅行に
      もう何年も出ていない。
      今回のマレーシアはチネイザンのWS参加のため。
      でもそれが歓びであるから全く問題ないのだけれどね。

      チネイザン...呼吸法やいろんなテクニックはさておき
      今回は更に自分と向き合わさせられる。
      私の中にはまだまだ恐れとか
      避けているものがあるということ。。。

      チネイザンに限らず、ダンスのクラスでも
      いろんな所で今シンクロして降りて来ている
      メッセージがこれ。ここをやっておかないと。
      自分の中でのワークが出来ていなければ
      シェアすることはできないですもの。

      チネイザンは...広い意味で”繋がる”という
      暖かくそして多分シンプルなものだと思う。
      そして繋がるためにはルーティングの力とか、
      自分へのワークとか、
      その場をしっかりホールドできるだけの器がないと。

      時差はあまりないのに時差ぼけが続いている状態。
      頭の中がもっとクリアになったらもう少し
      的確に言いたい事を書けると思う。。。
      (まぁいつもこんな感じではあるけれど。。。)

      そして、

      AndyとLiana。
      Lianaには今回初めてクアラルンプールであったんだけど
      旧友のように親しくしてくれた。チャーミング。
      私の”マレーシア料理三昧したい”の要望に応えて
      いろんな所に連れて行ってくれて感謝。
      ロジャック、ニョニャラクサ、その他いろいろ美味しかったぁ!
      万歳マレーシア!


      2010年1月チネイザンセッション

      0
        新年1月のチネイザンセッションの受付日です。
        12月にお受けできなかった方、お待たせした方、
        すみませんでした。ホテルスパの仕事も
        年末年始を終えると少し落ち着きます。

        4/5/6/7/8
        12/13/14/15
        18/19/20

        21日以降はタオガーデンに行って来ます。
        戻りは2月中旬になります。
        タオガーデンでのワークショップの様子も
        お知らせしますね。

        はな

        0
          ここのところ体調がぱっとしない。
          そんな時、友人が見舞ってくれたり、
          ご飯を仕込んで来てくれたりしてくれる事に
          感謝する。李さんはそんな暖かい友人の一人。
          そして彼女は必ずお花とともに現れる。
          目黒不動尊に一緒に行った時にも
          タオゼンのスタジオオープンにも
          必ずお花を持って行く。

          家に花があると空気が変わる。
          チネイザンの2期生のみんなに頂いた花もまだ健在よ。

          午前中はダンスのクラスにでる。
          ここにくると重い身体も気持ちも一気に軽くなる。
          mishaalの言葉はご飯のように栄養になる。

          友人の心配りや、お花や、ダンスや言葉や
          全てを栄養にして今日は休もう。 
          明日はマレーシアに飛ぶ。
          この続きはまた後で。


          銀杏

          0
            青空に向かってにょきにょき。

            歩道の下から見上げると黄金のトンネル。

            足元も黄金の絨毯。

            神宮外苑の銀杏並木。
            写真を取るのに忙しい人、
            ベンチに座ってお弁当を食べる人、
            犬と散歩を楽しむ人、
            季節の変わり目が見せてくれる美しさを
            それぞれの楽しみ方で満喫しながら。

            風景にしても、
            音楽や絵画にしても、
            何にしても、
            美しいものは心を滋養してくれる。

            Beauty nourishes.

             

            お詫びと訂正

            0
              私のHPの問い合わせフォームに設定ミスがあり
              メールアドレスを入れて頂いても
              こちらにアドレスが明記されませんでした。
              そのため電話でご連絡差し上げましたが
              コンタクトがつかず、ご迷惑をおかけして
              しまった方がいらっしゃいます。
              設定を修正しました。ご了承ください。


              チネイザン考

              0
                チネイザン探求日記と副題をつけたのに
                チネイザンに関してまだひとつも書いていなかったので
                最近感じている事を少し書いてみようと思います。

                先週こうじさんのタイマッサージワンデイコースを受けました。
                このコース(彼の他のコースも皆そうなんですが)まず
                祈り、マントラを唱えるんです。タイマッサージはそもそも
                仏陀の主治医であったShivagoが始めたものと言われていて
                その偉大なる医学の父Shivagoのスピリットを迎え入れる
                事から始めるんですね。

                この日、最初に心に入って来た言葉が
                ”どこまで深く入るかは自分が決める事ではない”でした。
                祈りを続けることでそれは分かってくる。
                圧で押そうと思わず、ただそこにいてあげる。。。。

                これはチネイザンをする上でも共通した心持ちで
                祈りやマントラは気持ちを浄化して
                瞑想状態に入って行くものであろうし
                その上で自分を空にして、大いなる力と繋がり
                あとはハートと身体の重みをそこにおいて、
                ただそこに一緒にいる。
                そうするとその瞬間の中で変化が起こる。

                チネイザンの大きな特徴である”風門”
                (おへそ周りの際にあるツボ。
                ここから気が出入りしている)
                へのアプローチは、テクニックとしては
                何も難しい事はないのだけれど、
                私たちの小宇宙の入り口である風門が開いていくのには
                上記したような心のありかたと繋がるという身体間隔が
                大切になってくるのでは,と思うのです。

                身体の神秘、未知なる事、わからないことは
                はまだまだ沢山あるけれど、
                少しづつ実感していくことの積み重ねですね。。。


                ワインで身体を暖めながら

                0
                   
                  寒いですね。雨も冷たいですね。
                  こんな日は家であたたかいスープなんかを作って
                  ゆっくり過ごしたいものです。

                  ところでいきなりベリーの写真を載せましたが
                  私の友人がオーガニックcafe&restaurant
                  ハスハチキッチン(東日本橋)で踊ります。

                  有機ワイン”ブリケッラ”の会ということで
                  イタリアの有機ワインを舌で楽しみながら
                  ダンスで目も楽しませてくれる企画のようです。

                  KahinaとShalaは素晴らしいダンサーです。
                  私も彼女達に会いに駆けつける予定。
                  詳しくはこちら。


                  12月のチネイザン個人セッション

                  0
                     12月のチネイザン個人セッションの受付日です。

                    1(火)/2(水)/8(火)/9(水)/10(木)
                    22(火)/25(金)/29(火)/30(水)です。

                    寒くなって来ていますので風邪などひかないように。


                    Eros and Tanatus

                    0
                                                                          Walderedo De Oliveira 

                      土曜日オールナイトのイベント”Dakini Night"で
                      友人に再会した。7〜8年ぶりだ。全然変わってない。
                      Walはブラジル人の画家でエコロジーアーティスト。
                      アマゾン原住民の絵や流木を使った作品や、
                      ミュージシャンのCDジャケットも手がける。
                      ブラジルの大地と太陽を感じさせる。
                      行った事ないけど。。。

                      久しぶりですごく嬉しかったんだけれど
                      周りの音楽が大音響なのと、彼の英語が早口なのとで
                      半分位しか言っていることを聞き取れないなか、
                      しゃべり続ける彼にうんうんと相づちをうちながら
                      ベリーダンスのパフォーマンスを観た。

                      ああだこうだとライブの音やダンサーについて語りながら
                      その中で彼がいったことが、
                      ”アートはテクニックではなくて魂だ” 同感。
                      どんなに上手く演奏しても、どんなに上手く踊っていても
                      心に響かないものもある。
                      音が外れていても,ほとばしるエネルギーで
                      心を揺さぶられることがある。

                      私はシンデレラのように12時には帰ってしまったけれど、
                      最後のミシャールの40分のダンス見たかったなぁ。。。。

                      それにしてもいつも思う。
                      美しさの表現のために人生をかけて自分を注ぎ込んで
                      踊るダンサーたち。敬服する。
                      表には見えない練習量なんだろうなぁ。。
                      そして踊りはその瞬間瞬間に
                      生きているということをフルに感じさせてくれる。

                      あ、そうそうWalが個展やってるみたい。
                      フライヤーみてみたら、あらなんと明日17日まで!
                      渋谷B Gallery。タイトルは”Eros and Tanatus"
                      時間を見つけて行ってみよう。




                      Official site

                      Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

                      Profile

                      Categories

                      Calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      Facebook

                      Selected entries

                      Archives

                      Mobile

                      qrcode

                      Others