無題

0
    遠くに行かなくてもここにある。その中にいる。
    掴もうとしたり得ようとしたりするのでなく、
    ただオープンに。オープンにして受ける。


    StarPeople

    0
      いま書店に置かれているVol.32に
      Mishaalの記事が載っている。
      ミシャールについては前にも書いているが
      ベリーダンスの先生。

      この号が発売された時
      彼女は嬉しそうに、こう話していた。

      ”今まで幾度か取材を受けて記事にされた事はあるけれど
      いつもダンスについての神髄の部分はカットされていたの。
      ダンスとスピリチュアリティを語ると敬遠されてしまって
      一番言いたい部分を載せてもらえなかった...
      でも今回は伝えたかった事をしっかり書いてくれている”

      テクニックとか、いかに美しく見せるかとか
      シェイプアップ効果といった題目はない。
      (この手のキャッチーなものは好まれる)

      ベリーダンスは内的な表現であり、自己成長や進化であり
      ダンスを通しての女性性のあり方なども綴られている。。。

      詳しい内容は...彼女自身の言葉で。
      書店へGO!

      Hara mate

      0

        チネイザン一期生のめぐむが持って来てくれたアネモネ。
        一期のチネイザンが始まったのが2年前。
        光陰矢の如し。そして実りの多い2年だった。
        ”ハラ”で繋がったクラスメートは何か家族のようだ。
        ソウルメートという言葉もあるけれど、
        真のハラメート、あなたにはいる?

        インド Oshoアシュラム

        0
          まずは先日起こったインドのテロに
          追悼の意を表して。
          Oshoアシュラム近くのジャーマンベーカリーは
          今回の滞在中に友人とお茶をした所でもあり
          何とも言えない気持ちになる。

          日本ではほとんどニュースになっていなかった。
          死者や負傷者がそれほど多くないから?
          遠くの国ではニュースにならないような
          こういうテロが、ひょっとしたら頻繁に
          起きているのかもしれないと思うと恐ろしい。

          話題を変えるため写真を一枚挟んで...
          これはプーナ滞在中のホテルの窓からの風景。

          インドにはまずデリーから入ったのだけれど
          デリーの空港で驚いた。
          TVやDVDの画像でしか見た事のない
          喧噪や混沌が目の前で広がる。
          夜中タクシー乗り場でタクシーを待っていても
          止まりやしない。
          後ろの方に並んでいたお姉さんが
          無理矢理捕まえてドアを開けて乗り込む。
          ざわざわっとした埃っぽさの中で
          秩序などない。
          やっと捕まえた車はトランクのドアが閉まらず
          運転手は壊れそうな勢いでドアを無理矢理締めようとする。

          海外に行くとその国の臭いがある。
          空気の中にその国独特の香りがただよう。
          インドだからスパイス、という訳じゃなかったけれど
          降り立った瞬間、胃にぐっと来るものがあった。
          胃にずっしりとくる何かが。

          で、ふと思った。
          そういえば五大陸は色付きの五輪で表されているけど
          アジアは黄色に違いないと。アジアの真ん中にいて
          この胃にずっしりくる感覚は地球の胃袋にいる感じだ。
          調べてみると青:オセアニア、黄:アジア、黒:アフリカ
          緑:ヨーロッパ、赤:アメリカだった。
          やはりインド(アジア)は黄色、脾/胃の色だった。
          五行の性質と五大陸の性質、呼応するものがあるかも。

          それはさておき、
          ここからは全く個人的な体験記。
          体験:まさに体を通しての経験。

          アシュラムの第一印象は大人の遊び場。
          タオガーデンと違いジューシーだ。
          何故だろうと考えてみた。
          音楽だ。音楽が瞑想に使われ、
          音楽と踊り、音楽を聴く。
          音が沢山ある。音はハートに響く。
          各チャクラにも響く。

          アシュラムの毎日は大まかに言うと
          早朝のDynamic Meditaionに始まり
          午後のKundalini Meditaion,
          夜にはEvening MeetingというMeditaionがあり
          それら瞑想の間や夜の瞑想の後も様々な
          瞑想やパーティ、セレブレーションが続く。
          そしてそんな日々のプログラムとは別に
          これまた様々なコースやトレーニング、
          個人セッションが用意されている。

          私は1週間しかなかったら欲張って
          グループワーク”第2チャクラのアルケミー”
          というコースも取ってみた。

          それはもう体験、身体を通しての
          経験の連続だった。新しい体験だった。
          本当に身体はいろいろ教えてくれる。
          そして書いてみようとおもいつつ
          やはり書けない。
          感覚を言葉に置き換えられない。。。

          チャクラの輪っかや
          上昇するエネルギーや
          エネルギーの体の揺れる感じとか
          光とか。。。

          クループワークでは自分としっかり向き合わさせられる。
          インテンシブなものだと、いやというほど
          向き合う事になるようだ。そして自由になる。

          これまでの瞑想をタオのプラクティスにも応用してみた。
          ここでも面白い事が起こった。。。
          そしてやはり言葉で表現できない。。。。

          こういう体験が面白くてしかたない。
          でもまだ入り口なんだろうと思う。
          何処まで行けるのか?
          何処に行くのか?

          この感覚をしっかりと根っこのあるものにするために
          長期でアシュラムにいられたら幸せだなぁって
          毎日想い続けている。。。。のすたるじー。。

          そして最後に、旅の道連れになってくれて
          いろいろ助けてくれた友人に感謝。

          プーナ→ムンバイに向かう車窓から撮った夕日。





          3月のチネイザンセッション

          0
                  3月のチネイザンセッション受付日です。

                                       2/3/4
                                     9/10/11
                                    16/17/20
                                    23/24/28
                                       30/31

                               ご予約お待ちしてます。

            タオガーデンアルバム

            0
              さて、何処から書こうか。

              通い始めて今年で8年目になるタオガーデン。
              それでも飽きない。
              昨年はインストラクターのコースを取り
              区切りだし、もういいかって思っていたけれど
              結局また来た。終わりがない。
              毎回、何かしらの学びがある。
              ちょっとした気づきが
              大きな変化をもたらしらりする。

              今回はfusion:五行帰一の1週間のみ。
              初めてfusionを受けた時には
              さっぱり分からなくて本当に
              confusionだったけれど、
              やればやる程この錬金術が好きになる。

              この瞑想で大きな力と繋がった時に
              とてもパワフルなヒーリングのエネルギー
              が降りてくる。やるほどにアクセスする
              場も変わってくるのかもしれない。
              それはまだ分からない。
              分からないから楽しい。


                   ここからはアルバム形式のタオガーデンツアー。タオガーデンの朝日
                          陽が昇った中庭。
              タオガーデンの庭
               こちらもお庭。庭が沢山ある。タオガーデンというくらいだから。
              タイチフィールド
                           朝の気功の様子。
              朝の気功
              こちらを向いているのがマスターチア。普通のおじさんにしか見えない。
              看板
                     日本人が多くなったのかこんな看板もできた。
              瞑想ホール
                        瞑想中。お昼ねではありません。
              ダイニングホール
                           ダイニングホール。
              食事
               食事。これが楽しみ。全てオーガニック。いつも食べ過きてしまう。
              saidaと
                   毎朝いっしょに太極拳と光明功をやっていたsaida。ハス
                       lotus. 庭のそこかしこに。
              fabienneと
                   大好きな女性タオイスト、teacherのfabienneと。満月
                             満月の夜。




                          ここからは番外編。
                  tamarind villa
                     チェンマイにあるタマリンドヴィラ。
                     いつも空きがなく5年越しにやっと泊まれた
                     とても素敵なヴィラ。
                  タマリンドの木
                    ヴィラの名前の元となったタマリンドの木。
              夜のヴィラ
                          夜のプールサイド。
              whole earth
               チェンマイのレストラン、whole earth。
               普段はゲストハウスの向いなんかにあるローカルな食事をするけれど
               ここには必ず立ち寄る。観光客向けという人もいるけれどここが好き。
              パラクパニール
                  そしてタイなのに必ず食べてしまうパラクパニール。
                  ジンジャーが効いていて美味しいし元気になる。




              9日間のチェンマイはここまで。
              そしてこれからインド、プーナに向かう。初インド。
              Oshoのアシュラムでこの後1週間を過ごしたのだけれど
              この体験が素晴らしくタイの記憶がとんでしまった。
              いまだその体験を消化中。
              言葉にできる頃また書いてみる。





              太極拳〜tai chi~

              0
                太極拳について少し書いてみます。
                私が習ったユニバーサルタオの太極拳は
                Tai Chi Chi Kungと言われるように太極気功であり
                タオゼンではインナー風水太極拳と呼ばれている
                気功法です。

                これは自分の内側の風景を整え
                外側(東西南北の4方向、正確には8方向)の気と
                調和させていくというものです。
                自分の内側に意識を向けてバランスを取り
                それを練り直していい空間をつくり、
                内側の自然を整える。
                そしてそれを外側と繋げていくというものです。
                だからインナー風水と呼ばれるのでしょう。

                またこのフォームは瞑想の要素も含みます。
                瞑想は私たちを生かしているからだの中の
                感情体やエネルギー体などをエクササイズし
                整えて行くものですが、
                このフォームを行う事で
                からだを肉体としてのからだだけでなく
                気や魂のからだとしても感じ、
                心とからだがひとつに繋がります。
                ぶれることのない心とからだを
                感じられるようになります。

                だから仕事や何やらが忙しく
                暫くさぼっていて
                久しぶりにやってみたりすると
                ぐっとその状態に引き戻してくれるんです。

                因にタオのプラクティスをしている方のために
                ユニバーサルタオHPの引用文も紹介してみます。

                ”太極拳は小周天やフュージョン瞑想、
                鉄布杉功、タオインそして丹田気功の全てを
                一連のフォームの中にひとつにまとめあげている。
                そのためからだは動きの中で
                より効率的にエネルギーを使う事ができる。
                身体の動きが適切でない時、気の流れは滞り
                姿勢も悪くなり、場合によっては病気の元をも
                引き起こしてしまう。
                動きを通して身体への意識が少しでも高まると
                からだ全体の環境やその可能性への気づきが
                更に生まれてくる”

                この太極拳、現在タオゼンジャパンのスタジオで
                大内さんのクラスが毎週木曜日の19~21時に
                行われています。
                全4回のクラスで今度の木曜が2回目になります。
                初めての方も多くいらっしゃるようなので
                興味ある方は参加してみてください。

                そして2月27日、BSTBS”からだのミカタ”18:30~
                という番組の中でこの太極拳を紹介します。
                ”代謝をあげる”というテーマに基づき
                フォームのほんの一部が紹介されます。
                わずか3分程の放映になると思いますが
                覚えていたら見てみてね!


                2月のチネイザンセッション

                0

                  明けましておめでとうございます。

                  2月のチネイザンセッションの
                  日程をお知らせします。

                  15/16/17/18
                  22/23/24/25 となります。

                  1月22日~2月11日まで留守になり
                  ご迷惑をおかけします....。
                  (1月は20日の昼間にまだ空きがあります)



                  年末に引き出しの整理をしていたら
                  しまっておいたものの中から
                  こんなカードがでてきました。

                  ”種は暗闇のなかに蒔かれる
                   花は光のなかに現れる” OSHO


                  2009へのオマージュ

                  0
                    過ぎ行く2009年を目前にして
                    お世話になった方々への感謝の気持ちを綴ってみました。
                    個人的なメッセージです。
                    まず、一年を通してお世話になったタオゼンの大内さん。
                    山じゅんや杉本さん、ユッキーにもお世話になりました。
                    チネイザンのクラスでは名ばかりのアシスタントでしたが
                    参加させていただくことで新しい学びがありました。
                    そして2期生の皆にも、ありがとう。
                    ミシャール。心に響く、身体に響くクラスをありがとう。
                    ダンスを通して女性としての生き方まで教えられました。
                    そしてミシャールのクラスで知り合ったクラスメートの皆。
                    ゆみちゃん、いつも私を引っぱってくれてありがとう。
                    ゆみちゃんのおかげでいろんな実りがありました。
                    タリカ。生き方や言動からいろいろ教わることがある。
                    一緒のワークではお世話になりました。
                    これからも宜しくお願いしたいです。
                    しょうこと千葉さん。
                    PC音痴な私を助けてくれてありがとう。
                    李さん。タッキーの護摩に誘ってくれて
                    あの頃から私の中に”火”がつきました。
                    ありがとう。
                    厳しい事をいってくれることもありがたい。
                    タッキーとジョーにもありがとう。
                    チネイザンを受けに来てくれた
                    全てのクライアントの方々。
                    少しでも何かの発見があればと願います。
                    マンダリンのスパの同友のみんな。
                    一緒に楽しく働く事ができるのは
                    お笑い(”笑い”ではなくどちらかというと
                    ”お笑い”の方)のセンスがあるからね。
                    こうじさんとせみくん。
                    タイマッサージのクラスでは
                    貴重な教えと楽しいひとときをいつも
                    提供してくれる。ありがとう。
                    母と姉に。
                    一人ですきなことばかりしてます。
                    すみません。
                    他にも、とてもお世話になった方,
                    新しく出会った方や、
                    海の向こうの大切な友人達にも
                    同じ気持ちを送ります。
                    出会いを通していろんな経験をさせてくれた
                    みんなに感謝。
                    そして頑張ってきた私のからだにも。
                    本当に今年いちねん、ありがとう。
                    この出会いや実りを大切にして、
                    2010年が皆にとって広がりのあるものになりますように。 
                     
                                               photo by tomoyuki chiba

                    チネイザン考2

                    0
                      ここのところ純粋にレジャーとしての旅行に
                      もう何年も出ていない。
                      今回のマレーシアはチネイザンのWS参加のため。
                      でもそれが歓びであるから全く問題ないのだけれどね。

                      チネイザン...呼吸法やいろんなテクニックはさておき
                      今回は更に自分と向き合わさせられる。
                      私の中にはまだまだ恐れとか
                      避けているものがあるということ。。。

                      チネイザンに限らず、ダンスのクラスでも
                      いろんな所で今シンクロして降りて来ている
                      メッセージがこれ。ここをやっておかないと。
                      自分の中でのワークが出来ていなければ
                      シェアすることはできないですもの。

                      チネイザンは...広い意味で”繋がる”という
                      暖かくそして多分シンプルなものだと思う。
                      そして繋がるためにはルーティングの力とか、
                      自分へのワークとか、
                      その場をしっかりホールドできるだけの器がないと。

                      時差はあまりないのに時差ぼけが続いている状態。
                      頭の中がもっとクリアになったらもう少し
                      的確に言いたい事を書けると思う。。。
                      (まぁいつもこんな感じではあるけれど。。。)

                      そして、

                      AndyとLiana。
                      Lianaには今回初めてクアラルンプールであったんだけど
                      旧友のように親しくしてくれた。チャーミング。
                      私の”マレーシア料理三昧したい”の要望に応えて
                      いろんな所に連れて行ってくれて感謝。
                      ロジャック、ニョニャラクサ、その他いろいろ美味しかったぁ!
                      万歳マレーシア!



                      Official site

                      Tao of Life 土屋しずかのチネイザン

                      Profile

                      Categories

                      Calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>

                      Facebook

                      Selected entries

                      Archives

                      Mobile

                      qrcode

                      Others